jukeboy’s diary

ストーンズ大好き人間です。1972年から集めてきたローリング・ストーンズの各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤 FLOWERS モノラル いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUSA盤『FLOWERS』です。今回はモノラルを紹介します。規格番号はLL-3509で1967年7月14日(3日、15日説あり)に発売されました。60年代のUSロンドンでは最後の編集盤になります。『FLOWERS』というタイトルからしていかにも67年のサマー・オブ・ラブに便乗して作られたアルバムで内容も当時のシングル曲やUSA盤では『AFTERMATH』や『BETWEEN THE BUTTONS』に収録しなかった曲等でまとめられています。当時のアメリカでの未発表曲が7曲収録というのも意外ですよね!以前紹介しましたがイギリスでも輸出仕様として作られました。ジャケットは5人の写真を花にたとえています。有名な話ですが、ブライアンには葉が付いていません。ビルにも申し訳程度しか葉が付いていないのも92年に脱退するのをまるで予言していたみたいですね。

f:id:jukeboy:20180911223533j:plain

左下にLONDONのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20180911223652j:plain

下部中央にMONOのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20180911223723j:plain

左下に規格番号のLL 3509があります。全体に余白が多いシンプルなデザインです。

f:id:jukeboy:20180911223827j:plain

裏ジャケです。こちらはメンバーの写真の下に曲目があります。

f:id:jukeboy:20180911223842j:plain

左下にジャケットのデザインを担当したThe Corporate Headのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20180911224005j:plain

下部中央にタイトルのコンセプトを考えたLou-in Adlerのクレジットがあります。このルー・アドラーという人はフラワー・ムーブメントのママス&パパスやバリー・マクガイヤーなどを手掛けた人です。この裏ジャケはモノラル、ステレオ共通なので、両方の規格番号が書かれています。

f:id:jukeboy:20180911224128j:plain

右下にフォトグラファーのガイ・ウェブスターとグラフィック・デザイナーのトム・ウィルクスのクレジットがあります。その下にロンドン・レコードの住所が書かれています。

f:id:jukeboy:20180911224711j:plain

ラベルです。最初はマルーンからいきます。面表示はSIDE ONEと大文字です。リムはありません。マトリクスは手書きでARL 7752-1J  6-22-67/ARL 7753-1J  6-22-67です。マトに日付があるのでこのラベルを最初に挙げました。なお、マトはこれ以降全て手書きです。

f:id:jukeboy:20180913171120j:plain

面表示はSide 1で規格番号と面表示が縦長のフォントとなっています。『FLOWERS』のモノラル盤ではよく見るラベルです。マトリクスはARL 7752-1A/ARL 7753-1Bです。他に-1B/-1Bを確認しました。

f:id:jukeboy:20180913171516j:plain

面表示はside oneと小文字です。made in u.s.a.も小文字となっています。写真では薄い色になってしまいましたが実際はもっと濃い色です。マトリクスはLL-3509  ARL-7752-1N/LL-3509  ARL 7753-1Nです。B面のARLの後のハイフンはありません。

f:id:jukeboy:20180913171857j:plain

ここから赤ラベルです。面表示はside 1です。下部のプロデューサー・クレジットが2行となっています。マトリクスはARL 7752-1F/ARL 7753-1Eです。

f:id:jukeboy:20180913172158j:plain

面表示はside oneと全部小文字です。プロデューサー・クレジットは一行です。マトリクスはARL 7752-1V/ARL 7753-1-Vです。

f:id:jukeboy:20180913172355j:plain

上のラベルと似ていますが、2曲目の「Have You Seen Your Mother~」と3曲目の「Let's Spend The Night Together」が2行に渡ってクレジットされています。また、下部のマトに上のラベルにあったカッコがありません。マトリクスはARL 7752-1M  △10724/ARL 7753-1L  △10724-Xです。

