ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

1972年から集めてきたローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ UK盤 ROCK'N ROLLING STONES いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUK盤『ROCK'N ROLLING STONES』です。1972年10月13日に発売され、規格番号はSKL 5149です。ストーンズがデッカを離れてからの編集盤もこれで4作目で、ここでは「Talkin ' About You」がイギリス初登場となりました。残りはアルバムで聞ける曲ばかりですが、リアル・ステレオになった曲も含まれています。ロックン・ロールとローリング・ストーンズをかけたタイトル通りロックン・ロール調の曲が多く収録されています。ジャケットはミックの周りにバイクの写真をコラージュしたものです。初期型は表側だけコーティングされています。

f:id:jukeboy:20190127212955j:plain

右下にDECCAのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20190127213121j:plain

裏ジャケです。デビューした頃のストーンズの写真が使われています。写真と曲目がフレームで囲まれていて、そのフレームが石の壁(?)に掛けてあるというデザインになっています。

f:id:jukeboy:20190127213144j:plain

右上に規格番号のSKL 5149があります。その横に縦書きでSTEREOのクレジットがあり、その後にモノラルをステレオ化したという説明書きがあります。

f:id:jukeboy:20190127213541j:plain

右下にコーティングの会社と印刷所のクレジットがあります。印刷所は後期まで全てUpton Printing Groupです。後期型のジャケットはコーティングが無くなったのにも関わらずこのコーティングの会社のクレジットが残されており訂正されませんでした。

f:id:jukeboy:20190127213841j:plain

左下にDECCAのロゴと住所が、その横に縦書きでMade in Englandがあります。

f:id:jukeboy:20190127214105j:plain

A面の曲目です。「Talkin' About You」のタイトルが「Talkin' About You Baby」となっています。これはジャケットだけではなくラベルでもそうクレジットされています。2曲目と4曲目に疑似ステのマークが付いていませんがステレオではなく疑似ステです。「Down The Road Apiece」は疑似ステのマークが付いていますがリアル・ステレオです。

f:id:jukeboy:20190128125924j:plain

B面の曲目です。「Everybody Needs Somebody To Love」はUK盤『No.2』のヴァージョンで、ここではリアル・ステレオで収録されています。3曲目は疑似ステのマークが付いていませんが疑似ステです。最後の2曲は『GET YER YA-YA'S OUT』からのライヴ・ヴァージョンでテンポを落とした貫禄の演奏が聞けます。デビューからたったの6年でここまで進歩したストーンズってすごいですね!

f:id:jukeboy:20190128125846j:plain

一部の盤には12ページのストーンズのレコードのカタログが付けられました。『LET IT BLEED』と『STONEAGE』に付けられていたものとほぼ同じ内容ですが、表紙が違います。

f:id:jukeboy:20190127214414j:plain

内容はメンバーの写真とレコードの紹介です。

f:id:jukeboy:20190127214455j:plain

裏表紙です。ブライアンが在籍した最後の頃の写真ですがみんなで手をつないで微笑ましい写真ですね!

f:id:jukeboy:20190127214558j:plain

ラベルです。このアルバムはあまりラベルのヴァリエーションがありません。オリジナルのボックスト・デッカのラベルです。ラベルの中央ffrrの帯の下に裏ジャケにあったモノラルをステレオ化した説明書きがあります。ここでも「Talkin' About You」のタイトルが「Talkin' About You Baby」となっています。マトリクスは機械打ちでEAL-11691.P-1L/EAL-11692.P-1Lです。

f:id:jukeboy:20190127214650j:plain

80年代のラベルです。薄い青になり、文字のフォントが変更されています。マトリクスは機械打ちでEAL-11691.P-1L/EAL-11692.P-1Lと上と同じです。前作の『MILESTONES』同様80年代特有の長いマトがあるのかは不明です。

f:id:jukeboy:20190127214958j:plain

先にも書きましたがこのレコードは当時イギリスで未発売だった「Talkin' About You」が初収録されたことが目玉だったんでしょうね。この曲は疑似ステですがUSA盤の『DECEMBERS CHILDREN』のステレオ盤よりはっきりしたいい音で、一瞬リアル・ステレオか、と間違うほど高音と低音が分かれています。「Down The Road Apiace」のリアル・ステレオはこのレコードで初収録です。「Everybody Needs Somebody To Love」はUK盤『No.2』のヴァージョンで、この曲もリアル・ステレオで初登場となりました。こうして考えてみるとDECCAの編集盤シリーズもただの寄せ集めと思いきやモノラルがリアル・ステレオになっていたりして結構聞き所がありますね!ストーンズチャック・ベリーのカヴァーはどの曲も演奏が素晴らしく、若いエネルギッシュなストーンズを聞けるいいアルバムです。

