ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ スペイン盤 ファースト いろいろ!!

ローリング・ストーンズのスペイン盤『ファースト』です。1964年に発売され、規格番号はLK 4605です。スペイン盤の『ファースト』はジャケットの作りやラベルの変遷が激しいのでここでは順を追ってまとめてみようと思います。スペインでは最初から最終プレスまでモノラルのみの発売です。ジャケットは他国と同じ写真が使われていますが、メンバーの写真を切り取って黒い台紙に貼り付けたような感じで、メンバーの部分だけ浮き出ているようになってしまっています。上部に大きくTHE ROLLING STONESとあります。最初は初期盤のジャケットからいきます。初期盤のジャケットは背の上下が絞ってあり、薄い紙質のいわゆるぺらジャケです。表側だけコーティングされています。

f:id:jukeboy:20200325152214j:plain

右上にDECCAとMONO、規格番号のLK 4605が一つの枠の中に納まっています。

f:id:jukeboy:20200325152526j:plain

裏ジャケです。UK盤と同じデザインで、初期盤は上下フリップバック仕様となっています。

f:id:jukeboy:20200325152608j:plain

最初期のジャケットはレコード取り出し口の部分に丸く凹みがあります。

f:id:jukeboy:20200325153754j:plain

曲目の部分です。「Mona」は「I Need You Baby」表記となっています。「Honest I Do」の作者はReedとなっています。

f:id:jukeboy:20200325153637j:plain

右下の部分はUK盤の印刷所がそのまま書かれていますが、これはUK盤の版下を使ったためと思われます。その右側に縦書きでPENTACROM-MADRIDとありますがこちらがスペインでの印刷所と思われます。

f:id:jukeboy:20200325154053j:plain

左下のコーティングのクレジットもUK盤と同じです。ただ、スペイン盤のコーティングはどこでやったのか不明です。

f:id:jukeboy:20200325154435j:plain

ラベルです。初回盤のオレンジに黒文字のラベルです。後で説明しますがこの初回盤の初期プレスは「Can I Get A Witness」が「Can’t I Gent A Witness」とミスクレジットがあります。リムの上部にFABRICADO EN ESPANAがあります。オレンジに黒文字、そしてリムの上部にこのFABRICADO EN ESPANA(スペイン製の意味)とあるのが初回盤です。左側にLONG PLAYINGと回転数、右側にffrrの耳のマークとマトリクス、規格番号があります。マトリクスは機械打ちでLCCI 596/LCCI 597です。「Tell Me」はUK盤同様フェイドアウトしないで延々と続くヴァージョンです。

f:id:jukeboy:20200416090731j:plain

ちょうどレコード盤の溝と重なって良く見えませんがFABRICADO EN ESPANAの部分です。

f:id:jukeboy:20200416091027j:plain

B面のラベルです。最初期盤の「Can I Get A Witness」を「Can't I Gent A Witness」とミスっている方です。

f:id:jukeboy:20200416091327j:plain

こちらは「Can I Get A Witness」と修正されたラベルです。この部分が修正されただけで文字の配置やマトリクスは上のラベルと同じです。

f:id:jukeboy:20200325155347j:plain

「Can't I Gent A Witness」と間違えている拡大写真です。

f:id:jukeboy:20200325155927j:plain

こちらは「Can I Get A Witness」と修正されたセカンド・プレスです。

f:id:jukeboy:20200325160336j:plain

67年以降のラベルです。ミスクレジットをカウントするとこれがサード・プレスとなります。リムの上部にDISCOS COLUMBIAのクレジットがあります。これはスペインのレーベルで南米のコロンビアではありません。ラベルにはスペインの文字は何処にもなく、南米のコロンビアの事だと思いがちですがこれはスペインのレコード会社の事です。また、レコードの溝の形も違いこちらはフラットになっています。マトリクスは機械打ちでLCCI 596/LCCI 597と上と同じです。このラベルまでオリジナルのジャケットに入っています。

f:id:jukeboy:20200325160532j:plain

DISCOS COLUMBIAの部分です。

f:id:jukeboy:20200419111152j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200416091907j:plain

