ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤 HOT ROCKS いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUSA盤『HOT ROCKS』です。アメリカ独自(カナダ盤もあります)の2枚組の編集盤で、1971年12月20日に発売されました。規格番号は2PS 606/607です。ジャケットはストーンズのメンバーの横顔のシルエットが使われています。収録曲はブライアン時代の曲が殆どですがブライアンの写真は使われず、外側からミック、ビル、テイラー、チャーリー、キースの横顔のシルエットが重ねられています。ジャケットは見開きで表側にはグループ名やタイトルなどはありません。一部の盤には上部に写真のような曲目ステッカーが付けられています。

f:id:jukeboy:20200319154034j:plain

裏ジャケです。こちらはブライアンがいた頃の写真が使われています。下部にグループ名、タイトル、曲目などのクレジットがあります。曲目は収録順ではありません。

f:id:jukeboy:20200319154240j:plain

曲目の下にLONDONのロゴとABKCOのクレジット、住所があります。

f:id:jukeboy:20200319154424j:plain

右下に小さくQUEENS LITHO IN U.S.A.があります。

f:id:jukeboy:20200319154454j:plain

見開きの内側です。いろいろな年代のストーンズの写真がちりばめられています。

f:id:jukeboy:20200319155334j:plain

見開きの左側のページの左下に規格番号の2PS 606/7があります。

f:id:jukeboy:20200319155441j:plain

一部の盤にはアブコのレコードが載っている211 reasons whyというカタログが封入されています。

f:id:jukeboy:20200423113614j:plain

カタログの裏側です。

f:id:jukeboy:20200423113749j:plain

ラベルです。最初はShelly盤と呼ばれるニューヨークのShelley Products, Ltd.製です。以前も紹介しましたがこのラベルには「Brown Sugar」と「Wild Horses」のデモ別ミックスが収録されていました。D面のラベルは以前載せましたのでここではA面のラベルを載せておきます。左側にSTEREOと2PS 606が、右側にSIDE ONEとマトリクスがあります。マトリックスの最後にSHがあります。曲目は最初に発売年、曲名、作者、タイムに順に表記されています。一番下にMunufactured by Abkco Records Inc.があります。マトリクスは手書きでXZAL 11015/XZAL 11016/XZAL 11017 ③/XZAL 11018  11/18/71です。D面だけ日付があります。全部の面にSTERLINGの刻印があります。これ以降のラベルで指摘が無い場合は全てのラベルでマトは手書きで、STERLINGの刻印があります。 

f:id:jukeboy:20200319184637j:plain

左側に2PS 6060とMade in U.S.A.が、右側にマトとSIDE ONEがあります。マトの最後にALがあります。これはペンシルバニア州のAllentown Record Co.製です。ラベルの色は鮮やかな青です。マトリクスはXZAL 11015 AL/XZAL 11016 AL/XZAL 11017 AL/XZAL 11018  12-3-71  ALです。D面だけ日付が入っています。

f:id:jukeboy:20200319185920j:plain

右側に縦長のフォントの2PS 606とSIDE ONEがあります。曲目は左揃いです。マトとMade in U.S.A.はラベルの下部にあります。マトの最後にPが付いています。これはニュー・ジャージー州のコロンビアの工場の事です。マトリクスはXZAL 11015/ZXAL 11016/XZAL 11017/XZAL 11018 GLです。A面からC面は枝番がありません。

f:id:jukeboy:20200319191128j:plain

 右側に2PS 606とSIDE 1があります。下部のマトの最後にBWがあります。これはニュー・ジャージー州のBestway Products,Inc.製です。リムはありません。マトリクスはXZAL 11015 BEST ①/XZAL 11016 BEST ②/XZAL 11017 BEST ③/XZAL 11018 GL BESTです。

f:id:jukeboy:20200319191951j:plain

右側に太い文字で2PS 606とSIDE ONEがあります。ラベルの色は鮮やかな青です。リムはありません。マトの最後にWがあります。これはカリフォルニア州のH.V. Waddell製です。マトリクスはXZAL 11015-W ②/XZAL 11016-W ②/XZAL 11017-W ②/XZAL 11018 GL-W ①です。