f:id:jukeboy:20180913173018j:plain

これはもう有名ですが、この『FLOWRS』に収録された「Out Of Time」はフェイドアウトが早いショート・ヴァージョンとなっています。5か月前に出た『BETWEEN THE BUTTONS』に「Ruby Tuesday」と「Let's Spend The Night Together」は収録されているので何でまたここに収録されたのか分かりませんが、ベスト的なものを狙ってセールスを期待したんでしょうか?この2曲と「Have You Seen Your Mother~」と「Mothers Little Helper」を外して当時のB面アルバム未収曲の「Sad Day」「Long Long While」「Who's Driving Your Plane?」と未発表曲の「Looking Tired」に入れ替えたらもっとマニアックで面白いレコードとなっていたでしょうね。

ローリング・ストーンズ USA盤シングル WE LOVE YOU/DANDELION いろいろ!!

ローリング・ストーンズアメリカでの15枚目のシングル「We Love You/Dandelion」です。1967年8月18日に発売され、規格番号は45-905です。アメリカではB面の「Dandelion」の方が14位とヒットしてしまったため、アンドリューは急遽両A面扱いとしたようです。このシングル・ヴァージョン(モノラル)は「We Love You」のエンディングに「Dandelion」のコーラスの部分が、「Dandelion」のエンディングに「We Love You」のイントロのピアノの音が小さく収録されています。また、「We Love You」にはプロモだけのエディット・ヴァージョンが存在します。ジャケットはメンバーの写真の下にサイケ調の文字でグループ名のローリング・ストーンズは使われずメンバーのファースト・ネームとタイトルが書かれています。曲名は「Dandelion」の方が上に書かれています。

f:id:jukeboy:20180824141957j:plain

裏側は上部レコード取り出し口に切り込みがあります。左下に各クレジットがあります。

f:id:jukeboy:20180824142218j:plain

クレジットの部分です。ロンドン・レコードの住所とPRINTED IN U.S.A.があります。

f:id:jukeboy:20180824142349j:plain

表裏共に右下にロンドンのロゴと規格番号の45-905があります。

f:id:jukeboy:20180824142519j:plain

ラベルです。最初はオレンジ・スワルのプロモです。左下にPROMOTIONAL COPYのクレジットがあります。右側に45-LON-905、その下に3行に渡ってプロデューサー・クレジットがあります。このプロモ盤だけイントロのピアノが始まった途端すぐにヴォーカルが入ってくるエディット・ヴァージョンが収録されています。このヴァージョンはこのプロモでしか聞くことが出来ません。見分け方はラベルのタイム表記が手書きで3:10と書かれている部分しかありません。マトリクスは手書きでXDR 41128 T2-2A/XDR 41129-1Cです。なお、このシングルのマトは80年代まで全て手書きです。

f:id:jukeboy:20180824213146j:plain

手書きのタイム表記の部分を拡大した写真です。

f:id:jukeboy:20180824213218j:plain

上と同じラベルですが、タイム表記の部分が印刷で4:39となっています。こちらには通常ヴァージョンが収録されています。マトリクスはXDR 41128 T2-1D/XDR 41129-1Dです。

f:id:jukeboy:20180824213954j:plain

上の2枚とは違い、LONDONのロゴの下にDistributed By London Records, Inc.があります。右側の規格番号は45-905で、その上にMade in U.S.A.があります。右下にNOT FOR SALE、左下にPROMOTIONALがあります。プロデューサー・クレジットも下部へ移動しています。マトリクスはXDR 41128 T2-1H/XDR 41129-1Hです。 

f:id:jukeboy:20180824214652j:plain

ここからブルー・スワルのレギュラー盤です。このレコードはマトでは順番が分かりずらいのでラベルから判断して並べてみました。これは最初のプロモと同じ文字の配置のラベルです。タイム表記は4:39と印刷されており、通常のヴァージョンが収録されています。マトリクスはXDR 41128 T2-1D/XDR 41129-1Dです。