60年代の終わりからジャケットが今までのぺらジャケから硬く厚い紙質に変わります。裏側のフリップバックがなくなり、レコード取り出し口の丸い凹みもありません。表裏コーティングされています。裏ジャケ右下のクレジットがUK盤のものとスペイン独自のものが加わっています。

f:id:jukeboy:20200413204727j:plain

裏ジャケの右下の部分です。上から下へ60年代の終わりから80年代最終プレスまでです。後期盤はクレジットの最後に(1981)と販売された年が書かれているのでいつ頃の再発盤なのかプレス時期が分かって便利です。どのジャケットにどのラベルか照会できるように上から①②③④とします。①小さくDISCOS COLUMBIAとマドリードの住所があります。②Graf. FOCO, S.A. Avda America, s/nとクレジットがあります。③DISCOS COLUMBIAとマドリードの住所があります。最後に発売年が書いてあるんですが元の持ち主が白いマジックで消してしまってあります。④DISCOS COLUMBIAとマドリードの住所があります。最後の発売年は(1981)となっています。 

f:id:jukeboy:20200415140604j:plain

裏ジャケ左下の部分です。上の写真と同じ並び順です。上から①おそらく印刷所だと思います。最後にマドリードとあります。②空欄となっています。③MADE IN SPAINのクレジットがあります。④空欄となっています。

f:id:jukeboy:20200415140625j:plain

81年の最終プレスだけ規格番号がLK 4605から63 99 148と変わるので右上の部分が変更となっています。上が①~③、下が④です。

f:id:jukeboy:20200413210533j:plain

72年からのオレンジにシルバー文字のラベルです。再発盤は文字の色が黒からシルバーに変更となっているのですぐに見分けが出来ます。資料では72年となっていますが他のタイトルなどで(1970)と書かれたジャケットにこのラベルが入っている事があるのでもっと早くにこのラベルに切り替わったかも知れません。左側に面表記が、右側にMade in Spain、マト、規格番号があります。マトリクスは機械打ちでLCCI-596 A/LCCI-597 Bです。①のジャケットに入っていました。「Tell Me」はフェイドアウトしないヴァージョンです。

f:id:jukeboy:20200415141548j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200416091940j:plain

上部にDISCOS COLUMBIAがあります。右側にマトの逆さ文字、LK 4605、面表記があります。面表記はCara Aです。マトリクスは機械打ちでXARL-6271-2A/XARL-6272-5Aです。このマトはUK盤のマトと同じです。ジャケットは②の右下にGraf. FOCO S.A. Avda America, s/nと書かれたものです。また、これと同じラベルでオイルショックの頃と思われるペラペラの薄い盤が③のジャケットに入っていました。マトリクスも同じです。この③のジャケットにだけMADE IN SPAINのクレジットがあります。両方とも「Tell Me」はフェイドアウトしないヴァージョンです。 

f:id:jukeboy:20200413211910j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200416092001j:plain

81年の青ラベルです。右側に新たな規格番号63 99 148が追加されています。マトリクスは機械打ちでXARL-6271-2A/XARL-6272-5Aとひとつ前のオレンジのラベルと同じマトです。④のジャケットに入っていました。「Tell Me」はフェイドアウトしないヴァージョンです。

f:id:jukeboy:20200413213620j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200416092025j:plain

上のラベルとジャケットの組み合わせは私の持っているレコードのものなので、ラベルやジャケットの細部の変更の時期によっては違う組み合わせもあるかと思います。それにしてもスペイン盤はジャケットのデザインは同じですが細部のクレジットやラベルなどが細かく変わっていって驚きです!音はUK盤と同じようないい音です。また、ラベルの時にも触れましたが最初から最終プレスまで全部「Tell Me」がUK盤と同じフェイドアウトしないヴァージョンが収録されています。スペイン盤はメンバーが浮き出ているように見えるジャケットが面白いですよね!

