ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ フィリピン盤Diff.カヴァー EXILE ON MAIN STREET!!

ローリング・ストーンズのフィリピン独自のジャケットの『EXILE ON MAIN STREET』です。これは以前別ジャケットの時にジャケットだけ紹介しましたが、今回はジャケットの細部、ラベル等も紹介します。1973年1月に発売され、規格番号はCOC 2-2900です。ジャケットはリンゴを3つ口に含んだ人の写真が使われており、上にグループ名、下にタイトルがあります。見開きではなくシングル・ジャケで、USA盤のような厚紙2枚を紙で巻いた造り(紙ジャケでいうA式)となっています。なお、これと同じデザインでアウトテイクを収録したアナログ・ブートが出回っているので要注意です。ブートのジャケは最後で取り上げます。

f:id:jukeboy:20200811155242j:plain

左上に曲目が書かれたステッカーが貼ってあります。USA盤のシールドの上に貼ってあった曲目ステッカーと同じ字体ですがこちらは周りにあった白枠がありません。

f:id:jukeboy:20200811155701j:plain

右下にベロマークがあります。

f:id:jukeboy:20200811155924j:plain

裏ジャケです。こちらは各国盤同様のデザインです。厚紙に台紙を貼ったものなのでジャケットを手に取った時何となく60年代のアメリカ盤のような雰囲気を感じます。

f:id:jukeboy:20200811155947j:plain

裏ジャケ左上に表側と同じ曲目ステッカーが貼ってあります。

f:id:jukeboy:20200811160111j:plain

各国盤にあった専用のインナーは無く、レコードは白い袋に入っています。ラベルです。ストーンズ・レコードの黄色いラベルではなくアトランティックのラベルとなっています。上から規格番号、STEREO、グループ名、タイトルの順にクレジットされています。中央の白いラインは左側にATLANTICの文字、右側にSIDE 1とアトランティックのロゴがあります。曲目の下にUSA盤と同じマトが書かれています。リムの最初にMFD. IN THE PHILIPPINS BY MARECO, INC.とあります。フィリピンでの配給元はこのMARECO, INC.という会社です。マトリクスは手書きでCOC-2-2900 SIDE-Ⅰ (ST-RS-722507 PR)/COC-2-2900 SIDE-Ⅱ (ST-RS-722508 PR)/COC-2-2900-B- SIDE-Ⅲ (ST-RS-722509 PR)/COC-2-2900 SIDE-Ⅳ (ST-RS-722510 PR)です。各面のマトの最後にUSA盤のマトがあります。   

f:id:jukeboy:20200811160212j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200811160321j:plain

C面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200811160336j:plain

D面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200811160352j:plain

ネットから拝借した画像ですがこのフィリピン盤を模したブートレグのジャケットを載せておきます。こちらは表側です。色合いが全く違い画質も不鮮明です。曲目ステッカーの部分の曲名を見ると一目瞭然ですね!正規盤は2枚組ですが、こちらは1枚ものです。タイトルは『EXILE ALTERNATE VERSIONS (UNRELEASED SONGS AND VERSIONS)』だったと思います。ラベルまでフィリピン盤と同じアトランティックのラベルを使っています。

f:id:jukeboy:20200922224721j:plain

こちらは裏側です。下部にフィリピン盤にはなかったいろいろなクレジットがあります。表側同様こちらも曲目ステッカーの部分が全く違います。

f:id:jukeboy:20200922224754j:plain

話がずれましたが、このフィリピン盤は意外と音がいいです。高音もスッキリしていて音の伸びもいいです。各面のマトにUSA盤のマトが書かれていたのでUSA盤のマザーを使っているのかも知れません。ストーンズ・レーベルになってからは各国共通のジャケットになってしまい別ジャケは殆ど無いですが、このリンゴを3個口に含んでいる男の写真はUSA盤のプロモ用のカヴァー(本来のジャケットに被せるようなもの)で使われていたり、72ツアーではチャーリーがこのTシャツを着ていたりと、いかにもこのアルバムのイメージを表しているようでこれをジャケットにしてしまったフィリピン盤は面白いですよね! 

