jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズの珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤DECEMBER'S CHILDREN モノラルいろいろ!!

ローリング・ストーンズのアメリカでの5枚目のアルバム『DECEMBER'S CHILDREN』モノラルです。1965年12月5日に発売され、規格番号はLL-3451です。収録曲はUK盤『OUT OF OUR HEADS』から4曲、USA盤シングル「Get Off Of My Cloud」と「As Tears Go By」のAB面、イギリスでは70年代まで未発売だった「Look What You've Done」と「Blue Turns To Grey」が収録されています。そして各面の最後にライヴが収録されているといういかにもアメリカ編集盤といった感じです。ジャケットはUK盤『OUT OF OUR HEADS』と同じですが、こちらの方が写真のトリミングが大きくなっています。

f:id:jukeboy:20170903140855j:plain

裏ジャケです。5人の写真がちりばめられています。写真が暗くいかにも危ない奴らといった感じです。その下に曲目、右側にアンドリューの文があります。

f:id:jukeboy:20170903141202j:plain

初期盤には当時の最新シングル「Get Off Of My Cloud」が収録されているというステッカーがシュリンクの上から貼られていました。

f:id:jukeboy:20170903141443j:plain

こちらは「As Tears Go By」がシングル・カットされてからのステッカーです。この2種類のステッカーはモノラル・ステレオ共通です。

f:id:jukeboy:20170903141641j:plain

ジャケット表側左下にMONO LL 3451とあります。

f:id:jukeboy:20170903141829j:plain

右下にLONDONのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20170903141901j:plain

裏ジャケ右上に規格番号LL 3451とalso available in Stereo, PS 451とあります。

f:id:jukeboy:20170903142037j:plain

右下にPRINTED IN U.S.A.があります。

f:id:jukeboy:20170903142128j:plain

曲目の部分です。何故か「Gotta Get Away」の作者クレジットだけKeith Richard, Mick Jaggerとキースが先になっています。これはモノラル、ステレオ共にジャケットやレコードのラベルでも全部このクレジットになっています。

f:id:jukeboy:20170903142341j:plain

右下に楽器や録音場所、プロデュースなどのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20170903142623j:plain

ラベルです。これはUK盤のテスト・プレスです。手書きでマトと規格番号LL 3451が書かれています。このタイトルからMEDE IN ENGLANDのラベルが無くなりますが、テスト・プレスが存在しているという事はもしかしたらMADE IN ENGLANDのレコードが作られる予定だったのか、あるいは少数プレスされたのかも知れません!マトリクスは機械打ちでARL-7031-1A/ARL-7032-1Aです。

f:id:jukeboy:20170903143140j:plain

B面のラベルです。このテスト・プレス盤はラウド・カット盤といってもいいほど音圧が高く迫力のある音が聞けます。特に「She Said Yeah」のイントロのギターが爆音で飛び出してきてビックリします。「As Tears Go By」でもアコギの音が一音一音はっきり聞こえます。USA盤のモノラルはこれと比べるとややおとなしく、楽器の音も一旦カセットに落としたような感じです。それでもUSA盤のモノラルはガレージ・サウンドのような迫力のある音が聞けますが、もしこのレコードのMADE IN ENGLAND盤が出ていたらもっと素晴らしいサウンドだったと思います。

f:id:jukeboy:20170903143212j:plain

A面のマトリクスの部分です。

f:id:jukeboy:20170903143413j:plain

このテスト・プレス盤はジャケットが付けられています。『BIG HITS』の最後のページと同じデザインで裏側は空白のシングル・ジャケです。

f:id:jukeboy:20170903143630j:plain

テスト・プレス盤が入っていたジャケットの裏側です。周りに黒い囲いがあり中は空白です。手書きでタイトルと曲目が書かれています。

f:id:jukeboy:20170908200713j:plain

ここからレギュラー盤です。マトリクスの順番が前後しますがマルーン→赤の順番で取り上げます。マルーンのラベルです。このタイトルからオープン・ロンドンはなくなり、ボックス・ロンドンだけになります。Side 1が2行に渡ってクレジットされているのが特徴です。マトリクスは手書きでARL-7031-3/ARL-7032-3です。これ以降マトは全部手書きです。