ローリング・ストーンズ UK盤 MILESTONES いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUKデッカ編集盤『MILESTONES』です。1972年3月11日に発売され、規格番号はSKL 5098です。この時点でイギリスでの初登場曲は「She Said Yeah」のみで、アルバム未収録の曲は「I Wanna Be Your man」だけというアルバムとしては魅力のない内容となっています。その他はシングル曲や「Yesterday's Papers」「Stray Cat Blues」などのアルバム曲などで構成されています。ジャケットは71年のミックのステージ写真を使い、左上にタイトルのmilestonesがあるだけでDECCAのロゴもないシンプルなデザインです。初期型は表側だけコーティングされていますが、後期型にはコーティングはありません。ジャケットの印刷所は全てRobert Staceで後期型までクレジット等のマイナー・チェンジはありませんでした。

f:id:jukeboy:20190110092229j:plain

裏ジャケです。他の4人の写真と、曲目などのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20190110092537j:plain

A面の曲目です。タイトルの前に米印があるのは疑似ステで、無い曲はリアル・ステレオです。

f:id:jukeboy:20190110092857j:plain

B面の曲目です。「Time Is On My Side」はギター・イントロ・ヴァージョンです。

f:id:jukeboy:20190110092925j:plain

右上にSTEREOとSKL 5098があります。STEREOとありますが、殆どの曲が疑似ステです。

f:id:jukeboy:20190110093305j:plain

右下にフロントカヴァーのフォトグラファーD.Tarleと印刷所のRbert Staceのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20190110093430j:plain

左下にDECCAのロゴと住所があります。

f:id:jukeboy:20190110093550j:plain

インナーです。70年代のステレオ用のインナーが使われています。

f:id:jukeboy:20190110093822j:plain

ラベルです。ステレオ用のボックスト・デッカのラベルです。疑似ステの曲が多いせいかラベルの中央に四角い枠で囲まれた疑似ステの表示があります。マトリクスは機械打ちでXZAL-10776.P-1W/XZAL-10777.P-1Wです。

f:id:jukeboy:20190110154213j:plain

上のラベルの右側にあったGEMAが左側へ移動して、NCBの囲いがありません。また中央の疑似ステ表示の枠が無くなっています。下部の著作権表記が2行に渡ってクレジットされています。マトリクスは上と同じでXZAL-10776.P-1W/XZAL-10777.P-1Wです。

f:id:jukeboy:20190110154728j:plain

中央の疑似ステ表示が2行から3行に変わっています。枠はありません。GEMA、NCBなどのクレジットが左側の回転数の下へ移動しています。マトリクスは上と同じでXZAL-19776.P-1W/XZAL-19777.P-1Wです。

f:id:jukeboy:20190110155102j:plain

おそらく80年代のプレスです。文字の配置は2番目のラベルと同じですが薄い青のラベルです。インナーは80年代のImportant Noticeの袋が使われています。マトリクスも変わらずXZAL-19776.P-1W/XZAL-19777.P-1Wです。このマトで最後まで行ってしまったのか、あるいはもっと後期の80年代特有の長いマトがあるのかは現時点では不明です。

f:id:jukeboy:20190110155614j:plain

このアルバムに収録されている曲は疑似ステがタイトルに米印の6曲、リアル・ステレオ6曲です。「Time Is On My Side」のギター・イントロ・ヴァージョンはこのアルバムで初めてリアル・ステレオが登場したと思います。この曲はこの頃にプレスされたUK盤『BIG HITS』の再発盤でもリアル・ステレオに差し替えられていますね。「She's A Rainbow」は冒頭にストリート・ノイズが入っています。疑似ステの曲はUK盤としては音圧が低く音もあまり良くないので、オリジナル通りモノラルで収録して欲しかったです。先にも書きましたが当時のイギリスでの初登場は「She Said Yeah」だけで、シングル曲の「I Wanna Be Your Man」はアルバム初収録になります。同じコンピレーションアルバムでも先の2枚と比べるとイギリス初登場の曲が少なくアルバム曲の「Out Of Time」や「Yesterdey's Paper」などどういった基準で選曲されたのか不思議ですよね。また、以前も書きましたがノルウェー盤はミックへのライトが赤ではなく緑色のライトを浴びてるようにミックの髪が緑色となっているので珍しいです!