ローリング・ストーンズ USA盤 MORE HOT ROCKS いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUSA盤『MORE HOT ROCKS』です。1972年12月20日(12月1日説もあり)に発売され、規格番号は2PS 626/7です。71年11月に発売された『HOT ROCKS』に続くアメリカ編集の2枚組です。『HOT ROCKS』はヒット曲ばかりを集めたものでしたがこちらはヒット曲+当時アメリカで発売されていなかった曲で構成されており結構マニアックな選曲となっています。ジャケットは見開き仕様で、表側は『BETWEEN THE BUTTONS』の写真のネガとなっています。

f:id:jukeboy:20200422140240j:plain

右上のタイトルの部分です。big hits & fazed cookiesというサブタイトルがあります。

f:id:jukeboy:20200422141959j:plain

シールドの上にアメリカで発売されなかった8曲が収録されているというステッカーが貼ってあります。

f:id:jukeboy:20200422140311j:plain

裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20200422140718j:plain

A面、B面の曲目です。なおレコード盤面は変則的に収録されており、1枚目がA面とD面、2枚目がB面とC面となっています。

f:id:jukeboy:20200422140742j:plain

C面、D面の曲目です。D面の8曲が当時のアメリカでは初登場となります。

f:id:jukeboy:20200422140819j:plain

裏ジャケ下部のクレジットの部分です。ジャケットのデザインはAl Stecklerという人です。一番下にアブコの住所とPrinted in U.S.A.があります。

f:id:jukeboy:20200422141031j:plain

見開きの内側です。60年代のストーンズの写真がちりばめられています。

f:id:jukeboy:20200422141142j:plain

見開き内側の右側のページの右下にLONDON 2 PS 626/7とあるジャケットと無いジャケットがあります。これが書いてある方が圧倒的に少ないです。

f:id:jukeboy:20200422141320j:plain

インナーです。このレコードは2枚共別々の専用インナーが付けられています。こちらは1枚目のレコードのインナーです。『BETWEEN THE BUTTONS』のジャケットと同じ時に撮られた写真が使われています。

f:id:jukeboy:20200423104048j:plain

裏側です。

f:id:jukeboy:20200423104201j:plain

2枚目のレコードのインナーです。

f:id:jukeboy:20200423104228j:plain

裏側です。1枚目の裏側とは写真が反転しています。

f:id:jukeboy:20200423104310j:plain

裏側の左下にそれぞれの規格番号があります。

f:id:jukeboy:20200423104357j:plain

右下にQUEENS LITHO IN U.S.A.があります。

f:id:jukeboy:20200423104440j:plain

『HOT ROCKS』の時にも紹介しましたが一部の盤に211 reasons whyというアブコのカタログが付けられています。このレコードはインナーとこのカタログで完品です。

f:id:jukeboy:20200423114442j:plain

ラベルです。ロンドンのステレオ用の青ラベルです。右側に規格番号の2PS 626とSIDE ONEがあります。リムはありません。タイトルの後にBig Hits & Fazed Cookiesが付けられていますがこれ以降のラベルも全てそうなっています。マトリクスは手書きでSAHS 1636 W -16/SAHS 1639 W -16/SAHS 1677 W -1/SAHS 1638 W -1です。Wはカリフォルニア州のH.V. Waddellという工場です。A面→D面→B面→C面の順となっています。これ以降のマトも全て手書きです。

f:id:jukeboy:20200423163626j:plain

濃いブルーのラベルです。文字の配置は上とほぼ同じですがこちらはリムがあります。溝の形から後期のプレスだと思いますが、上のラベルとの関連性からここに入れました。マトリクスは手書きでSAHS 1636 W -1/SAHS 1639 W -16/SAHS 1677 W -1/SAHS 1638 W -1です。上と同じH.V. Waddell製です。 

f:id:jukeboy:20200423115528j:plain

左側に2PS 626、P1972、ABCKO RECORDS. INC.が、右側にSIDE ONEとマトがあります。マトリクスはSAHS-1636-2 AL/SAHS 1639 2 AL/SAHS 1677 17 AL/SAHS 1638 17 ALです。ALはペンシルバニア州のAllentown Record Co.です。

