読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズを中心にいろいろな珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ RIDE 'EM ON DOWN 10インチ・シングルEU盤とUSA盤!!

ローリング・ストーンズの11年振りのアルバム『BLUE & LONESOME』に先駆けて2016年11月25日にRECORD STORE DAYのBLACK FRIDAYとして「Ride 'Em On Down」の10インチ盤がリリースされました。3000枚限定だそうですが、EU盤とUSA盤があるので各3000枚なのかは不明です。ジャケットのデザインはEU盤、USA盤共に同じですが、双方を比べるとジャケットの色合いが微妙に違います。真ん中がくり抜かれていてそこからレコードのラベルが見えるジャケットです。

f:id:jukeboy:20161222115445j:plain

裏ジャケです。左上に曲名とメンバーの担当楽器、プロデューサー・クレジットなどがあります。左下に国名、規格番号などがあります。

f:id:jukeboy:20161222120727j:plain

EU盤とUSA盤を比べてみるとEU盤が鮮やかな青、USA盤は少し色が薄くくすんだような感じでタイトルもやや薄くなっています。左がUSA盤、右がEU盤です。

f:id:jukeboy:20161222121627j:plain

裏ジャケの左上の部分です。クレジットはEU盤、USA盤共に全く同じです。

f:id:jukeboy:20161222120840j:plain

裏ジャケの左下です。上がEU盤、下がUSA盤です。規格番号はEU盤が571 775-2、USA盤がB0025827-11です。USA盤の方はベロ・マークとポリドールのロゴの他にINTERSCOPE RECORDSと書かれた長方形のロゴがあります。

f:id:jukeboy:20161222120952j:plain

レコードはEU盤、USA盤共にブルー・ビニールです。

f:id:jukeboy:20161222121825j:plain

ラベルです。ジャケットで表側に向いていた青いベロのデザインです。こちらの面には曲は収録されていません。

f:id:jukeboy:20161222122130j:plain

反対側のラベルです。こちらはEU盤です。グループ名、曲名だけのシンプルなデザインでリムが2行に渡ってクレジットされています。マトリクスは手書きで5717752Aです。

f:id:jukeboy:20161222123111j:plain

USA盤のラベルです。ベロ・マークとポリドールのロゴの他にINTERSCOPE RECORDSと書かれたロゴがあります。こちらはリムが1行です。マトリクスは手書きでB0025827-11 Aです。

f:id:jukeboy:20161222123217j:plain

この「Ride 'Em On Down」はオリジナルがエディ・テイラーストーンズはノリのいい勢いのある演奏をしています。こういう曲でのストーンズはホントに本領発揮という感じですね!この曲はストーンズがアマチュア時代にレパートリーにしていた曲でブライアンやスチュといっしょにどんな演奏をしていたのか想像すると楽しいですね。10インチ盤という大きさもなんだか50年代のSP盤みたいで気に入ってます!

ローリング・ストーンズ 2度も間違えたSTONESミスクレジット!!

私は15年ほど前にUK、USAのラベルのデザイン違いをコレクションされているT様とお知り合いになりお互いに持っているラベルの画像を交換していました。これはその時にT様に教えて頂くまで全く知らなかったことです。1963年1月11日に発売されたイギリスでの2枚目のシングル「I WANNA BE YOUR MAN」のB面の「STONED」の初回盤は「STONES」とミスっていることは有名ですが、これには2種類のミスが存在します。順を追って紹介したいと思います。まずはタイトルが「STONES」とミスっているラベルです。プレス枚数は1000枚とも言われていますが実際にはもっと出回っていると思います。マトリクスは全てXDRF31954-T1-1T/XDRF-31955-T1-1Tです。

f:id:jukeboy:20161220220709j:plain

タイトルが「STONES」とミスっている部分です。このラベルは規格番号の上のマトリクスの逆さ文字の部分が31955と正確にクレジットされています。

f:id:jukeboy:20161218203014j:plain

こちらはもう一枚の「STONES」とミスったラベルです。文字の配置が上のラベルと全く同じですが、よく見るとマトリクスの逆さ文字が31954と間違えてクレジットされています。

f:id:jukeboy:20161220221503j:plain

規格番号の上のマトリクスの逆さ文字の部分です。XDR.31954とA面の番号が間違ってクレジットされています。このラベルはタイトルとマトリクスの両方間違えていることになります。これでこの「STONES」には2種類のパターンがある事がわかります。