f:id:jukeboy:20170903202307j:plain

ここから赤ラベルです。面表示はSide 1とSだけ大文字です。タイトルの後の(And Everybody's)があります。マトリクスはARL-7031-6  N/ARL-7032-1  Nです。Nだけ離れたところにあり機械打ちです。

f:id:jukeboy:20170903204245j:plain

上のラベルと同じ配置ですがタイトルの下の(and everybodey's)がありません。マトリクスも同じでARL-7031-1  N/ARL-7032-1  Nです。Nだけ離れたところにあり機械打ちです。

f:id:jukeboy:20170903203008j:plain

上のラベルと同じ文字の配置ですが、面表示がSIDE 1と大文字です。タイトルの後の(And Everybody's)はありません。マトリクスはARL-7031-2/ARL-7032-2です。

f:id:jukeboy:20170903203228j:plain

上のラベルと同じ配置ですですが、タイトルの後の(And Everybody's)があります。マトリクスはARL-7031-9/ARL-7032-2です。

f:id:jukeboy:20170903204528j:plain

タイトル、曲名などが大きな文字でクレジットされています。面表示はside 1と小文字です。タイトルの後の(And Everybody's)はありません。マトリクスはARL-7031-4 △8580/ARL-7032-X △8580-Xです。

f:id:jukeboy:20170903203740j:plain

B面の曲目の部分です。全部のラベルの「Got Get Away」の作者が写真のように"Keith Richard, Mick Jagger"とキースが先にクレジットされています。

f:id:jukeboy:20170920144534j:plain

『DECEMBER'S CHILDREN』は1982年まで日本盤は発売されず(66年頃にメ直盤で発売された情報もあり)、この中の数曲は日本では聞けなかったので私は75年頃にこのアメリカ盤(ステレオの方)を買いました。当時は近くに輸入盤を売っている店が無く日本盤だけ買っていたので初めて買った輸入盤がこれだったと思います。UK盤の『OUT OF OUR HEADS』の存在も全く知らず、このアルバムはジャケットも気に入ってましたね~。日本では発売されていないアルバムだなんて言って何度も聞いた思い出のアルバムです。

ローリング・ストーンズ USA盤シングルAS TEARS GO BYいろいろ!!

ローリング・ストーンズのアメリカでの9枚目のシングル「As Tears Go By/Gotta Get Away」です。規格番号は45-9808で65年12月18日に発売されました。アルバム『DECMBER'S CHILDREN』が12月4日発売なので2曲共アルバムからのシングル・カットという形で発売されました。ピクチャー・スリーヴはアルバムと同じ写真が使われています。上にタイトルとグループ名、左下に規格番号45-9808とLONDONのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20170831212132j:plain

裏ジャケも同じデザインで、上部にレコード取り出し口の切り込みがあります。黒いジャケットなので切り込みがよくわかると思います。

f:id:jukeboy:20170831212346j:plain

ラベルです。最初はオレンジ・スワルのプロモです。左側にPROMOTIONAL COPYがあります。曲名の下に「From the LP DECEMBER'S CHILDREN LL 3451/PS 451」とあります。これはこれ以降のラベル全てに書かれています。マトリクスは手書きでDR 36987-1B/DR 36668-1Cです。このシングルのマトは何故かA面が36987、B面が36668と続き番号ではありません。

f:id:jukeboy:20170831213124j:plain

左側にPromotional Copy、右側にNot For Saleがあります。Made in U.S.A.が規格番号の上に、プロデューサー・クレジットが規格番号の下へ移動しています。マトリクスは手書きでDR 36987-1K △59774/DR 36668-1K △59775です。

f:id:jukeboy:20170831213754j:plain

ここからレギュラー盤です。65年にだけ作られたホワイト・ロンドンのラベルです。マトの末尾がRですが、こちらが初版だと思うので最初に挙げました。このラベルはおそらくもっと若い番号があると思います。マトリクスはDR 36987-1R/ DR 36668-1Rです。これ以降全て手書きです。