ローリング・ストーンズ スペイン盤 AFTERMATH いろいろ!!

ローリング・ストーンズのスペイン盤『AFTERMATH』です。スペインではUK盤と同じ曲目で1966年に発売され、規格番号はLK 4668です。規格番号から分かるようにスペインでは最初の発売から80年代の最終プレスまでナント、モノラルしか発売されませんでした!ジャケットはUK盤と同じデザインです。オリジナル盤は表側コーティングのペラペラなジャケットで、後期へ行くと硬いジャケットに変わります。

f:id:jukeboy:20200416163525j:plain

写真では分かりづらいですが、ジャケットの色はオリジナル盤は紫で、後期へ行くと右側の白黒に変わります。

f:id:jukeboy:20200416163630j:plain

左上の規格番号の部分です。枠の内側の色はジャケットに合わせてオリジナル盤は薄い紫、後期盤は白になっています。写真ではよく分かりませんが実物はもっと違いが分かります。

f:id:jukeboy:20200416163741j:plain

裏ジャケです。表側同様こちらもUK盤と同じデザインです。

f:id:jukeboy:20200416163852j:plain

裏ジャケ右上の部分です。上からオリジナル盤、下へ行くほど後期盤です。MONOと規格番号のLK 4786があります。オリジナル盤だけLK 4786の文字が大きいですが、この部分は一番下の最終プレスだけ規格番号が63 99 156が追加されているだけで大きな違いはありません。

f:id:jukeboy:20200416164007j:plain

右下のDECCAのロゴの下のクレジットの部分です。どのジャケットにどのラベルのレコードが入っていたか照合するために番号を振っておきます。上から①オリジナル盤でDiscos Columbiaや印刷所の住所のクレジットがあり、②クレジット無し、③オリジナル盤と似ていますが、マドリードの印刷所の部分が小さな文字、④MADE IN SPAINのクレジットがあり、住所の後に(1978)、⑤最終プレスでMADE IN SPAINが無く住所の後に(1981)、の順となっています。

f:id:jukeboy:20200416164248j:plain

①のオリジナル盤のジャケットだけレコード取り出し口に丸い凹みがあります。これは他のタイトルの初期盤と同じですね!

f:id:jukeboy:20200416164536j:plain

A面の曲目の部分です。面表記がCara 1となっています。

f:id:jukeboy:20200416164620j:plain

B面の曲目の部分です。

f:id:jukeboy:20200416164703j:plain

ラベルです。オリジナル盤のオレンジに黒文字のラベルです。リムの上部にFABRICADO EN ESPANA(スペイン製)とあります。67年には次のラベルに変わってしまうので『AFTERMATH』のこのラベルは出回った数が少なかったと思います。右側にマトの逆さ文字と規格番号があります。面表記はありません。作者は1曲毎にタイトルの後にクレジットされています。アレンジとプロデューサー・クレジットは下部にあります。マトリクスは機械打ちでLCCI-1126LCCI-1127です。ジャケットは①です。

f:id:jukeboy:20200416164739j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200416164809j:plain

オレンジに黒文字のラベルですが、67年以降のプレスでリムがDISCOS COLUMBIAに変わっています。その他は規格番号や曲目の部分は位置は同じですがオリジナル盤とは文字のフォントが変わっています。マトリクスは機械打ちでLCCI-1126/LCCI-LCCI-1127です。ジャケットは①で時期的に上のオリジナル盤と同じジャケットに入っています。

f:id:jukeboy:20200416165050j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200416165456j:plain

72年頃からのオレンジにシルバー文字のラベルです。オープン・デッカで左側に回転数、右側にffrrの耳のロゴはこれまでのラベルと同じです。規格番号の上にMade in Spainがあります。これまで逆さ文字だったマトリクスは普通の表示になっています。面表示はCara 1/Cara2です。今まで一曲ごとにクレジットされていた作者クレジットは下にまとめてあります。マトリクスは機械打ちでLCCI-1126 A/LCCI-1127 Bです。ジャケットは②です。ジャケットの表側はこれ以降紫から白黒に変わります。

f:id:jukeboy:20200416170414j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200416170432j:plain