ローリング・ストーンズ STREET FIGHTING MAN USA盤シングルいろいろ!!

ローリング・ストーンズアメリカでの19枚目のシングル「Street Fighting Man/No Expectations」です。規格番号は45‐909で、1968年8月30日に発売されました。『BEGGARS BANQUET』がジャケットの問題で発売が遅れ12月7日に発売されましたが、今回発売日を見てアルバムよりもこんなに前に発売されたのかと驚きました。今ではCDで聞くことが出来ますがA面はミックの歌詞をずらしたシングル・ヴァージョン(ミックス)が収録されています。また、当時アメリカでは歌詞の内容と68年のシカゴの暴動のため放送禁止となっています。有名なピクチャースリーヴですが、これは回収され一説には17枚しか現存しないそうです。ストーンズ展でもこのピクチャースリーヴが飾ってありましたが欲しいですよね~。まあ、出てもとんでもない値段だと思いますが…。ここでは雰囲気だけということでコピー品を載せておきます。

f:id:jukeboy:20190428134311j:plain

裏ジャケの「No Expectations」側です。

f:id:jukeboy:20190428134348j:plain

ラベルです。最初はオレンジ・スワルのプロモから行きます。このプロモは時期によって「Street Fighting Man」の内容が異なります。①ミックのヴォーカルをずらしたシングル・ヴァージョン②通常のモノラル・ミックス③ステレオ・ミックスの3つのパターンがあります。規格番号の表示は45-909で、PROMOやNOT FOR SALEなどのクレジットが一切ないラベルです。こちらにはシングル・ヴァージョンが収録されています。音圧は普通ですが、サビの部分でベースがハウリングでも起こしたかのようにブンブン響いてきます。マトリクスは手書きでXDR-43220 A/XDR 43221 Bです。この他に両面に反転の数字があります。19985と19995と書かれているように見えますがよく分かりません。なおマトはこれ以降全部手書きです。また、キースのクレジットが全部のラベルでRichardsとなっています。

f:id:jukeboy:20190428135320j:plain

上と全く同じラベルですが、通常のモノラルが収録されています。ラベルが全く同じなのでこれはマトで見分けるしかありません。この通常のモノラルの方は音圧が異常に高く迫力のある音が聞けるので、モノラルを聞くにはこのプロモで聞くのが一番かも知れません。マトリクスはXDR 43220-2/XDR 43221 Bです。上のレコードとはA面のマトだけ違うものになっています。上と全く同じラベルですが写真を載せておきます。

f:id:jukeboy:20190428140046j:plain

規格番号は45-LON-909です。左下にPROMOTIONAL COPYがあります。通常のモノラル・ヴァージョンが収録されています。マトリクスはXDR 43220-2D/XDR-43221 B-1です。A面のXDRの後にハイフンがありませんが刻まれている通りに書いています。

f:id:jukeboy:20190428140416j:plain

規格番号は45-909です。その上にPROMOTIONAL COPY NOT FOR SALEがあります。こちらも通常のモノラル・ヴァージョンが収録されています。マトリクスはXDR 43220-2H-RC  △72809/XDR-43221 B  △72809-Xです。

f:id:jukeboy:20190428140853j:plain

前回「Jumpin' Jack Flash」でもありましたがステレオのプロモです。B面の「No Expectations」もステレオで収録されています。規格番号は45-LOS-909と真ん中の記号がLONではなくLOSとなっています。規格番号の上に大きくSTEREOがあり、左下にPROMOTIONAL COPYがあります。マトリクスはSXDR-43220 A-1/SXDR-43221 B-1です。ステレオになったためXDRの前にSが付けられています。