f:id:jukeboy:20170831214228j:plain

上のLONDONのロゴが黒くなっただけで他の配置は全く同じラベルです。マトリクスはDR 36987-1F/ DR 36668-1Gです。

f:id:jukeboy:20170831214614j:plain

Made in U.S.A.が規格番号の上に、プロデューサー・クレジットが規格番号の下にあります。マトリクスはDR 36987-1J △59774/DR 36668-1K △59775です。

f:id:jukeboy:20170831215039j:plain

上のラベルと配置は同じですが、LONDONのロゴの下にDistrbuted By London Records, Inc.のクレジットがあります。マトリクスも同じでDR 36987-1J △59774/DR 36668-1K △59775です。

f:id:jukeboy:20170831215204j:plain

規格番号の文字のフォントが違います。プロデューサー・クレジットやアレンジのクレジットが全て大文字になっています。左側のマトリクスのクレジットの後にBWというニュー・ジャージー州のBestway Products,Inc.のプレス工場の記号が入った珍しいラベルです。マトリクスもDR 36987 BW/ DR 36668 BWと独自のものです。

f:id:jukeboy:20170831215806j:plain

75年からの規格番号が5N-9808と変わったラベルです。マトリクスはDR 36987-X-1/ DR 36668-X1です。

f:id:jukeboy:20170831220012j:plain

78年からのカラード・サンセット・ラベルです。マトリクスは上と同じでDR 36987-X-1/ DR 36668-X1です。

f:id:jukeboy:20170831220215j:plain

86年からの白ラベルです。マトリクスは5N-9808-A/5N-9808-Bです。

f:id:jukeboy:20170831220316j:plain

この曲はミックのヴォーカルとキースのアコギだけで後はストリングスの演奏が美しいバラードです。エド・サリバン・ショーで二人並んで演奏する映像も観れますね。イギリスでは「19th Nervous Breakdown」のB面扱いでしたが、B面にしておくのはもったいない名曲ですよね! 

ローリング・ストーンズ USA盤シングルGET OFF OF MY CLOUDいろいろ!!

ローリング・ストーンズのアメリカでの8枚目のシングル「Get Off Of My Cloud/I'm Free」です。1965年9月25日に発売され、規格番号は45-9792です。イギリスでは1ヶ月遅れの10月に「The Singer Not The Song」をB面に収録して発売されました。「Satisfaction」に続きビルボードで1位を記録した強力なナンバーです。初期盤にはピクチャー・スリーヴが付けられました。65年頃の危なそうな5人の写真が使われています。右下に規格番号の45-9792とLONDONのロゴが、左下に全部小文字でprodused by andrew loog oldhamのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20170815205050j:plain

裏側です。表と全く同じデザインで上部のレコード取り出し口に切り込みがあります。

f:id:jukeboy:20170815205317j:plain

レコード取り出し口の切り込みの形が角が丸いものと直角のものの2種類あります。印刷所の違いか、年代によってなのかは不明です。

f:id:jukeboy:20170818144002j:plain

ラベルです。オレンジスワルのプロモです。右下にPROMOTIONAL COPYのクレジットがあります。マトリクスは手書きでDR-36651-1B/DR-36652-1B DR-36651-1Bです。B面のマトは間違えたのかB面のマトの横にA面のマトが並んで書かれています。線で修正した跡はありません。

f:id:jukeboy:20170815211244j:plain

ここからレギュラー盤です。文字の配置やフォントがプロモと同じです。マトリクスは手書きでDR 36651-1A/DR 36652-1Aです。これ以降全て手書きです。また、これと同じラベルでDR 36651-1J/DR 36652-1Jのものも確認しました。

f:id:jukeboy:20170815211709j:plain

規格番号の上にMade in U.S.A.があります。規格番号の45とLONの間にハイフンがあります。その下にプロデューサーとエンジニアのクレジットがあります。マトリクスはDR 36551-1E △58799/DR 36652-1E △58799-Xです。

f:id:jukeboy:20170815212139j:plain

上のラベルと文字の配置は同じですが45-LONのハイフンがなく、45 LONとなっています。文字のフォントも違います。マトリクスは上と同じでDR 36551-1E △58799/DR 36652-1E △58799-Xです。