オレンジにシルバー文字のラベルです。ジャケットに(1978)があるので70年代後半のプレスだと思います。こちらはオリジナル盤のようにリムの上部にDISCOS COLUMBIAがあります。面表示は右側にあります。マトリクスは逆さ文字となっています。作者クレジットは一曲ごとにあります。マトリクスは機械打ちで850 LCCI 1126 R ▽2J COL/850 LCCI 1127 R ▽2J COLです。 ジャケットは③と④です。

f:id:jukeboy:20200416170609j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200416170640j:plain

80年代の青ラベルです。ここから規格番号が63 99 156と変わりますが、その上に旧番号のLK 4786があります。マトリクスは逆さ文字です。基本的な文字の配置は上のラベルと同じです。マトリクスは機械打ちで850 LCCI 1126 R ▽2J COL/850 LCCI 1127 R ▽2J COLです。このマトは上と同じです。ジャケットは⑤です。

f:id:jukeboy:20200416170709j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200416170729j:plain

スペイン盤の特徴はレコードが厚いことですが、これはオイルショックの頃でも盤は厚く、ジャケットもオリジナルから最終プレスまで全て厚くしっかりとした造りになっています。しかしこうしてみるとスペイン盤はラベルの変遷が激しくレコードの溝なども時期によってこんなに違う国も珍しいですね。音はUKモノラル盤と比べるとややこもった感じで、UK盤の方が各楽器がはっきり聞こえます。また、このアルバムからリアル・ステレオが作られましたがスペインでは80年代の最終プレスまでモノラルしか発売されなかったという謎も残りますね。

ローリング・ストーンズ 香港盤 THE BEST OF ROLLING STONES!!

ローリング・ストーンズの香港編集盤『THE BEST OF ROLLING STONES』です。1982年に発売され、規格番号はDEC 3です。ジャケットは中央にタイトルがありその周りをブライアン期の5人の写真が散りばめられています。これらの写真はアルバムや各国のEPなどに使われていたお馴染み写真ばかりですね!ジャケットは表裏艶のある造りとなっています。また、このアルバムはマレーシアやシンガポールにも輸出され販売されていたようです。

f:id:jukeboy:20200820145330j:plain

右上に規格番号のDEC 3とDECCAのロゴがあります。この80年代の下が赤のデザインのロゴは個人的には何だか安っぽくてあまり好きではないんですが…。

f:id:jukeboy:20200820145445j:plain

裏ジャケです。表側と同じ書体のタイトルと曲目があります。

f:id:jukeboy:20200820145624j:plain

A面の曲目です。シングル曲に混ざって「Under The Boardwalk」が収録されているのがなんだか面白いですよね!

f:id:jukeboy:20200820145653j:plain

B面の曲目です。こちらもヒット曲に混ざって「My Girl」や「Poison Ivy」などのレア曲が収録されています。

f:id:jukeboy:20200820145720j:plain

裏ジャケ右下にⓅ1982 Polygram Recored Ltd., Hong Kong.のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20200820150007j:plain

ラベルです。ボックスト・デッカのやや灰色っぽい青のラベルです。左側に回転数と面表記があります。面表記は縦書きでSide 1となっています。右側に規格番号のDEC-3があります。曲名は1曲1行となっています。キースのクレジットはRichardです。マトリクスは機械打ちでDEC 3A  1Y1  830  04  241/DEC 3B  2Y2  830  04  241です。

f:id:jukeboy:20200820150210j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200820150229j:plain