f:id:jukeboy:20200320184555j:plain

上と同じ文字の配置ですが、リムがあります。レコードの溝からこちらを後期と判断しました。こちらもカリフォルニア州のH.V. Waddell製です。マトリクスはXZAL 11015-W ②/XZAL 11016-W ②/XZAL 11017-W ①/XZAL 11018 GL-W②です。2枚目のマトの枝番が上のマトと逆となっています。

f:id:jukeboy:20200320184434j:plain

左側に2PS 606が、右側にSIDE ONEがあります。曲目は左揃いとなっています。ラベルの色は濃い青です。マトの最後にTHがあります。これはインディアナ州のColumbiaの工場の事です。マトリクスはXZAL 11015-1/XZAL 11016-2/XZAL 11017-1/XZAL 11018-GLです。他に後期型のマトで枝番が-4/-4/-5/-6でABC面の頭にT1が、D面だけT2のものを確認しました。また、こちらのラベルの色は普通の青です。

f:id:jukeboy:20200320185655j:plain

薄い青のラベルで画像では判断しずらいですが左側に2PS 606とXZAL 11015 PHが、左側に小文字でside oneがあります。マトの後のPHはインディアナ州のPRC Recording Corp.製です。この工場は以前のPhilipsの工場です。マトリクスはXZAL 11015-1/XZAL 11016-1/XZAL 11017-2/XZAL 11018-GLです。

f:id:jukeboy:20200320190334j:plain

右側にSIDE ONEと2PS 606があります。黒っぽい濃い青です。プレス工場コードはMですが、どこの工場なのか不明です。ご存知の方がいらっしゃいましたらご連絡願います。マトリクスはXZAL 11015 ① △16598(1)/XZAL 11016 ② △16598-X(4)/XZAL 11017 ① △16599(3)/XZAL 11018-RE GL  △16599-X(5)です。

f:id:jukeboy:20200320190847j:plain

薄い青で画像では判断しずらいですが、左側に2PS 606とXZAL11015 CJが、右側に小文字でside oneがあります。レコードの溝から後期のプレスと判断しました。CJというのはプレス工場コードなんですがどこの工場なのか不明です。マトリクスはImp⇔XZAL 11015-1-11//D-1⇔XZAL 11016 RE-1 P CR 10/81//C-3⇔XZAL 11017 P CR 9/81//Imp⇔XZAL 11018 PS 606・7-D-3-1 PRCです。B面とC面にそれぞれ10/81、9/81と日付があります。この日付の間にスラッシュがあるので各面の境は//です。またこのレコードだけSTERLINGの刻印はありません。

f:id:jukeboy:20200320192127j:plain

「Brown Sugar」と「Wild Horses」の2曲はスト-ンズ・レーベルの曲ですが、この2曲を録音したときはストーンズがまだデッカに所属していた時の録音というメチャクチャな理由でここへ収録されたそうです。最初にも書きましたがこの2曲は最初ラフ・ミックスが収録されていました。これは以前ブログで紹介しましたので最後にURLを書いておきます。アメリカの編集盤らしくアメリカ初のベスト10圏内に入ったヒット曲「Time Is On My Side」から始まっています。また、B面曲の「Play With Fire」が入っていますが、この曲はUSA盤の『BIG HITS』にも収録されていたのでアメリカでは人気があったんでしょうか?あとアルバムからは「Under My Thumb」が収録され、「Midnight Rambler」は『GET YER YA-YA'S OUT』のライヴ・ヴァージョンです。その他はシングル曲が収録されており60年代のストーンズを振り返るのは格好のアルバムだと思います。「Brown Sugar」と「Wild Horses」のラフミックスについては以前のブログで取り上げていますのでよろしかったらご覧になってください。↓

jukeboy.hatenablog.com

ROLLING STONES フランス盤 AFTERMATH いろいろ!!