f:id:jukeboy:20170815212532j:plain

上のラベルと同じですが、LONDONのロゴの下にDistributed By London Records, Inc.があります。マトリクスはこちらも同じでDR 36551-1E △58799/DR 36652-1E △58799-Xです。

f:id:jukeboy:20170815213108j:plain

75年頃からの右側の規格番号が5N-9792に変ったラベルです。マトリクスは同じくDR 36551-1E △58799/DR 36652-1E △58799-Xです。

f:id:jukeboy:20170815213425j:plain

規格番号は5N 9792ですが上のラベルと違い、Made in U.S.A.が左側へ移動して、プロデューサーとエンジニアのクレジットがラベルの下部に移動しています。マトリクスはDR 36651-X-1/DR 36652 X-1です。

f:id:jukeboy:20170815213833j:plain

78年からのカラード・サンセット・ラベルです。マトリクスは5N-9792-DR 36651-1A/5N-9792-DR 36652-1Bです。

f:id:jukeboy:20170815214028j:plain

カラード・サンセット・ラベルですが上のラベルより規格番号の文字が小さくMade in U.S.A.が左側から下へ、プロデューサーとエンジニアのクレジットが下から右側へ移動しています。マトリクスは5N-9792-A/5N-9792-Bです。

f:id:jukeboy:20170815214324j:plain

86年からの白いラベルです。マトリクスは5N-9792-A  DR-36651  SABC  1-1/5N-9792-B  DR-36652  SABC  1-1です。SABCというのは文字が読みにくくおそらくそう書かれているとは思いますが正確ではありません。その他両面に機械打ちでMASTERD BY TRUTONEと、手書きでPA 6.86と書かれています。6.86は86年6月という意味かも知れません。

f:id:jukeboy:20170815215215j:plain

レギュラーのマトの末尾がAからEの間があいているのでこの他にもラベルがあると思いますが現在発見できたのはこれだけです。また、プロモも他のシングルは2種類以上あるので他にもあると思います。この曲は何といってもチャーリーのドラムスが勢いがありますね!キースのコードのカッティングとブライアンのメロディーを奏でるギターの絡みもいいです。その演奏をバックに歌うミックの早口のヴォーカルも最高です!キースはこの曲のアンドリューのプロデュースが気に入らなかったそうですが、どこが気に入らなかったのかは不明です。B面の「I'm Free」は途中でリズムが怪しくなる個所がありますがそのまま発売してしまうあたりがストーンズらしいですね!両面共快進撃を続ける時期の名曲だと思います。

ローリング・ストーンズ 珍品!GET YER YA-YA'S OUTのタイ盤EP!!

ローリング・ストーンズのタイ盤『GET YER YA-YA'S OUT』です。LPではなく7インチのEP盤になります。UNITED RECORDSというところから発売され、規格番号はUR-122です。1970年に発売されました。初めて見た時はEPなのでアルバムから4曲くらい収録されているのかな?と思っていましたが、裏ジャケの曲目のところに全曲書いてあります。こりゃ、エディット・ヴァ-ジョンか、USプロモの『SONGS OF THE ROLLING STONES』のようにサンプル的に収録されているかも、と期待して針を落とすと、何と!全曲フル・ヴァージョンで収録されています。イントロのアナウンスやミックのMCなどカットなしで7インチ盤に無理やりアルバム全部の音を詰め込んだこのレコードは溝が狭く、針が飛びまくります。これは物理的に無理でしょうね!日本盤でもLPですが「世界で初めて、1枚に22曲!」なんていうキャッチ・コピーで、A面に『GOT LIVE IF WANT IT』全曲、B面に『GET YER YA-YA'S OUT』から8曲も詰め込んだ編集盤『ライヴ!ローリング・ストーンズ』なんていうアルバムがありましたが、よくこんなもの作ったなっていう感じです。ジャケットは通常のデザインです。他のタイ盤同様やや厚めの紙が使われています。