先にも書きましたがこのアルバムはヒット曲に混ざってレアな曲が収録されているのが特徴です。この時点でステレオがある曲はステレオで、モノラルのみの曲はモノラル、あるいは疑似ステで収録されています。「Poison Ivy」はオムニバス盤の『SATURDAY CLUB』に収録されていた方のヴァージョンで、ここではまるでディレィをかけたような疑似ステで収録されており、ものすごく響いている変わった処理がされています。そして「Out Of Time」は『METAMORFOSIS』のヴァージョンが収録されています。前回紹介したオーストラリアの編集盤もこちらのヴァージョンが使われていましたが、シングルカットされたせいかこの当時は『AFTERMATH』のヴァージョンよりもこちらの方が馴染みがあったんでしょうか?この2曲だけで普通のベスト盤にはない変わった雰囲気になっています。ジャケットの写真といい、選曲といいベスト盤として結構楽しめるアルバムです。

ローリング・ストーンズ オーストラリア/ニュージーランド編集盤 STONES !!

ローリング・ストーンズの編集盤『STONES』です。このアルバムはオーストラリアとニュージーランドで発売され、ジャケットの作りや付録のポスター等ほぼ同じ作りなので両国のレコードをまとめて紹介します。規格番号はオーストラリア盤はSCA. 005、ニュージーランド盤はSKL-6102で、両国とも1976年7月に発売されています。ジャケットはミックのアップの写真で上部に大きくSTONESとタイトルがあるだけのシンプルなデザインです。白黒写真でミックの唇だけピンクに着色されています。ジャケットは艶のないペラペラな柔らかい紙質です。

f:id:jukeboy:20200820101152j:plain

ニュージーランド盤も同じジャケットですが、一部の盤にはステッカーが貼ってあります。

f:id:jukeboy:20200820101334j:plain

ステッカーには18 HIT TRACKS by the ORIGINAL ROLLING STONESと書かれています。

f:id:jukeboy:20200820101450j:plain

裏ジャケです。オーケストラ、ニュージーランド共に同じデザインです。タイトル文字は表と違いSTONESのOの中心の丸が表のミックの着色した唇を模っています。この当時のステージの後ろからライトを当てるストーンズのステージ写真が使われています。

f:id:jukeboy:20200820101619j:plain

裏ジャケ右上に規格番号が書かれています。上がオーストラリア盤、下がニュージーランド盤です。

f:id:jukeboy:20200820101714j:plain

裏ジャケ下部の部分です。上がオーストラリア盤、下がニュージーランド盤です。オーストラリア盤はDECCAのロゴが上にあり、その下にオーストラリアでの配給元のEMIのクレジットがあります。ニュージーランド盤はそれぞれ両側にDECCAのロゴとEMIのロゴがあり、MARKETED BY EMI (NEW ZEALAND) LTD.のクレジットと住所があります。

f:id:jukeboy:20200820101904j:plain

両国ともにポスターが付属しています。表側は同じデザインですが裏側のディスコグラフィーがそれぞれ違っています。こちらは表側です。LP2枚分の大きさでジャケットと同じデザインが使われています。ミックの唇は着色されていません。

f:id:jukeboy:20200820102429j:plain

ポスターの左下にOther Albums Available From DECCAとあります。このクレジットはオーストラリア、ニュージーランド共通です。

f:id:jukeboy:20200820102516j:plain

オーストラリア盤のポスターの裏側です。1stから76年までオーストラリア・デッカから発売されたアルバムが全部載っています。下に2枚のEPも載っています。

f:id:jukeboy:20200820102655j:plain

ニュージーランド盤のポスターの裏側です。オーストラリア盤のポスターと比べるとレコードの数が少ないです。ニュージーランドでは初期のアルバムもリリースされていますが何故かここでは省略されています。

f:id:jukeboy:20200820102949j:plain

ラベルです。オーストラリア盤は赤のボックスト・デッカのラベルです。面表記が左側と右側の両方にあるのが特徴です。左側に回転数、右側に規格番号のSCA-005があります。下部内側のリムにMADE IN AUSTRALIA~があります。珍しく「Down The Road Apiece」の前に(That Place)とサブタイトルが付けられています。マトリクスは機械打ちでSCA 005 A-3/SCA 005 B-4です。

f:id:jukeboy:20200820103158j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200820103215j:plain