ローリング・ストーンズのフランス盤『AFTERMATH』です。曲目はUK仕様で、フランスではこのアルバムから初めてステレオが登場しました。1966年5月に発売され、規格番号はモノラルが158.021 S、ステレオが258.021 Sです。ジャケットのデザインはUK盤と同じで、表側だけコーティングされています。日本盤のいわゆるぺらジャケのような感じです。

f:id:jukeboy:20200213170342j:plain

右上に規格番号があります。上がモノラル、下がステレオです。モノラルは158で始まり、ステレオは258で始まっています。ステレオは番号の左側にSTEREOのクレジットがあります。モノラルは今までのフランス盤同様MONOのクレジットはありません。

f:id:jukeboy:20200213170404j:plain

左下にDECCAのロゴがあります。上がモノラル、下がステレオです。ステレオの方はよく見るとロゴの中にStereoの文字が組み込まれています。これってフランス盤独自の斬新なデザインですよね!

f:id:jukeboy:20200213170519j:plain

裏ジャケです。こちらも写真、解説などのクレジットはUK盤と同じです。上下フリップバック仕様となっています。

f:id:jukeboy:20200213170723j:plain

モノラル盤の右下の部分です。DECCAのロゴの上に規格番号の158.021 Sがあります。MONOの文字は何処にもなくこの番号で判断するしかありません。ロゴの下にMade in Franceがあります。

f:id:jukeboy:20200213170905j:plain

ステレオ盤の右下の部分です。表側同様DECCAのロゴの中にStereoの文字があります。ロゴの上に規格番号の258.021 Sが、下にMade in Franceがあります。

f:id:jukeboy:20200213171725j:plain

ラベルです。こちらはフランス・デッカのモノラル用の黒ラベルになります。上部に6角形の枠のデッカのロゴがあります。リムの上部にMADE IN FRANCEがあります。タイトル表記はAFTER-MATHと途中でハイフンが入っています。右側にマトリクスと規格番号、面表記があります。面表記はFace 1/Face 2です。曲目はMothers little helperのように最初の一文字のみ大文字となっています。また、作者クレジットはK. Richard-M. Jaggerとキースが先にクレジットされています。マトリクスは機械打ちでXARL 1209 C1/XARL 1210 C2です。レコードは厚くしっかりとした造りです。

f:id:jukeboy:20200213171212j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200213171232j:plain

『AFTERMATH』で初めて登場したステレオ用の黒ラベルです。オープン・デッカで中央の枠の中にSTEREOPHONIQUEと書かれています。デッカのロゴの上に小さくMADE IN FRANCEがあります。右側に規格番号と面表記があります。面表記はFace 1/Face 2です。モノラル盤同様タイトルの途中にハイフンが入っています。曲名も最初の一文字のみ大文字となっています。作者クレジットもキースが先になっています。マトリクスは機械打ちでC-ZAL 7209 R3 +△/C-ZAL 7210 R3 +△です。レコードは厚くしっかりとした造りです。

f:id:jukeboy:20200213171800j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200213172015j:plain

こちらは70年代のステレオのラベルです。薄い黒になっています。デッカのロゴの下はFULL FREQUENCY STEREOPONIC SOUNDとなっています。MADE IN FRANCEは一番下へ移動しています。おそらくこの頃になるとモノラルの生産は終わっていると思います。タイトルのハイフンや作者クレジットがキースが先になっているのも今までと変わりありません。マトリクスは機械打ちでC-ZAL 7209 R3 +△/C-ZAL 7210 R3 +△と上のオリジナル盤と同じマトです。このレコードのジャケットはオリジナル盤と同じですが、裏ジャケのフリップバックがなくなっています。発売日を表すクレジットは11-71となっています。また、レコードはオリジナル盤に比べやや薄くなっています。

f:id:jukeboy:20200213171323j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200213171556j:plain

音はモノラル、ステレオ共にUK盤と同じ音圧、音質でしっかりした音が楽しめます。フランスではファーストから前作の『OUT OF OUR HEADS』までモノラルのみの発売で疑似ステでの発売はありませんでした。他国のように変な疑似ステを発売しなかったのは潔いような気がします。そしてこのアルバムで初めてリアル・ステレオが登場しましたが、ジャケットのDECCAのロゴの中にSTEREOの文字を組み込むアイデアはよく考えたな、と思います。逆に考えるとモノラルはジャケットのどこにもMONOとクレジットが無いのでこのモノラル盤だけ見ているとモノラルなのかステレオなのかわからないような気もしますね(笑)。フランス盤の『AFTERMATH』はジャケットもコーティングされていて美しく、音もいいのでオススメです!