f:id:jukeboy:20170826201825j:plain

裏ジャケです。通常は一部の写真がカラーになっていますがこちらは全部白黒です。規格番号などのクレジットは一切ありません。

f:id:jukeboy:20170826202042j:plain

曲目のクレジットの部分です。UK盤などと全く同じです。

f:id:jukeboy:20170826202210j:plain

通常のLPと比べてみました。こんなに小さな盤に全曲フルで収録なんて無理な話ですよね(笑)。ちょうど日本盤のモノ・ボックスに入りそうです。

f:id:jukeboy:20170826202329j:plain

ラベルです。タイはTK RECORDSなどいろいろなレーベルから発売されていますが、こちらはUNITED RECORDSです。左側にレーベルのロゴがあります。タイトルはジャケットの下にサブ的に書かれている『The Rolling Stones In Concert』となっています。マトリクスはA/Bです。音源はモノラルで収録されています。

f:id:jukeboy:20170826202846j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20170826202925j:plain

タイではアルバムは独自のベスト盤が1枚出ているだけでオリジナル・アルバムは全く発売されていません。その代わり4曲~6曲入りのEPが独自のジャケットで多数発売されています。しかしこれは珍しくアルバムのジャケットを使い、EPなのに10曲丸ごと収録ということで面白いレコードですね!

ローリング・ストーンズ フランス盤ピクチャー・レコード!!

ローリング・ストーンズのフランス盤ピクチャー・レコードです。規格番号は30 010で1979年に発売されました。おそらくストーンズ初のピクチャー・レコードだと思います。私は80年代にレコード店で初めてこのレコードを見た時にブートレグかと思いました。ジャケットは表側に何も書いてなく丸くくり抜きになって中のレコードが見えるようになっています。タイトルがありませんが、裏ジャケにあるTHE ROLLING STONESがタイトルなのかよくわかりません。

f:id:jukeboy:20170827141142j:plain

裏ジャケです。グループ名と曲目だけのシンプルなデザインです。シングル曲のほかに「Under My Thumb」とチャック・ベリーのカヴァーが2曲入っています。

f:id:jukeboy:20170827141224j:plain

裏ジャケ右上に規格番号30 010とDECCAのロゴがあります。この当時に発売されたフランス盤にはこの場所にGP~とありますが、アルバムによって数字が違うので何の番号かただいま調査中です。

f:id:jukeboy:20170827141338j:plain

下部にオリジナルの音源はイギリスのデッカというようなことが書かれています。

f:id:jukeboy:20170827142052j:plain

下部中央にDISTRIBUE PAR SOFRASON A DIVISION OF THE INTERNATIONAL PELGRMS GROUPと書かれています。SOFRASONというグループ(会社?)によって頒布されたのか作られたのか、おそらくそんな意味だと思います。

f:id:jukeboy:20170829211419j:plain

右下にロゴがありますが何のロゴなのか不明です。

f:id:jukeboy:20170829211933j:plain

ピクチャーレコードのA面です。良く見えるように下に白い紙を敷いています。「Get Off Of My Cloud」と「Satisfaction」は疑似ステです。「Little Queenie」は『GET YER YA-YA'S OUT』からです。マトリクスは手書きで30010A JSI/30010B JSIです。

f:id:jukeboy:20170829212508j:plain

こちらはB面です。「The Last Time」と「Carol」が疑似ステ、「Sympathy For The Devil」が『GET YER YA-YA'S OUT』からのライヴ・ヴァージョンです!

f:id:jukeboy:20170829212701j:plain

レコードのふちに曲目や作者、発売年のクレジットがあります。これはMade in Franceの部分です。

f:id:jukeboy:20170829212834j:plain

フランスの著作権管理団体のSACEMのマークがあります。

f:id:jukeboy:20170829213045j:plain

このアルバムはベストのようで「Carol」などのチャック・ベリーのカヴァーが2曲も入っていて選曲が面白いですね!「Under My Thumb」もフランスでは人気があったのかも知れません。ピクチャーレコードですが音は結構鋭くいい音です。が、何といってもターンテーブルストーンズのメンバーが回っているのがいいですよね~!デッカ時代のフランス独自の編集盤はこれと5枚組ボックス位なので、周りのドイツやオランダ、スペインなどと比べると編集盤の数が極端に少ないですね。後はドイツと同内容の『AROUND AND ARIUND』やオーストラリア盤と同内容の『COLLECTARS ONLY』などがあります。そしてジャケットはオランダ製、レコードはフランス製の『GREATEST HITS』や、その逆でジャケットはフランス製、レコードはベルギー製のファーストの再発盤など他国との共用のレコードが異常に多いですが、当時のオイル・ショックなども関係しているんでしょうか?これらはまた順々に紹介したいと思います。 