f:id:jukeboy:20180824215158j:plain

規格番号は45-905です。その下にタイム表記、プロデューサー・クレジット、アレンジのクレジットがある変則的なラベルです。マトリクスはXDR 41128 T2-SH-3 X/XDR 41129-SH2です。SHというのはプレス工場コードで『HOT ROCKS』のShelley盤で有名なニュー・ヨークのShelley Products, Ltd.のことです。

f:id:jukeboy:20180824215710j:plain

規格番号は45-905です。規格番号の文字が小さく上と比べるとやけにシンプルな印象のラベルです。プロデューサー・クレジットやMade in U.S.A.はグループ名の下に全部まとめられています。左側のマトリクスの末尾にBWがあります。マトリクスはXDR 41128 T2-BW2/XDR 41129-BW-1です。BWというのはプレス工場コードでニュー・ジャージーのBestway Products,Inc.のことです。

f:id:jukeboy:20180824220228j:plain

LONDONのロゴの下にDistributed By London Records, Inc.があります。規格番号は45-905で3番目のプロモと文字の配置が全く同じです。マトリクスはXDR 41128 T2-1G/XDR 41129-1J  △68043-Xです。

f:id:jukeboy:20180824220614j:plain

70年代中期からの規格番号が5N-905へと変わったラベルです。基本的にはブルー・スワルの1番最初のラベルと文字の配置が同じです。マトリクスはXDR 41128 T2-1F/XDR 41129-1Dです。

f:id:jukeboy:20180824220929j:plain

78年からのカラード・サンセット・ラベルです。文字の配置やフォントは上の5N-905のラベルと全く同じです。マトリクスも同じでXDR 41128 T2-1F/XDR 41129-1Dです。

f:id:jukeboy:20180824221341j:plain

上のラベルと比べてタイトルが小さくなり、グループ名が横に広がっています。マトリクスはXDR 41128-1  TRUTONE-Pa-6-81  PRC/XDR 41129-1  TRUTONE-Pa-6-81  PRCです。マトの日付から考えて81年6月にプレスされたものだと思います。ここまで両面の最後に反対側の曲の一部が追加されているシングル・ヴァージョンとなっています。

f:id:jukeboy:20180824221758j:plain

86年以降の白ラベルです。マトリクスは5N-905 B/5N-905 Aで、なんと「Dandelion」側のマトがAとなっています!アメリカでは「Dandelion」の方がヒットしたからA面扱いにしたのか、単なるミスなのかは不明です。このレコードだけ両面共ステレオで普通のヴァージョンが収録されています。

f:id:jukeboy:20180824222057j:plain

この2曲は『サタニック』のセッションで録音されました。「We Love You」は鎖を引きずる音で始まりドアをバターンと閉める音の後にニッキー・ホプキンスのピアノの印象的なフレーズが入ってくるというイントロがサイコーですね!ブライアンのメロトロンがガガッ、ガガッと効果的な音を出しています。ジョンとポールがコーラスに参加しているといわれています。「Dandelion」はブライアンがチェンバロオーボエを担当しているらしいです。記録にはありませんがこちらにもコーラスにジョンとポールが参加していると思います。ポールらしき声が大きく聞こえる個所がありますし、エンディングでミックの声が消えた後で聞こえるコーラスは完全にジョンとポールですよね!ストーンズにしてはメルヘンチックな曲です。2曲共ステージでは演奏した事がありませんが、サイケ期ストーンズのサイコーのシングル盤ですよね!

ローリング・ストーンズ イスラエル盤Diff.カヴァー OUT OF OUR HEADS !!