f:id:jukeboy:20200423170535j:plain

左側に2PS 626、右側にSIDE 1とマトがあります。マトの末尾にBWがあります。ラベル下部にMade in U.S.A.があります。マトリクスはSAHS 1636-3 BESTWAY/SAHS 1639 3 BESTWAY/SAHS 1677-3 BESTWAY/SAHS 1638 3 BESTWAYです。マトのBESTWAYはニュー・ジャージー州のBestway Products,Inc.です。

f:id:jukeboy:20200423171811j:plain

左側に2PS 626、右側にSIDE ONEとマトがあります。上と同じでマトの末尾にBWがあります。中央のタイトルの活字が大きく横に長くなっており、曲目の文字も大きくなっています。ラベル下部にMade in U.S.A.があります。マトリクスは上と同じでSAHS 1636-3 BESTWAY/SAHS 1639 3 BESTWAY/SAHS 1677-3 BESTWAY/SAHS 1638 3 BESTWAYです。ニュー・ジャージー州のBestway Products,Inc.製です。

f:id:jukeboy:20200423171332j:plain

上と同じ文字の配置ですが、リムがありません。マトリクスはSAHS 1636-3 BESTWAY/SAHS 1639 X 14/SAHS 1677-3 BESTWAY/SAHS 1638 3 BESTWAYとD面のマトだけ変更されています。同じくニュー・ジャージー州のBestway Products,Inc.製です。

f:id:jukeboy:20200423172407j:plain

左側に2PS 626があります。その下のP1972とABCKO RECODS INC.が一列になっています。右側にSIDE ONEとマトがあります。マトの最後にSHがあります。これはニュー・ヨークのShelley Products, Ltd.製です。マトリクスはSAHS 1636-3 SHELLY/SAHS 1639 4 SHELLY/SAHS 1677-4 SHELLY/SAHS 1638 4 SHELLYです。A面だけBESTWAYを線で消して横にSHELLYと書かれています。

f:id:jukeboy:20200423173012j:plain

濃いブルーのラベルです。左側に2PS 626が、右側にSIDE ONEがあります。全体の大きな文字です。曲目は左揃いになっています。マトのクレジットが下にあります。その下にMade in U.S.A.があります。マトリクスはT1 SAHS-1636-5 LH/SAHS 1639-1D  10 LH/T1 SAHS 1677-5 LH/T1 SAHS 1638-1D  10 LHです。

f:id:jukeboy:20200423212310j:plain

薄いブルーのラベルです。左側に2PS 626、P1972、ABKCO RECORDS, INC.が、右側にSide Oneとマトがあります。このタイトルでSide One表記は珍しいです。マトリクスはSAHS-1636-6-1-1/SAHS 1639-18-11-11/SAHS 1677-6-11-1-6/SAHS 163818-111-1です。

f:id:jukeboy:20200423212750j:plain

タイトルが大きな見字でラベル左右に渡っています。左側に2PS 626、P1972、ABKCO RECORDS, INC.があります。ABKCOだけ2行目にあります。左側にSIDE 1があります。マトリクスはSAHS-1636-7/SAHS 1639 7/SAHS 1677-7/SAHS 1638 7です。

f:id:jukeboy:20200423213303j:plain

上と似ていますがタイトルが一番上にあります。その下に2PS 626、面表記SIDE 1などののクレジットがあります。曲目や下部のクレジットは上のラベルと全く同じです。マトリクスは上と同じでSAHS-1636-7/SAHS 1639 7/SAHS 1677-7/SAHS 1638 7です。

f:id:jukeboy:20200423213556j:plain

左側にRECORD 1がある珍しいラベルです。右側にSIDE ONE、2PS 626、P1972、ABKCO RECORDS, INC.と左右に分かれていたクレジットが一つにまとまっています。マトリクスはSAHS-1636-8/SAHS 1639 8/SAHS 1677 13/SAHS 1638-13です。

f:id:jukeboy:20200423214103j:plain

濃いブルーのラベルで全体の文字が縦長のフォントになっています。右側に2PS 626、SIDE ONEがあります。曲目は左揃いになっています。マトリクスはSAHS-1636-9/SAHS 1639-9/SAHS 1677-9/SAHS 1638 11です。