ローリング・ストーンズ フランス盤 OUT OF OUR HEADS!! 

ローリング・ストーンズのフランスでの4枚目のアルバム『OUT OF OUR HEADS』です。1965年10月に発売され、規格番号は158.015 Sです。USA盤と同じ内容で、フランスではモノラルのみ発売されました。ジャケットは表側だけコーティングされており、写真もUSA盤よりも明るく鮮明な感じです。以前紹介したドイツ盤同様写真の周りに白い枠があり、その枠にはクレジット等はなく、フランス盤は写真の右上のデッカのロゴの上に規格番号があります。

f:id:jukeboy:20200210202857j:plain

左上にDECCAのロゴと規格番号があります。

f:id:jukeboy:20200210202937j:plain

裏ジャケです。こちらはフランス独自のデザインとなっています。フリップバック仕様で、中央に大きく青い文字でグループ名があり、右上に曲目、下にそれまでフランスで発売された3枚のレコードが載っています。曲目はThe last timeのように最初の一文字だけ大文字表記となっています。レコードの広告ですが、『No.3』というタイトルの3枚目のレコードはここでは何故か『EVERYBODY NEEDS SOMEBODY TO LOVE』というタイトル表記となっています。

f:id:jukeboy:20200210203131j:plain

左上に規格番号があります。こちらには表側にあった末尾のSがありません。

f:id:jukeboy:20200210203316j:plain

右下にDECCAのロゴとMade in Franceがあります。青いデッカのロゴがいかにもフランスって感じですね!フランス盤はこの部分に発売された日付が書かれており、オリジナルか再販か分かります。ここでは10-65となっています。このアルバムはフランスでの発売が7月説もありますが、Discogsでは10-65をオリジナルとしており、65年10月発売説が正しいと思います。(何度もこのアルバムを見ていますが、7-65は見た事がありません。)

f:id:jukeboy:20200210203422j:plain

左下にフォトグラファーのDavid Baileyのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20200210203544j:plain

ラベルです。八角形の枠のDECCAのモノラル専用の黒ラベルです。リム上部にMADE IN FRANCEがあります。右側にマトと規格番号、面表記があります。面表記はFACE 1/FACE 2です。下部にタイトル、曲目、グループ名があります。プロデューサー・クレジット等はありません。曲目は曲名、作者、タイム表記の順になっています。マトリクスは機械打ちでARL 6791 B1/ARL 6792 B1です。

f:id:jukeboy:20200210203836j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200210203854j:plain

フランスではこれまでUK仕様で発売されてきましたがこのアルバムはUSA仕様となっています。これは隣国のドイツでも同じパターンで発売されており、UK仕様だとヒット曲が入ってなく結構地味と判断したんでしょうか?結構各国盤を見るとUSA仕様で発売された国が多いですよね!音質はUSA盤のモノラルと比べるとやや音圧が低く、迫って来るような感じがありません。また、USA盤より低音が弱いですがその分高音がきれいな感じです。フランス盤は裏ジャケが独自のデザインでちょうどTHE ROLLING STONESという文字がファーストの裏ジャケに似ていますね!また、青い文字というのもフランスらしくていいですね。

ローリング・ストーンズ イスラエル盤 THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST いろいろ!!