前回のスペイン盤に続いて、イスラエル盤の別カヴァー『OUT OF OUR HEADS』です。スペインとは逆でイスラエルでは別カヴァー→オリジナル・カヴァーの順で発売されています。1965年に発売され、規格番号はISK 1014です。イスラエル独自のジャケットですが、これって以前紹介したイスラエル盤の『BIG HITS』でも使われていますよね!同じ国で下のタイトルの部分だけ違うっていうのも何だかテキトーな感じですが、レアなジャケットです!ジャケットは表側だけコーティングされています。

f:id:jukeboy:20181002194922j:plain

左上にMONOと、ISK 1014があります。

f:id:jukeboy:20181002195013j:plain

左側中央にPAXのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20181002195202j:plain

裏ジャケです。こちらもイスラエル独自のデザインで、UK盤の『OUT OF OUR HEADS』のジャケットの写真が使われています。フリップバック仕様となっています。アンドリューのライナー、各楽器のクレジット、曲目等はUK盤と全く同じです。

f:id:jukeboy:20181002195239j:plain

右上にMONOとISK 1014があります。

f:id:jukeboy:20181002195712j:plain

裏ジャケ下部中央の部分です。おそらくこのレコードを制作した会社だと思います。

f:id:jukeboy:20181002195759j:plain

その左側にPAXのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20181002200633j:plain

このレコードは同じジャケットでステレオ盤も出ています。モノラルのジャケットの右上にSTEREOのステッカーが貼ってあるだけで、左上はMONO、ISK 1014のままになっています。裏ジャケのMONOの部分もそのままです。音は疑似ステです。

f:id:jukeboy:20181002201034j:plain

ラベルです。モノラルとステレオ共に同じラベルが使われていていてラベルだけでは見分けがつかなく、マトリクスで判断するしかありません!イスラエル盤専用のPAXのラベルが使われています。一番上にMADE IN ISRAELがあります。右側にマトリクスの逆さ文字、ISK. 1014と面表示のSide 1があります。マトリクスはモノラルは機械打ちでARL-6973-8B/ARL-6974-9A、ステレオは機械打ちでZAL-6973-1W/ZAL-6974-1Wです。モノラルとステレオ共にUK盤と同じです。 

f:id:jukeboy:20181002201646j:plain

B面のラベルです。いや、それにしてもモノラルとステレオで同じラベル、同じ番号っていうのも困りますよね~。

f:id:jukeboy:20181002201940j:plain

イスラエルでは最初はイスラエル独自のジャケットが使われていましたが、後にUK盤と同じジャケットに変わります。変わった時期は不明ですが、コーティングされていないのと、裏ジャケのフリップバックがないのでかなり後になってからかも知れません。

f:id:jukeboy:20181002202404j:plain

右上にPAXのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20181002202437j:plain

裏ジャケです。PAXのロゴなど一部が違うだけでUK盤と同じです。

f:id:jukeboy:20181002212621j:plain

右上にSTEREOとISK 1014があります。ステレオになっても規格番号はモノラルで使われていたISK 1014のままです。まあ、ステレオと言っても疑似ステなのでこの辺は曖昧なのかも知れません。

f:id:jukeboy:20181002212735j:plain

右下にPAXのロゴとSTEREO⇔MONOのクレジットと別カヴァーにあった制作会社のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20181002212849j:plain

左下に意味不明のロゴ?があります。

f:id:jukeboy:20181002213030j:plain

ラベルです。PAXのラベルですが、別カヴァーに入っていたレコードのラベルと違いMADE IN ISRAELがPAXのロゴの下に移動しています。右側の規格番号の上にあったマトの逆さ文字がなくなりStereo-Monoのクレジットになっています。マトリクスは機械打ちでZAL-6973-1W/ZAL-6974-1Wです。こちらもUK盤と同じマトです。音もUK盤のステレオと同じ疑似ステです。

f:id:jukeboy:20181002213309j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20181002213327j:plain

モノラルとステレオが同じジャケ、同じラベルなのでジャケに貼られたSTEREOのステッカーとレコードのマトリクスだけでしか判断出来ないのも不便ですが、この別カヴァーはイスラエル独自のもので前回のスペイン盤同様『OUT OF OUR HEADS』の別カヴァーのベストに入りますよね!ジャケットもコーティングされていて、裏ジャケがフリップバック仕様となっていてなかなかいい感じです。日本盤も当時は違うジャケットで出ていましたが、こちらは内容がUSA盤仕様でしたね。イスラエル盤の別カヴァー『BIG HITS』を紹介したのが2016年12月と相当前になってしまいましたが併せて読んで頂けると幸いです。

jukeboy.hatenablog.com

 

ローリング・ストーンズ スペイン盤Diff.カヴァー OUT OF OUR HEADS!!