f:id:jukeboy:20200423214858j:plain

左側にSTEREOとSIDE 1が、右側に2PS 626とABKCO RECORDS, INC.があります。溝の形から70年代後期~80年頃のラベルだと思います。マトリクスは2PS 626-A-PRC-C-1 SAHS-1636 X  14 SHELLY/2PS-627-D-PRCC-1 SAHS 1639 X SHELLY/2PS-626-B-PRCC-1-1  SAHS 1677 4 SHELLY/2PS-627-C-PRCC-1 SAHS 1638 14 SHELLYです。ニュー・ヨークのShelley Products, Ltd.,製です。

f:id:jukeboy:20200423215649j:plain

左側に2PS 626とマトが、右側にSIDE ONEがあります。タイトルがMORE HOT ROCKSで改行され、Big Hits & Fazed Cookiesと2行になっています。マトリクスはC-1 ⇔ SAHS Re-1 TR CR 10/81//C-1 ⇔ SAHS 1639 Re-1 TR CR 10/81//B-1 ⇔ SAHS 1677 TR CR 9/81//B-1 ⇔ SAHS 1638 TR CR 9-81です。各面の境は//です。1枚目が10/81、2枚目が9/81と日付があるので80年代にプレスされたものと思います。このレコードだけSTERLINGの刻印がありません。

f:id:jukeboy:20200423221642j:plain

この時代になってもラベルの種類が数多くあるのには驚きです。1枚目のAD面に割と初期の曲を、2枚目のBC面に60年代後期の曲が収録されています。それにしてもD面の8曲が当時のアメリカでは未発売だったとは驚きです!一部の曲を除いてステレオがある曲はステレオで、モノラルのみしか存在しない曲はモノラルで収録されています。「Tell Me」は間奏のないシングル・ヴァージョンで強めのエコーがかかっていて疑似ステのように聞こえます。「Out Of Time」は『FLOWERS』に収録されていたフェイドアウトが早いショート・ヴァージョンです。「She's A Rainbow」はイントロ前の街頭のざわめきがありません。「Dandelion」と「We Love You」はモノラルで、「We Love You」のイントロ前に小さくピアノのフレーズが聞こえます。これは「Dandelion」のシングル・ヴァージョンの元々最後にくっついていたもので、正確に言うと「We Love You」の前に付いているイントロではありません。また、このアルバムは曲と曲の間があまりありません。ヒット曲も収録されていますが、裏ベストといった感じで結構面白いアルバムです。

ローリング・ストーンズ マレーシア盤Diff.カヴァー GOATS HEAD SOUP!! 

ローリング・ストーンズのマレーシア盤『GOATS HEAD SOUP』です。写真のように独自のジャケットが使われています。このレコードは以前Diff.カヴァーの時にチョコッと紹介しましたが、今回はジャケットの細部と、ラベルも紹介します。正確な発売日は分かりませんが、73年よりもっと後だとされる資料もあります。規格番号はCOC 59101です。このマレーシア盤は各国のレコードに付けられていたスープの写真のシートがそのままジャケット表側に使われています。ジャケットは表裏艶のある造りです。他国のような見開きではなくシングル・ジャケットです。

f:id:jukeboy:20200719140717j:plain

右上にベロマークがあります。

f:id:jukeboy:20200719140808j:plain

右下に規格番号のCOC 59101があります。

f:id:jukeboy:20200719140920j:plain

左下にThe Rolling Stonesとあります。

f:id:jukeboy:20200719140845j:plain

裏ジャケです。こちらは他国と同じくキースの写真です。上部に曲目とキーボードの担当者のクレジットがあります。見開きジャケではないので中にいたビル、テイラー、チャーリーの3人は何処にもいなくて、表のミックは山羊に代わってしまったのでメンバーはキースしかいない面白いジャケットになってしまいましたね(笑)。

f:id:jukeboy:20200719141023j:plain

左上に規格番号のCOC 59101があります。

f:id:jukeboy:20200719141523j:plain

右下にベロマークがあります。

f:id:jukeboy:20200719141552j:plain

曲目の部分です。こちらはA面の曲目になります。UK盤などにあったように曲名の後にキーボードの担当者のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20200719141625j:plain