f:id:jukeboy:20161218202758j:plain

ちなみにこのB面のマトリクスが間違っているレコードだけA面の「I WANNA BE YOUR MAN」側のマトリクスがXDR.31955と間違って印刷されています。B面のマトリクスが正しいラベルはA面のマトリクスも正しいです。

f:id:jukeboy:20161218205350j:plain

規格番号の上のマトリクスの逆さ文字の部分です。B面の番号が印刷されています。

f:id:jukeboy:20161219203811j:plain

下の写真は「STONED」と修正されたラベルです。タイトル、マトリクス共に正確なクレジットとなっています。

f:id:jukeboy:20161220221931j:plain

「STONED」の部分です。マトリクスの逆さ文字も正確です。3度目でやっとタイトル、マトリクスの逆さ文字ともに正確なクレジットでリリースされたことになります。両面ともここまでの3枚はカッコ無し、K/Tなどの表記の位置は全く同じですのでタイトルとマトリクスの表記だけ変ったことになります。 

f:id:jukeboy:20161219203452j:plain

ミスクレジットの2枚のうちどちらが最初に出たのかは不明ですが、プロモをみるとタイトルは「STONES」ですがマトリクスは正しいので、これから考えるとおそらくタイトルがミスっていてマトリクスが正しいのが初回盤、タイトルとマトリクスの両方ミスっている方がセカンド・プレスではないでしょうか?プロモ盤の写真です。タイトルが「STONES」とミスっていて、マトリクスは正確です。

f:id:jukeboy:20161220222421j:plain

しかし同じシングルで2度もミスっているとは面白いですね!「STONED」に至るまでにカッコ無し、タックスコードや出版社の位置が3枚とも全く同じなので慌てて修正したのでしょうか?私はT様からこの情報を頂き、同じラベルでもここまで細かく見ておられるとはスゴイ!と思いました。T様には本当にお世話になり貴重な情報も多数頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。私もその後いろいろと意識して見るようになり各国盤でタイトルなどのミス・クレジットを発見しましたがそれもまたの機会に紹介したいと思います。

(お詫び)

12月20日~21日にアクセスしてくださった方へ。2番目の画像が間違っていました。申し訳ございませんでした。正しい画像をアップしましたのでよろしくお願い致します。

ローリング・ストーンズ イスラエル盤BIG HITSいろいろなヴァリエーション!!

ローリング・ストーンズのDiffカヴァーで有名なイスラエル盤の『BIG HITS』です。規格番号はISK 1022で曲目はUK盤と同じです。1966年の終わりに発売されました。このイスラエル盤にもいろいろなヴァリエーションが存在します。イスラエル独自の階段のジャケットは細かい違いが3種類ありますが、どのジャケットが初版なのかわからないので裏ジャケのデザインが古そうなタイプから行きます。タイトルは3種類とも『BIG HITS VOL.1』となっています。ジャケットは全て表側がコーティングされています。他国のような中の写真集は無くシングル・ジャケットとなっています。またレコードのラベルは全て同じデザインなので最後に載せます。こちらのジャケットは左側にイスラエルのレーベルPAXのロゴがあります。UK盤のようにジャケットの左上の白枠にMONO STEREO ISK-1022とクレジットがあります。レコードのマトリクスは機械打ちでXZAL-7503-3W/XZAL-7504-3Wです。

f:id:jukeboy:20161211141644j:plain

裏ジャケです。フリップバック仕様になっています。右上にMONO STEREOとISK-1022があります。文字等は全て黒です。UK/USA盤のブックレットに書かれていたアンドリュー・オールダムの文が印刷されています。

f:id:jukeboy:20161211142434j:plain

上のジャケットから白枠が消え表側全体が写真になっています。白枠がなくなったので規格番号とSTEREO & MONOがジャケットの左下へ移動しています。PAXのロゴも右側に移動しています。レコードのマトリクスは機械打ちでXZAL-7503-3W/XZAL-7504-3Wです。

f:id:jukeboy:20161211142847j:plain

裏ジャケです。フリップバックではなくなり、写真が赤みがかっています。グループ名が青に変わり、その他の文字は黒です。中央下部にあったPAXのロゴとPRODUCT OF SYMPHONIAのクレジットが右側に移動しています。また、左下にA-B Offset Printing Co.と印刷所のクレジットがあります。 