ローリング・ストーンズイスラエル盤『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST』です。以前各国盤別ジャケの時にジャケットだけ紹介しましたが、イスラエル盤はジャケ、ラベルそれぞれ2種類づつ存在するので今回はまとめて紹介します。イスラエル盤は1967年12月に発売され、規格番号はISK 1034です。ジャケットはイスラエル独自のデザインで、写真の周りのカラフルな部分はUSA盤シングルの「She's A Ranbow」でも使われていましたね!シングル・ジャケで初期盤は表裏コーティングされています。上部にグループ名とタイトルがあります。その下に曲目がありますが何故か「2000 Man」が欠落しています。

f:id:jukeboy:20200607134856j:plain

左下にイスラエルの配給元のPAXのロゴと規格番号があります。

f:id:jukeboy:20200607135306j:plain

左下におそらくイスラエルの印刷会社と思われるクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20200607135815j:plain

曲目の部分です。上が初期盤、下が後期盤です。初期盤は「2000 Light Years From Home」のタイトルを「200 Light Years」とミスっています。200光年と2000光年では相当距離が違ってしまいますね(笑)。後期盤は「2000」と修正されており、2000の文字はタイプで打ったような不自然な活字になっています。また最初にも書きましたが、前期盤、後期盤共に「In Another Land」の後の「2000 Man」が欠落しています。

f:id:jukeboy:20200622194129j:plain

初期盤は灰色っぽい青で、後期盤は鮮やかな青です。最初は色褪せか印刷の加減かと思いましたが、裏ジャケの色も違うのでおそらく元々こういう色合いだったと思います。左が初期盤、右が後期盤です。並べると違いが良く分かります。

f:id:jukeboy:20200607140446j:plain

裏ジャケです。こちらは初期盤です。他国盤の見開きの内側にあったデザインが使われています。カラーで色合いもそのまま使われています。

f:id:jukeboy:20200607140626j:plain

こちらは後期盤の裏ジャケです。上と同じデザインですがカラーではなくセピア色一色となっています。右下に初期盤になかったPAXのロゴとSTEREO⇔MONOなどのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20200607140858j:plain

右下のPAXのロゴの部分です。

f:id:jukeboy:20200607140836j:plain

ラベルです。イスラエルPAXの赤ラベルです。こちらは初期盤のラベルです。上部にPAXのロゴがあります。その上にMADE IN ISRAELがあります。右側にISK.1034と面表記Side 1があります。ジャケットでは欠落していた「2000 Man」は無事クレジットされています。音はステレオです。マトリクスは機械打ちでZAL-8126-T2-6K/ZAL-8127-T2-4Kです。これはUK盤のステレオと同じマトです。

f:id:jukeboy:20200607141128j:plain

B面のラベルです。ジャケットで「200 Light Years」となっていましたが、ここではちゃんと「2000 Light Years」となっています。

f:id:jukeboy:20200607141345j:plain

後期型のラベルです。こちらはラベルの色がマルーンになっています。PAXの上にあったMADE IN ISRAELのクレジットがありません。その他の文字の配置は上とほぼ同じですが規格番号の上にStereo-Monoが加わっています。Monoとありますが全曲ステレオです。マトリクスは機械打ちでZAL-8126-T2-6K/ZAL-8127-T2-4Kです。

f:id:jukeboy:20200607141548j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200607141821j:plain

前回の『AFTERMATH』もそうでしたがイスラエル盤にはStereo-Monoとクレジットがあり、モノラルだったり、このタイトルのようにステレオだったりします。なんで両方書かれているのかは謎ですが、当時のイスラエルではステレオがどんなものか理解していなかったとさえ思ってしまいます。サタニックの別ジャケは南アフリカやメキシコなどがありますが、このイスラエル盤は表側がストーンズの写真を使いその周りをサイケ調の色彩でさらに青い枠にタイトルや曲目、そして裏ジャケは内ジャケにあったサイケなデザインをそのまま使っているという、別ジャケ大賞のようなデザインで気に入っています。

ローリング・ストーンズ イスラエル盤 Diff.カヴァー AFTERMATH !! 