ニュージーランド盤のラベルです。青のボックスト・デッカのラベルです。左側に面表記の数字が大きく書かれています。右側に規格番号のSKL 6102があります。内側のリムにMANUFACTURED BY EMI (NEW ZEALAND) LIMITED~とあります。オーストラリア盤同様こちらも「Down The Road Apiece」の前に(That Place)とサブタイトルが付けられています。マトリクスは手書きでSCA 005A/SCA 005Bです。

f:id:jukeboy:20200820103254j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200820103310j:plain

最初にこのレコードを見た時はジャケットにタイトルのSTONESしかなく、ミックのどアップ写真に唇だけを着色したあまりにも安っぽいデザインなので一瞬ブートレグかと思いました。収録された曲も64年から69年までのヒット曲やレアな曲で統一性のない選曲でまあ逆に言えば新鮮な感じもします(笑)。オーストラリア盤よりもニュージーランド盤の方が音圧が高いです。また、「Let's Spend The Night Together」や「Ruby Tuesday」などのリアル・ステレオの曲は極端に音が小さくなります。「Tell Me」は疑似ステでものすごくエコーが効いていて、まるでお風呂の中で演奏しているようです。「Poison Ivy」はUKのファーストEPのヴァージョン、「Fortune Teller」は歓声無しで当時はUKオムニバス盤でしか聞けなかった珍しかったヴァージョンです。「Little Queenie」は『GET YER YA-YA'S OUT』からのライヴです。そしてなんといっても変わり種は編集盤としては珍しく「Heart Of Stone」と「Out Of Time」はアルバム『METAMORFOSIS』からのヴァージョンが収録されています。メタモは前年発売されていますが何でこのヴァージョンを、と考えてしまいますね!ただの寄せ集めのようなアルバムですが聞いてみると意外なヴァージョンが使われていてなかなか面白いアルバムです。

ローリング・ストーンズ 日本盤 BIG HITS いろいろ!!

ローリング・ストーンズの日本盤『BIG HITS』です。1966年(昭和41年)12月10日に発売され、規格番号はSLC 166です。ジャケットと収録曲はUK仕様となっています。初期型はいわゆるぺらジャケで、中にブックレットが付けられています。ジャケットの表裏は艶のある造りとなっています。初期盤は紺色の帯が付けられていました。当時の値段は2000円です。前作は1800円だったのでこのアルバムから73年頃まで長い間2000円時代が続きましたね!

f:id:jukeboy:20200819190301j:plain

後期型は赤い帯が付けられています。他のタイトルから考えて69年頃にはこの赤い帯に変わったと考えられます。またジャケットもそれまでのぺらジャケから硬いジャケットとなっています。赤帯の見開きの内側はブックレットが無く、後で挙げますが歌詞のみとなっています。

f:id:jukeboy:20200819190407j:plain

赤帯は値段表記が2000円と73年頃から値上がりのため2300円と変更となっているものの2種類があります。2300円盤は見開きではなくなり普通のシングル・ジャケとなっています。

f:id:jukeboy:20200819190518j:plain

右上にLONDONのロゴと規格番号があります。

f:id:jukeboy:20200819190650j:plain

裏ジャケです。こちらはUK盤の裏側と同じデザインとなっています。ただ、タイトル、グループ名の下にあった曲目は日本盤にはありません。

f:id:jukeboy:20200819190758j:plain

左上に日本語でザ・ローリング・ストーンズ/ビッグ・ヒッツ(ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス)と書かれています。

f:id:jukeboy:20200819191107j:plain

右下に規格番号のSLC 166があります。上は初期型で規格番号の下に¥2,000と値段が書かれていますが、2300円になってからこの部分は空欄となっています。USA盤はここにLONDONのロゴがありましたがその枠をそのまま使っています。そして左上の日本語のタイトルと枠の形を合わせているのが特徴です。