f:id:jukeboy:20190428141400j:plain

こちらも両面ステレオのプロモです。規格番号は45-909-DJです。その上にPROMOTIONAL COPY NOT FOR SALEが、その下にSTEREOがあります。アメリカでは『BEGGARS BANQUET』からモノラル盤が作られなくなったのでステレオのプロモの需要が多くなったんでしょうね。マトリクスはSXDR 43220 A  △72809/SXDR-43221 1B  △72809-Xです。

f:id:jukeboy:20190428141926j:plain

ここからブルースワルのレギュラー盤です。レギュラー盤はステレオは存在せず、ミックのヴォーカルをずらしたシングル・ヴァージョンか、通常のシングル・ヴァージョンのどちらかが収録されています。規格番号は45-909で文字の配置は一番最初に挙げたプロモと同じです。このラベルのレコードにはミックのヴォーカルをずらしたシングル・ヴァージョンが収録されています。マトリクスはXDR-43220 A/XDR-43221 Bとこちらも一番最初のプロモと同じです。

f:id:jukeboy:20190428193602j:plain

規格番号は45-LON-909です。タイム表記が左側で、プロデューサー・クレジットが下へ移動しています。こちらもシングル・ヴァージョンが収録されています。マトリクスはXDR-43220 A/XDR 43221 Bです。

f:id:jukeboy:20190428193842j:plain

75年頃からの規格番号が5N-909に変わったラベルです。文字の配置は上のラベルと全く同じです。こちらは通常のモノラル・ヴァージョンが収録されています。マトリクスはXDR 43220-2D/XDR-43221 B-5です。

f:id:jukeboy:20190428194113j:plain

78年からのカラード・サンセット・ラベルです。規格番号は5N 909で文字の配置は上のブルースワルと同じです。通常のモノラル・ヴァージョンが収録されています。マトリクスはXDR 43220-2D/XDR 43221 B-4です。

f:id:jukeboy:20190428194421j:plain

サンセット・ラベルでプロデューサー・クレジットが規格番号の下に移動しています。曲名よりもグループ名の方が大きくクレジットされています。通常のモノラル・ヴァージョンが収録されています。マトリクスはXDR-43220 5N909  PRC-RI-2-1-2/XDR-43221-5N909  PRC-RI-1-3-2です。

f:id:jukeboy:20190428194850j:plain

USA盤は全部ミックのヴォーカルをずらしたシングル・ヴァージョンが収録されていると思っていましたがこうしてみると初期のレコードにだけシングル・ヴァージョンが使われていたのが分かります。『BEGGARS BANQUET』で通常のヴァージョンが出たので途中で普通のモノラルに変更されたのかも知れませんが、USA盤だけでもアルバムでこのミックスがステレオで収録されたら面白かったと思います。このシングル・ヴァージョンは当時日本、ドイツ、イタリアなどでシングル盤に使われましたがイギリスでは発売がなかったので元になったミックスはアメリカで作られたのかも知れません。アコースティックギターを中心に唯一の電気楽器はベースのみという編成で作られておりシタールがいい味付けになっています。間奏のどこまでも上がっていくようなコード進行や下降してまた上がるベースのフレーズが特徴的ですね。エンディングで聞こえる音はインドのシャハナイという楽器でトラフィックデイヴ・メイソンが演奏しているらしいです。USA盤のシングルは音圧が高くよりハードな曲に聞こえ、若者が警官隊とぶつかっていたあの時代が蘇るような気がします。

ローリング・ストーンズ ドイツ・クラブ・エディション⑭LET IT BLEED!!

ドイツ・クラブ・エディション盤『LET IT BLEED』です。1年5か月前ドイツ・クラブ・エディションの『HOT ROCKS COLLECTION』を紹介したときにドイツではもう一枚あると書きましたが、今年に入ってからやっと入手しました。長く探していた割にはこのレコードはごく普通のジャケットなので面白みがないですが、ドイツ・クラブ・エディション盤はこれで全部揃いました。1982年11月15日にSonocordという会社から発売され、規格番号は28 473-7です。表側は特にClub Edition等の文字は無く普通のデザインです。