ローリング・ストーンズのスペイン盤『OUT OF OUR HEADS』です。1972年に発売され、規格番号はLK 4733です。内容はUK盤と同じです。ジャケットは『AFTERMATH』の裏ジャケにあった写真が反転したものです。その後ろにメンバーのアップの写真をコラージュさせたスペイン独自のジャケットです。左上にタイトルとグループ名があり、左下にLK 4733とDECCAのロゴがあります。両面コーティングされています。81年にも再発されていますがジャケットの表側は全く同じです。

f:id:jukeboy:20180904204407j:plain

左上のタイトルとグループ名の部分です。

f:id:jukeboy:20180904204435j:plain

左下に規格番号のLK 4733とDECCAのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20180904204543j:plain

裏ジャケです。TVショーだと思われる初期の演奏シーンの写真が使われています。こちらは72年に発売された方です。

f:id:jukeboy:20180904204656j:plain

81年に再発されたジャケットの裏側です。72年版とは下部のクレジットの部分が微妙に違っています。

f:id:jukeboy:20180924192918j:plain

曲目の部分です。面表示はCARA 1、CARA 2となっています。前回紹介したスペイン盤『No.2』ではスペイン語と英語の表記になっていましたが、こちらは英語表記だけです。

f:id:jukeboy:20180904204753j:plain

左下の部分です。上の72年版のほうはMADE IN SPAINがあります。他のスペイン盤同様発売年が書かれていて、このアルバムにも(1972)のクレジットがあります。下の81年版の方はここが空欄となっておりジャケットにSPAINの文字はありません。

f:id:jukeboy:20180926120101j:plain

曲目の下の部分です。上が72年版です。規格番号とDECCAがあります。その下にDISCOS COLUMBIAのクレジットがあります。下の81年版の方はLK 4661の上に新たな規格番号の63 99 145が追加されています。また、DISCOS COLUMBIAがあった部分が黒く消され、別のクレジットとなっています。その最後に(1981)とあります。

f:id:jukeboy:20180926120244j:plain

72年版のラベルです。オレンジ色のラベルのシルバーの文字です。オープン・デッカとその下にffrrの耳のロゴがあります。右側に規格番号とマトリクスの逆さ文字、下に曲目があります。面表示はありません。タイトルのOUT OF OUR HEADSはなく、THE ROLLING STONESとグループ名のみしか書かれていません。曲名は英語表記です。マトリクスは機械打ちでARL-6973-9B/ARL-6974-9AでUK盤と同じです。

f:id:jukeboy:20180904205352j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180904210002j:plain

81年版のラベルです。青いラベルで白い文字です。規格番号の部分が63 99 145と変わっています。スペイン盤のステレオは途中でボックスト・デッカに変わりましたが、モノラルは80年代になってもオープン・デッカのままなんですね!マトリクスは機械打ちで850 6399145 A 1/850 6399145 B 1です。

f:id:jukeboy:20180924194754j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180924194815j:plain

これまで別カヴァーの『OUT OF OUR HEADS』を取り上げましたが、スペインでは『No.2』と『OUT OF OUR HEADS』の2枚は60年代当時発売されていなかったという資料もあります。これは前回も触れましたが、この前後のスペイン盤のジャケットやレコードの仕様を見てみるとおそらく発売されていたとされる説の方が有力だと思います。ここでオリジナルと思われる『OUT OF OUR HEADS』のスぺイン盤を紹介します。ただ、ジャケ、レコードのラベルにスペインの文字は全くありません。ジャケットです。UK盤と同じデザインです。UK盤では左上にあった規格番号の部分が空欄となっており、右側のDECCAのロゴの上に規格番号があります。スペインではモノラルしか発売されていません。ジャケットは日本盤のペラ・ジャケのような感じです。