B面の曲目です。

f:id:jukeboy:20200719141742j:plain

ラベルです。一瞬ドイツ盤のラベル?かと思ってしまいましたが、微妙に違います。ドイツ盤ではカラーだったベロマークが白黒となっています。また、ドイツ盤にあった曲目の下の作者やプロデューサー・クレジットがありません。上部にグループ名とタイトル、ベロマークがあります。左側にSTEREO、右側にSIDE 1があります。マトリクスは手書きでCOC 59101 A/COC 59101 Bです。

f:id:jukeboy:20200719141827j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200719141852j:plain

ジャケ表側に山羊のスープの写真、裏ジャケでキーボードのクレジットがあるので、このレコードには他国にあったシートや専用のインナーは付いていません。いやしかし、シートの山羊のスープの写真をタイトル通りにジャケットの表側に使ってしまうなんてすごい発想ですよね!音はUK盤と同じ音圧、音質でプレスもしっかりとしていて東南アジア製としては意外と音がいいです。まあ、このアルバムは元々UK、USAでもそんなにいい音ではありませんが、このタイトルに限ってはハッキリしたいい音よりもごちゃまぜのどろどろした音の方が雰囲気があっていいのかも知れませんね!2ヶ月後に発売されるデラックス・エディションのユニバーサル独自の限定版でもこの山羊の頭のスープの写真がジャケット表側に使われているようなのでそちらも楽しみです。

ローリング・ストーンズ 日本盤 マザー・イン・ザ・シャドウ いろいろ!!

ローリング・ストーンズの日本盤シングル「マザー・イン・ザ・シャドウ/フーズ・ドライヴィング・ユアー・プレーン」です。1966年(昭和41年)11月に発売され、規格番号はTOP-1049です。この昭和41年の日本では「アズ・ティアーズ・ゴー・バイ」から始まってこのシングルで6枚目ものシングルが発売され、まさにストーンズにとって快進撃の1年でしたね!珍しく英米日と同じカップリングで、英米は9月発売だったので日本では2ヶ月遅れの発売となっています。ジャケットは日本独自のデザインです。

f:id:jukeboy:20200524140717j:plain

裏ジャケです。当時の値段は370円で広告に「黒くぬれ!」が載っています。このレコードはこの広告のものしか存在せず、400円に価格変更後は値段の部分だけが¥400と印刷し直されています。

f:id:jukeboy:20200524140904j:plain

見開きの内側です。朝妻一郎さんのライナーと歌詞が載っています。USA盤の「マザー・イン・ザ・シャドウ」のジャケットに使われたメンバーの女装写真について触れています。ちなみにそれぞれ女性の名前が付けられていたそうで、フロッシー・ジョーンズ、モリ―・リチャード、ベネロープ・ワイマン、サラ・ジャガー、ミリセント・ワッツだったそうです。日本盤は女装写真が使われず惜しかったですね!歌詞は「マザー・イン・ザ・シャドウ」のみで、「フーズ・ドライヴィング・ユアー・プレーン」の歌詞は載っていません。「マザー・イン・ザ・シャドウ」の歌詞も何故か一部分しか載っていません。

f:id:jukeboy:20200524141848j:plain

こちらは後期型の見開きの内側です。相変わらず「フーズ・ドライヴィング・ユアー・プレーン」の歌詞は載っていませんが、「マザー・イン・ザ・シャドウ」の歌詞は全部載っています。聞き取れなかったのかも知れませんが、上のジャケットでなんで歌詞が省略されたのかは不明です。

f:id:jukeboy:20200524142153j:plain

2枚のジャケットの歌詞の部分を並べてみました。右側の最初のは「マザー・イン・ザ・シャドウ」の歌詞が相当省略されているのが分かりますね!