f:id:jukeboy:20190505201458j:plain

表側で通常盤と見分けるには左上に28473-7 STEREOと書かれている部分しかありません。普通のドイツ盤はこの個所には何も書かれていません。

f:id:jukeboy:20190505201606j:plain

裏ジャケです。こちらも細かいクレジットを除き通常のジャケットと同じです。

f:id:jukeboy:20190505202831j:plain

右上に規格番号とSonderauflage Sonocordのクレジットがあります。その間にグループ名とタイトルが書かれています。80年前後にこの会社からのリリースされた他のアーティストのレコードでもここに同じようにアーティスト名とタイトルが書かれているものがあります。この会社のカタログを見るとオムニバス・アルバムやクラシックも多いですね。

f:id:jukeboy:20190505202921j:plain

左下にMade in GermanyとおそらくドイツのDeccaの住所が書かれています。

f:id:jukeboy:20190505203251j:plain

ラベルです。左側にクラブ・エディション盤を表すSonderauflage Sonocordがあります。Sonocordからリリースされたレコードの一部にはDECCAのロゴの位置に四角い枠に丸いレコードのSonocordのロゴがあるものがありますが、このレコードは小さくクレジットがあるだけです。右側に28 473-7と面表記があります。面表記はSeite 1/Seite 2です。マトリクスは機械打ちで6.21417-00-1//6.21417-00-2/1です。これはドイツの再発盤と同じマトで両面共オリジナル盤のマトをXXXXXXXと消した跡があります。また、オリジナル盤にあったManufactured in Germanyの刻印はありません。

f:id:jukeboy:20190505204008j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190505204024j:plain

このレコードはその存在を知ってからかなり探していましたがジャケットが通常盤と同じなのでレコード店でも見過ごしていたのかも知れません。今回はDiscogsでドイツの方から譲ってもらいましたが、Discogsではクラブ・エディション盤と6.21 417の再発盤が同じ欄に紹介されており出品者に規格番号を訪ねてもそちらの再発盤ばかりでなかなか見つかりませんでした。今年に入ってやっと28473-7と番号が一致し入手出来ました。入手後、つい最近ですがDiscogsでは再発盤とそれぞれ別々のページになり、このクラブ・エディション盤が現在何枚か出品されています。今までの苦労は何だったんだと思いましたが、何年も探していたレコードを入手した後でまたすぐ同じレコードが出て来たという事はよくありますよね(笑)。そして後から出て来た方が状態が良かったなんてこともよくありますよね。ドイツのクラブ・エディション盤は今まで14タイトル紹介してきましたがラベル違いも相当あったので今後もラベル違いを見つけましたら追記します。また、ドイツのデッカでは独自の編集盤も相当数出ていますのでまたの機会に紹介しようと思います。

ローリング・ストーンズ STICKY FINGERS スペイン盤Diffカヴァーいろいろ!!  

ローリング・ストーンズのDiffカヴァーで一番有名なのが何といっても『STICKY FINGERS』のスペイン盤でしょう!スペインではジッパーがダメだったようでこの缶詰から指が出ているデザインですが、こちらも相当ヤバいような気がします(笑)。内容も「Sister Morphine」がカットされ、一部の国でシングル「Brown Sugar」のB面にモノラルで収録されていた「Let It Rock」がここではステレオで収録されています。日本では「Let It Rock」が未発売でしたので、私は78年に西新宿でこのレコードを買いました。規格番号はHRSS 590-01で、このオリジナル盤にもベロマークが違う2種類のジャケットがあります。こちらは初版の右上のベロが赤いものです。ジャケットは両面コーティングされています。

f:id:jukeboy:20190425101821j:plain

こちらは75年からの右上のベロが白いものです。ベロの大きさは赤のロゴよりも大きくなっています。こちらも両面コーティングされています。裏ジャケは両方とも同じです。

f:id:jukeboy:20160707165639j:plain

裏ジャケです。他国ではシートで白黒で使われていた写真ですが、こちらはカラーで美しいです。

f:id:jukeboy:20190425153009j:plain

80年には発売元がEMIに変わり規格番号も10C004-063616に変わります。ジャケットの表側のベロは赤です。ベロの上に規格番号があります。EMI盤はコーティングがなく薄い紙質のジャケットです。