ローリング・ストーンズイスラエル盤『AFTERMATH』です。3年前、各国盤別ジャケの時にジャケットだけ紹介しましたが、今回は裏ジャケ、ラベル等も紹介します。イスラエルでは1966年夏頃に発売され、規格番号はISK 1016です。イスラエルでの販売元はPAX Recordsという会社です。ジャケットはイスラエル独自のデザインで初期のテレビ・ショーの写真が使われています。この写真は「Get Off Of My Cloud」と「She Said Yeah」を演奏中のもので映像でも見ることがことが出来ますね!ビルのいる場所がいつもと違っているのは右側の1本のマイクでキースとビルがコーラスをとっているからです。上にタイトルのAFTER-MATHとグループ名があります。タイトルが改行されていないのに途中にハイフンが入っていて面白いですよね!左下にPAXのロゴがあります。ジャケットは表側だけコーティングされています。音源はモノラルのみです。後で触れますがイスラエルでは後年UK盤と同じジャケットでも発売されています。

f:id:jukeboy:20200518211822j:plain

左下にPAXのロゴと規格番号があります。

f:id:jukeboy:20200518212702j:plain

裏ジャケです。フリップバック仕様となっており、写真や解説、曲目等の配置はUK盤と同じです。

f:id:jukeboy:20200518212916j:plain

右上にMONOとISK-1016があります。

f:id:jukeboy:20200518212956j:plain

右下にPAXのロゴがあります。DECCAのロゴはジャケ、ラベルのどこにもありません。

f:id:jukeboy:20200518213103j:plain

裏ジャケ下部中央にこのレコードを制作したと思われるPRODUCT OF SYMPHONIA (WHOLESALE) LTD., TEL-AVIVとクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20200518213319j:plain

ラベルです。イスラエルPAXの赤いラベルです。上部に大きくPAX、その上にMADE IN ISRAELとあります。右側にISK. 1016とSide 1があります。UK盤同様グループ名の下にメンバー5人の名前が書いてあります。マトリクスは機械打ちでXARL-7209-1B/XARL-7210-1Aです。これはUKモノラル盤と同じマトです。

f:id:jukeboy:20200518213402j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200518213812j:plain

イスラエルでは後年UK盤と同じジャケットで発売されています。時期は不明ですがジャケット表側にコーティングはなく、裏ジャケはフリップバック仕様ではない等、ジャケットの作りを見るとかなり後の発売だと思います。左下にPAXのロゴがあるのでここでイスラエル盤だと分かります。

f:id:jukeboy:20200518214021j:plain

PAXのロゴの部分です。オリジナル盤にあった規格番号はなくなっています。

f:id:jukeboy:20200518214103j:plain

裏ジャケです。フリップバック仕様ではなくなっています。細部のクレジット以外はオリジナルと同じです。

f:id:jukeboy:20200518214155j:plain

右上の部分です。オリジナル盤にあったMONOはなくなり規格番号だけとなっています。

f:id:jukeboy:20200518214341j:plain

右上のPAXのロゴの部分です。ロゴの左側にSTEREO⇔MONOとあります。これってもしや曲によってはステレオやモノラルなのか?と期待しましたがモノラルのみです。イスラエル盤の『BIG HITS』や他のアルバムでもステレオとクレジットされているのにモノラルだった、またはその逆でモノラルとクレジットされているのにステレオだったというタイトルが多いですね!この辺はかなりいい加減です(笑)。PAXのロゴの下にイスラエル語のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20200518214707j:plain

ラベルです。PAXの赤ラベルで基本的には上のラベルと同じですが、MADE IN ISRAELがPAXのロゴの下へ移動しています。右側の規格番号の上にStereo-Monoとあります。マトリクスは上と同じく機械打ちでXARL-7209-1B/XARL-7210-1Aです。先にも書きましたがステレオのクレジットもありますがモノラルです。

f:id:jukeboy:20200518214751j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200518215115j:plain

ステレオとあるのに実際はモノラルというのがイスラエル盤らしいです。音はUKモノラル盤と比べると音圧が低く、ややこもった感じです。しかし何といってもイスラエル盤は独自のジャケットがいいですね!初期のストーンズの貴重な演奏シーンを使っているところが何とも言えません。この写真はメンバー全員が躍動感があっていいと思います。イスラエルでは以前も『BIG HITS』や『OUT OF OUR HEADS』などを紹介しましたが、独自のジャケットで発売されているのが特徴です。次回はこれもまたイスラエル独自のジャケットで発売された『サタニック・マジェスティーズ』を紹介します。