f:id:jukeboy:20200819191144j:plain

見開きの内側最初のページです。ここで使われてる写真は他国と全く同じです。

f:id:jukeboy:20200819191721j:plain

日本盤はそれぞれメンバーの名前が書かれています。これはミック・ジャガーの部分ですが、他のメンバーも全て同じようにそれぞれの名前がクレジットされています。

f:id:jukeboy:20200819191857j:plain

2番目のページです。

f:id:jukeboy:20200819191940j:plain

3番目のページです。

f:id:jukeboy:20200819192004j:plain

最後のページです。

f:id:jukeboy:20200819192026j:plain

最終ページの左上にSTEREOがあります。

f:id:jukeboy:20200819192145j:plain

右上に規格番号と値段があります。

f:id:jukeboy:20200819192222j:plain

右下に©1967があります。このレコードの発売日は66年12月というのが定説ですが、ここを見るともしかしたら67年に入ってから発売された可能性もあります。

f:id:jukeboy:20200819210346j:plain

下部中央に発売元のキングレコードのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20200819192314j:plain

歌詞カードです。表側は上部に曲目があります。

f:id:jukeboy:20200819193041j:plain

歌詞カードの裏側です。

f:id:jukeboy:20200819193131j:plain

赤帯になってからの見開きの内側です。ナント!上と同じ歌詞カードが両面に印刷されており、オリジナル盤にあった中のとじ込みの写真はありません。日本盤では写真集が付いていたのは意外とこのSLC 166の初期型だけで、76年のGP規格以降は93年の最終プレスまで最初と最後のページの写真のみになり、とじ込みの写真はなくなってしまいました。

f:id:jukeboy:20200819193440j:plain

ラベルです。最初はプロモ用の白ラベルです。上部にLONDONのロゴとSTEREOがあります。左側に面表記の上に見本盤とあり、右側の規格番号の上に非売品とあります。マトリクスは機械打ちでSDLBT 308-1/SDLBT 309-1です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20200819192449j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200819192507j:plain

プロモ盤はキング・レコードのプロモ専用のスリーヴに入っています。

f:id:jukeboy:20200819192612j:plain

ここからレギュラー盤です。上部にLONDONのロゴとffrrのマークがあります。中央にFULL FREQUENCY STEREOPHONIC SOUNDとかかれたラインがあります。このタイプのラベルはこの『BIG HITS』から使われています。66年7月に発売された『AFTERMATH』は黒ラベルだったのでこの中央にラインがある青ラベルは66年の後半に登場したと思います。曲目の前のカウントはBand 1、Band 2となっています。マトリクスは機械打ちでSDLBT 308-14/SDLBT 308-B-Cです。これは私の持っているレコードのマトなので、プロモが1/1というのを考えるともっと若い番号があると思います。また、赤帯の最初の頃もこのラベルでマトリクスはSDLBT 308-B-5/SDLBT 309-B-5です。2枚共プロモにあったJISマークが線で消されています。

f:id:jukeboy:20200819192635j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200819192651j:plain

こちらは2300円のジャケットに入っていたラベルで、回転数が左側から右側の規格番号の上に移動してます。その他の文字の配置は上のラベルと全く同じです。マトリクスは機械打ちでSDLBT 308 B-5/SDLBT 309 B-5です。上と同じくJISマークが線で消されています。

f:id:jukeboy:20200819192715j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200819192822j:plain

UK盤のステレオと比べると音圧が低く線が細い演奏に聞こえます。ジャケットのブックレットが付いているのも初期型のみなのも特徴です。そういえばUK盤も後期型は中のブックレットがポスター仕様になっていたりしましたね。日本ではこのSLC規格から始まってGP、LAX、GXD、L20P、L18P、そして93年の最終プレスのPODJ規格までずっとUK仕様で発売されています。CD時代になってからは一時期USA仕様のみとなったりしていますがやはり日本人にとってこのUK仕様の曲目がしっくりくるような気がしますね!