f:id:jukeboy:20200524142227j:plain

インナーはキング・ロンドンの青い袋が使われています。

f:id:jukeboy:20200524142359j:plain

ラベルです。こちらはホワイト・ラベルのプロモ(見本盤)です。左側に見本盤、右側に非売品とTOP-1091があります。LONDONのロゴもレギュラー盤とはデザインが違います。マトリクスは機械打ちでDST 1416-1/DST 1417-1です。両面にJISマークがあります。この頃になると今までDStだった部分がDSTと全て大文字になっています。

f:id:jukeboy:20200524142755j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200524142810j:plain

レギュラー盤のラベルです。こちらは初回盤のロンドンのロゴの上にffrrの耳のマークがあるラベルです。左側に回転数、右側にTOP-1091があります。日本盤としては珍しくエンジニアのDave Hassingerのクレジットがあります。マトリクスは機械打ちでDST 1416-1/DST 1417-1です。両面にJISマークがあります。このマトはプロモと同じです。

f:id:jukeboy:20200524143211j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200524143228j:plain

こちらはffrrの耳のマークがなくなった後期型のラベルです。回転数が右側へ移動しています。マトリクスは機械打ちでDST 1416-14/DST 1417-14です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20200524143456j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200524143511j:plain

日本では「マザーズ・リトル・ヘルパー」に続いてマザーという言葉が2枚続きましたが、こちらは元のタイトルが長いので「Have You Seen~」ではなく、相当省略したタイトルになっています。ブラスを加えたサウンドや、途中のブレイクするアレンジで勢いのある曲で新しいストーンズを感じられます。隠し味の叩きつけるようなスチュのピアノもいい感じですね! B面はブルース調のルーズな曲で当時アルバムには収録されませんでした。2曲共リアル・ステレオはありませんが、「マザー・イン・ザ・シャドウ」はブートでリアル・ステレオが聞けるのでいつか正式に発表してほしいですよね!

ローリング・ストーンズ 日本盤 マザーズ・リトル・ヘルパー!!

ローリング・ストーンズの日本盤シングル「マザーズ・リトル・ヘルパー/レディー・ジェーン」です。1966年(昭和41年)9月に発売され、規格番号はTOP-1069です。このシングルはイギリスでは発売されず、アメリカと同じカップリングです。日本では両面共7月に発売された『第5集:アフターマス(余波)』に収録されており、アルバムからのシングル・カットという形で発売されました。ジャケットはメンバー5人の写真でミックだけ視線をそらしています。きちんと並んでるかと思いきや、ブライアンは中腰で足を組んでいます(笑)。

f:id:jukeboy:20200523214939j:plain

裏ジャケです。広告に「19回目の神経衰弱」が載っています。当時の値段は370円です。この400円版もありますが、広告のレコードは同じで値段の場所だけ400円に印刷し直されています。

f:id:jukeboy:20200523215130j:plain

見開きの内側です。朝妻一郎さんのライナーと歌詞が載っています。この当時のストーンズアメリカでのコンサートの様子が書かれていますが、当時のライヴを体験してみたかったですね!

f:id:jukeboy:20200523215552j:plain

インナーはキング・ロンドンの青い袋です。

f:id:jukeboy:20200523215634j:plain

ラベルです。初回盤のロンドンのロゴの上にffrrがあるラベルです。左側に回転数、右側に規格番号TOP-1049があります。マトリクスは機械打ちでDST 1372-4/DST 1373-4です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20200523215958j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200523220044j:plain

後期盤のffrrの耳のマークがなくなったラベルです。回転数が右側へ移動しています。マトリクスは機械打ちでDST 1372-7/DST 1373-7です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20200613141430j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200613141447j:plain

この2曲はアルバムの中では人気の高い曲で、2曲共当時のUSツアーで取り上げられています。特に「Lady Jane」は各国で人気があったらしく、アルバム曲にも拘らずいろいろなベスト盤に収録されていますね。サウンド面ではA面でのシタールのような音や、B面でのブライアンが演奏するダルシマーが印象的で、今まで使っていなかった楽器の導入やアレンジの進歩がみられるのも特徴です。なお、アメリカではこのシングルは66年6月にアルバムと同時発売され、「マザーズ・リトル・ヘルパー」はアルバムには未収録となっています。