f:id:jukeboy:20180909201354j:plain

右上のMono LK 4733の部分です。この文字はスペイン盤独自のものです。

f:id:jukeboy:20180909202120j:plain

裏ジャケです。基本的にはUK盤と同じデザインです。左側のレコード取り出し口中央が丸くカットされています。この丸くカットされたジャケットは『No.2』『OUT OF OUR HEADS』『AFTERMATH』『FLOWERS』などで確認しました。

f:id:jukeboy:20180909202228j:plain

右上にMONO LK 4733があります。

f:id:jukeboy:20180909202450j:plain

右下のDECCAのロゴの下にImpreso per COLUMBIA. S.A. -Sn. Sn. -Mayo 1966とあります。Made in Speinなどの文字が無く、ここにCOLUMBIAとあるのでコロンビア盤かな?と思いますが、これはコロンビア印刷という会社のことでコロンビア盤ではありません。紛らわしいですが前回書いたようにコロンビア盤はDECCAではなくLONDONレーベルです。ここに1966とクレジットがあるのでイギリスより遅れて66年に発売されたのでは?と思います。

f:id:jukeboy:20180909202521j:plain

ラベルです。オープン・デッカでオレンジ色に黒文字のラベルです。これはスペイン盤のオリジナル盤のラベルになります。66年以前はリムにFABRICADO EN ESPANAとありますが、写真のものは66年の途中から72年まで使われたリムにDISCOS COLUMBIAとあるタイプです。72年以降は文字の色がシルバーになってしまうのでこちらがオリジナルだと思います。マトリクスは機械打ちでLCCI 646/LCCI 647です。レコード盤は分厚くてずっしりと重いです。

f:id:jukeboy:20180909203921j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180909204017j:plain

前回『No.2』ではこの黒文字のラベルが確認できなかったので発売時期の結論が出ませんでしたが、この『OUT OF OUR HEADS』では60年代の黒文字のラベルを発見したので前回疑問が残った『No.2』と『OUT OF OUR HEADS』のオリジナル・ジャケットは60年代には出ていたと思います。別カヴァーに戻りますが、このジャケットは独自のデザインでホントカッコいいですよね!派手なミックと比べてキースとビルは黒い洋服で何だか危ない奴らみたいな感じだし、チャーリーのとぼけた表情も面白いです。裏ジャケの演奏シーンもカッコいいですね!80年代になってもまだコーティングしてあるジャケットも趣があるし、印刷も奇麗で流石スペイン盤といった感じです!

ローリング・ストーンズ スペイン盤Diff.カヴァー No.2!!

ローリング・ストーンズのスペイン盤『No.2』です。1972年に発売され、規格番号はLK4661です。スペインでは『No.2』と『OUT OF OUR HEADS』は60年代には発売されていなかったという説がありますが、これは後で触れるとしてここではこの別カヴァーの『No.2』を取り上げます。ジャケットのデザインは無機質なもので、タイトルもNo.2としましたがTHE ROLLING STONESのみです。スペインではファーストもTHE ROLLING STONESで発売されているのでファーストとの区別はしなかったんですかね?また、このアルバムはモノラルしか発売されていません。

f:id:jukeboy:20180926103110j:plain

右下に規格番号のLK 4661とDECCAのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20180926103155j:plain