ローリング・ストーンズ UK盤 BROWN SUGAR いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUK盤「Brown Sugar」です。B面は「Bicth」と「Let It Rock」で、3曲入りシングルとして1971年4月16日に発売されました。規格番号はRS 19100です。ローリング・ストーンズ・レーベルの第一弾シングルで、説明不要の名曲ですよね!3曲共モノラルで「Brown Sugar」は「イェ~」ではなく「オーライ!」で終わっています。B面2曲目にはアルバム未収録の「Let It Rock」が収録されています。初回盤には専用のピクチャー・スリーヴが付けられました。『STICY FINGERS』のジャケットを持っていますが、ミックとビルが上半身裸、チャーリーが靴下をビルがジーンズをはいていてメンバーの格好がバラバラなのがストーンズらしいですね。ミックとキースは下にちゃんと履いているのか?テイラーのジャケットはどうやって留まっているのか気になりますね(笑)。5人それぞれ単独の全身写真があるので、それを上手く並べたようです!

f:id:jukeboy:20170821204908j:plain

裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20170821204942j:plain

裏ジャケ右上にベロマークがあります。

f:id:jukeboy:20170821205826j:plain

レコード取り出し口の真ん中に規格番号があります。

f:id:jukeboy:20170821205906j:plain

裏ジャケ下部に曲のクレジットがあります。Kinney Record Groupによって配給された事が書かれています。

f:id:jukeboy:20170821210013j:plain

ラベルです。ストーンズ・レーベル専用の黄色いラベルです。右側にベロのロゴ、規格番号とマトリクスのクレジットがあります。面表示やMade in UKなどのクレジットはありません。こちらはセンターホールの穴が小さいソリッド・センターのタイプになります。マトリクスは機械打ちでRS 19100 A1/RS 19100 B1と、手書きでROLLING STONES RECORDSとあります。これは下の全部の盤が同じです。

f:id:jukeboy:20170822204546j:plain

上と同じレベルですが、プッシュ・アウト・センターになります。こちらのプッシュ・アウト・センターの方が後と言われています。マトリクスは同じRS 19100 A1/RS 19100 B1です。

f:id:jukeboy:20170822204853j:plain

ラベルの左側にA PROMOTONE N.V.RECORDとクレジットがあるタイプのソリッド・センターです。マトリクスも同じRS 19100 A1/RS 19100 B1です。後で触れますがA2/B1の謎のマトもあります。

f:id:jukeboy:20170822205702j:plain

上と同じA PROMOTONE N.V.RECORDとクレジットがあるラベルのプッシュ・アウト・センターです。こちらもマトリクスはRS 19100 A1/RS 19100 B1です。

f:id:jukeboy:20170822205851j:plain

B面は2曲収録されているので2曲並んでクレジットされています。「Bitch」はアルバム『STICY FINGERS』から、「Let It Rock」は1971年3月13日リーズでのライヴとクレジットされています。プッシュ・アウト・センターや、A PROMOTONE N.V.RECORDとクレジットがないラベルもこの部分は全く同じです。

f:id:jukeboy:20170822210631j:plain

72年頃になるとストーンズ・レーベル専用のカンパニー・スリーヴが作られます。UK盤のものは柔らかい紙で作られていて上部のレコード取り出し口が波打っています。US盤の方は硬い紙で作られています。

f:id:jukeboy:20170822205152j:plain

また、このシングルは通常はモノラルですが、一部にステレオが収録されているものがあります。マスターを間違えてしまったのかアルバム同様「イェ~」で終わります。マトリクスはRS 19100 A2/RS 19100 B1とA面だけA2に変わっています。B面は変わらずモノラルです。このマトはあまり見かけません。ラベルはA PROMOTONE N.V.RECORDとクレジットがあるソリッド・センターのものです。