f:id:jukeboy:20190425153716j:plain

EMI盤の裏ジャケです。こちらもメンバーのカラー写真が使われています。

f:id:jukeboy:20190425153810j:plain

右上のベロの部分を並べてみました。左から初版のWEAの赤いベロ→75年からの白いベロ→EMIの赤いベロです。真ん中の白いベロはあまり見かけません。

f:id:jukeboy:20190425154015j:plain

裏ジャケの右下の部分です。上がWEA盤、下がEMI盤です。裏ジャケはこの部分が違うだけで後は全く同じです。

f:id:jukeboy:20190425160142j:plain

シートです。他国と同じデザインですが曲名や楽器名などがスペイン語表記となっています。裏ジャケでメンバーの写真を使ってしまったためか裏側は何も印刷されていません。

f:id:jukeboy:20190425154409j:plain

こちらはEMI盤のシートです。細かいクレジットを除いてWEA盤と同じです。

f:id:jukeboy:20190425154440j:plain

WEA盤とEMI盤のシートの右上の部分です。規格番号が違っています。

f:id:jukeboy:20190425154611j:plain

ラベルです。こちらはUK盤のようなデザインです。曲名はスペイン語表記になっています。「You Gotta Move」の作者がM.Jagger-K.Richardとなっています。マトは機械打ちでHRSS-591-01-A-1/HRSS-591-01-B-1です。他にはA-2/B-2のマトも確認しました。このラベルは75年に復活し白いベロのジャケットにもこのラベルのレコードが入っています。

f:id:jukeboy:20160707170716j:plain

B面のラベルです。3曲目はタイトル部分が...となっており30秒の無音部分があります。この無音部分を1曲とカウントしているためB面は全6曲となっています。

f:id:jukeboy:20190425155250j:plain

こちらはUSA盤のようなラベルです。一部の資料によると72年にはこのラベルに変わったようです。曲名のスペイン語表記は変わりません。マトは手書きでHRSS-591-01-A3/HRSS-591-01-B3です。他にも機械打ちのマトがあるようです。

f:id:jukeboy:20160707170820j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190425155748j:plain

最初にも書きましたが、スぺインでは「Sister Morphine」がダメだったようで「Let It Rock」が収録されていますが、何故かその前に30秒ほどの無音状態があります。ラベルにも3. …とカウントされています。当時この曲をカセットに録音するときはレコードの溝を見ながらイントロ直前に録音開始するのに苦労しました(笑)。

f:id:jukeboy:20160707171157j:plain

80年に配給元がEMI変わってからのラベルです。曲名は英語表記が先でスペイン語表記が後になっています。また、B面の30秒の無音はありません。「You Gotta Move」の作者は相変わらずM.Jagger-K.Richardsとなっています。マトリクスは機械打ちで、066-063152-A/064-053616-Bです。

f:id:jukeboy:20160707171730j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190425161312j:plain

このジャケットはストーンズのDiffカヴァーの中で1番素晴らしいデザインではないでしょうか!ジャケットは両面コーティングで美しいし、裏ジャケのメンバーの写真もカラーで美しいです。レコード盤が厚くいい音を出してくれます。UK盤などのシングルではモノラルだった「Let It Rock」はここではステレオで収録されています。私は70年代に本でこのジャケットを知り、缶詰から指が出ているのに衝撃を受けました。曲目を見ると「Let It Rock」という知らない曲が入っていたので探し始め、78年に西新宿のディスクロードで入手しました。当時はDiffカヴァーというよりも「Let It Rock」という知らない曲を聞きたかった方が大きかったです。このアルバムとオーストラリア盤の『COLLECTER'S ONLY』と当時の日本盤を揃えると音源は大体揃ったので便利でした。その後EMI盤を入手したり、90年代には白いベロを発見しいろいろなヴァリエーションがある事を知りました。この記事は2016年7月7日のものを大幅に訂正加筆したものです。当初は白ベロがオリジナルと思っていましたが、atsu-yさんからスペイン盤のオリジナルは赤いベロでUK風のラベルで白いベロは75年からという事を教えて頂き、スペイン盤シングルの裏に載っている広告で赤が初版と確認することが出来ました。そしてキュースケさんにはDiscogsで発売別に載っている事を教えて頂きました。atsu-yさん、キュースケさん、ありがとうございました!