裏ジャケです。曲目と文字だけのシンプルなデザインです。No.2の文字はどこにもなくただのTHE ROLLING STONESとして発売されたようです。

f:id:jukeboy:20180926103239j:plain

曲目の部分です。スペイン語のタイトルの下に英語表記があります。曲目はUK盤の『No.2』と同じです。面表示はCARA 1/CARA2となっています。 

f:id:jukeboy:20180926103617j:plain

下部中央にDISCOS COLUMBIAのクレジットがあります。このDISCOS COLUMBIAは1935年に説立されたスペインでの配給元の会社名です。スペイン盤の裏ジャケによくMadridとあるのはこの会社がマドリードにあるからです。60年代前半のスペイン盤はジャケットやラベルにMade in Spain等のクレジットがなく、裏ジャケやラベルのリムにこのDISCOS COLUMBIAの文字があるのためよくレコード店でスペイン盤をコロンビア盤と称して売っているのはこのせいで、南米のコロンビアとは何の関係もありません。ちなみにコロンビア盤のレーベルはDECCAではなく、LONDONなのですぐに判別出来ます。

f:id:jukeboy:20180926103824j:plain

右下にAvada, Amorica, s/n-Madorid(1972)のクレジットがあります。スペイン盤はここに発売年が書かれているので同じタイトルでもオリジナルか再発かプレス時期が判断できます。

f:id:jukeboy:20180926104404j:plain

左下にMADE IN SPAINがあります。

f:id:jukeboy:20180926104800j:plain

ラベルです。オレンジ色にシルバーの文字のモノラル盤のラベルです。スペインではステレオは途中からボックスト・デッカに変わりましたが、モノラルは後期のプレスでもオープン・デッカのままだと思います。ここでもタイトルはTHE ROLLING STONESとなっておりNo.2の文字はどこにもありません。右側にLK 4661とマトリクスの逆さ文字があります。曲目はスペイン語表記のみとなっています。MADE IN SPAINのクレジットはどこにもなくリムにDISCOS COLUMBLAのクレジットがあります。マトリクスは機械打ちでXARL-6619-1A/XARL-6620-1Aです。このマトはUK盤と同じです。

f:id:jukeboy:20180926110148j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20180926110208j:plain

スペインではオリジナル・ジャケットの『No.2』と『OUT OF OUR HEADS』はリアルタイムでは発売されず、77年に2枚まとめてオリジナルのジャケットで発売されたとあります。ただ、このジャケットの仕様がスペイン・オリジナル盤の『AFTERMATH』や『FLOWERS』などと全く同じなので謎は残りますが、このアルバムでは当時のスペイン・モノラル盤のオレンジ色に黒文字のラベルのものは確認できなかったので結論は後にまわします。ジャケットの表側はUK盤の『No.2』と同じです。

f:id:jukeboy:20180926112109j:plain

左上のモノラルと規格番号の文字はUK盤とは違いスペイン独自のものです。

f:id:jukeboy:20180926112218j:plain

裏ジャケです。こちらもスペイン独自のデザインとなっています。ここでもNo.2の文字はありません。

f:id:jukeboy:20180926112310j:plain

右上にLK 4661とあります。

f:id:jukeboy:20180926112444j:plain

曲目の部分です。タイトルはスペイン語で書かれています。その後に英語表記があります。面表示はCara primera/Cara segundaとなっています。また、レコード取り出し口が丸くカットされていますが、初期のスペイン盤は他のタイトルもこうなっているのでこのアルバムの発売時期が謎となっています。

f:id:jukeboy:20180926112701j:plain

下部中央に配給元のDiscos COLUMBIAのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20180926113131j:plain

右下にDECCAのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20180926113238j:plain

左下にTHE DECCA RECORD COMPANY LIMITED, LONDONのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20180926113359j:plain

このアルバムのラベルは上のDiff.カヴァーのものと全く同じです。これが60年代のオレンジ色に黒文字のラベルだったらリアルタイムでの発売と確証出来るのですが…。これは他のスペイン盤の時にまた触れます。いや、しかしこの72年に発売された無機質なジャケットは何を意味しているのか理解に苦しみますね(笑)。ドイツの石ころだけのジャケットだったらストーンズと関係ありますが、これは面白いジャケットです。また、タイトルもなんで『No.2』にしなかったのかも謎です。スペイン盤は表は各国と同じでも裏ジャケが独自のものも多いのでまたの機会に紹介します。