f:id:jukeboy:20170822210424j:plain

『STCKY FINGERS』の初回マトはA3/B3で、そのラベルにはA PROMOTONE N.V.RECORDのクレジットがないのでそれを参考にしてラベルを並べてみましたが、このシングルはマトが全部A1/B1なのでどのラベルが最初なのかはっきりしていません。ただ、ソリッド・センターが最初でその後にプッシュ・アウト・センターとしている資料が多いです。ステレオ収録のマトA2の方にA PROMOTONE N.V.RECORDとクレジットがあるのでもしかしたらクレジットがない方が最初だと思いますがこれはあくまでも私の予想です。このシングルから1週間後の4月23日にアルバム『STICKY FINGERS』が発売され、「Brown Sugar」「Bicth」の2曲がステレオで収録されました。「Let It Rock」はスペイン盤にだけステレオで収録されましたね。ストーンズ・レーベル第一弾としてふさわしいシングルだと思います!

ローリング・ストーンズ ドイツ・クラブ・エディション⑩BIG HITS VOLUME 3!!

ローリング・ストーンズのドイツ・クラブ・エディション『BIG HITS VOLUME 3』です。『VOLUME 1』は『BIG HITS』、『VOLUME 2』は『THROUGH THE PAST DARKLY』とベスト盤だったのに対して、『VOLUME 3』は何故か『LET IT BLEED』と同じ内容です。規格番号は66 230 4で、1977年10月に発売されました。発売元はCLUB-SONDERAUFLAGEです。ジャケットは前回と同じデザインで、枠の色が違っています。

f:id:jukeboy:20170819200228j:plain

右上にVOLUME 3があります。

f:id:jukeboy:20170819200357j:plain

右下にDECCAのロゴと、Club-Sonderauflage、S R Internationalのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20170819200709j:plain

裏ジャケです。前回まであった写真がなくなりグループ名と曲目だけのシンプルなデザインです。『LET IT BLEED』の文字はどこにもありません。

f:id:jukeboy:20170819200927j:plain

裏ジャケの右上の部分です。規格番号66 230 4とStereoがあります。

f:id:jukeboy:20170819201024j:plain

裏ジャケ中央下部にDECCAのロゴと、Club-Sonderauflage、S R Internationalのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20170819201151j:plain

ラベルです。ドイツ・デッカの赤ラベルです。左側にSonderauflageとGEMA、マトリクス表示があります。ドイツではオリジナルの『LET IT BLEED』が1970年1月に発売されたためP1970となっています。右側に規格番号の66 230 4と面表示、STEREOがあります。タイトルの表記は『BIG HITS VOL.Ⅲ』となっています。マトリクスはXZAL-9363  6.21417-00-1//6.21417-00-2/1です。A面の6,21417-00-1だけ手書きであとは機械打ちです。A面のXZAL-9363はドイツの『LET IT BLEED』のオリジナル盤のマトと同じです。B面にもこのマトが残っていますが、XXXXXXXと消してあります。A面はおそらく後で気付いて手書きでマトを付け足したと思います。また、その他にA面のマトがXZAL-9363の部分をXXXXXXXと消して、機械打ちで6.21417-00-1/1の盤も確認しました。B面のマトは同じです。XZALの部分が消されて、末尾に1が追加されているのでこちらの方が後期プレスだと思います。ラベルのデザインは同じで全部Munufactured in Germanyの刻印があります。

f:id:jukeboy:20170819202619j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20170819202642j:plain

このレコードはプレス時期が短かったのでラベルの種類はおそらくこれだけだと思います。内容は『LET IT BLEED』ですがジャケットにも、ラベルにもクレジットがないのが面白いですね!名曲揃いで現在でもライヴで演奏している曲ばかりなので重要なレコードですが、オリジナル・アルバムをBIG HITSと言い切るとはチョット意外な感じがしました。一連の『BIG HITS』関連のクラブ・エディション盤はこれで最後になります。この後もまだ何枚か発売されますがドイツのクラブ・エディションの数の多さには驚かされますね!