f:id:jukeboy:20161211143222j:plain

こちらは写真が反転しているジャケットです。右下にイスラエルのレーベルPAXのロゴと、規格番号ISK 1022、STEREO⇔MONOのクレジットがあります。何故反転したのか分かりませんがこちらが最初で一番最初に挙げたのが3番目という説もあります。レコードのマトリクスは機械打ちでXZAL-7503-3W/XZAL-7504-3Wです。

f:id:jukeboy:20161211140624j:plain

裏ジャケは2番目と同じですが写真とグループ名がピンクに変っています。フリップバックではありません。画像ではわかりずらいですがこのジャケットだけレコード取り出し口の真ん中が丸くカットされています。こちらも左下にA-B Offset Printing Co.と印刷所のクレジットがあります。 

f:id:jukeboy:20161211143440j:plain

最初のジャケットと2、3番目のジャケットの左上の部分です。最初のジャケットだけここに規格番号とMONO STEREOがあります。

f:id:jukeboy:20161212205110j:plain

ジャケット右側の部分です。左から1番目、2番目、3番目のジャケットです。2番目はロゴに下の写真が透けています。3番目はロゴの下に規格番号とSTEREO & MONOとあります。

f:id:jukeboy:20161212205506j:plain

ジャケット左側の部分です。左から3番目、2番目、1番目のジャケットです。2番目は規格番号とSTEREO & MONOとあります。1番目はPAXのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20161212205731j:plain

リア・カヴァーの右上の部分です。上から1番目のフリップバックになっているジャケット。次が2番目、3番目のフリップバックではないタイプです。文字の配列が違います。

f:id:jukeboy:20161212205757j:plain

これはUSA盤と同じフロント・カヴァーのものです。規格番号はISK-1022のままです。左下に規格番号とPAXのロゴがあります。USA盤と同じデザインですが中のブックレットは無くシングル・ジャケットです。レコードのマトリクスはこれだけXZAL-7503-1A/XZAL-7504-1Aです。マトから考えるとこれが最初に発売されたのかもしれません。

f:id:jukeboy:20161211203140j:plain

曲目の部分です。

f:id:jukeboy:20161211204208j:plain

裏ジャケです。こちらはイスラエル独自のミックのステージ写真になっています。フリップバック仕様、曲目とアンドリューの文が印刷されています。

f:id:jukeboy:20161211204409j:plain

こちらはUK盤と同じジャケットです。規格番号はISK-1022のままです。タイトルの右下にISK 1022、ジャケット左下にPAXのロゴがあります。UK盤と同じデザインですが中のブックレットは無くシングル・ジャケットです。レコードのマトリクスは機械打ちでXZAL-7503-3W/XZAL-7504-3Wです。

f:id:jukeboy:20161211204905j:plain

裏ジャケです。UKのリア・カヴァーと文字の配置等同じですが白黒で粗い写真になっています。右上にISK 1022、左下にPAXのロゴがあります。PRODUCT OF SYMPHONIAのクレジットの下にイスラエル語で何か書かれています。

f:id:jukeboy:20161211205542j:plain

ラベルです。上の5種類のジャケット全てに同じレコードが入っています。こちらはA面です。

f:id:jukeboy:20161211210923j:plain

こちらはB面のラベルです。

f:id:jukeboy:20161211211001j:plain

イスラエル盤は独自のジャケットが数多くありますね。『AFTERMATH』は独自のものとUK盤と同じものの2種類出ていますが、この『BIG HITS』は5種類と何故こんなにいろいろあるのか謎ですね~。これらの発売時期についてはまだまだ研究の余地がありそうですね。余談ですがイスラエルではこの階段の写真を『OUT OF OUR HEADS』のジャケットでも使っています。他のイスラエル盤と一緒に別の機会にまとめて紹介したいと思います。

ローリング・ストーンズ SATISFACTIONで見るUKデッカのラベルの変遷!!

同じタイトルのレコードでも発売時期によっていろいろなラベルのデザインがあります。ここではUKデッカのシングル盤のラベルの変化を紹介します。一番変化があった「Satisfaction」のラベルで見てみました。これはAサンプラー・プロモと呼ばれているプロモ盤です。A面に大きくAの文字があります。20-8-65と発売日のクレジットがあります。B面は「The Spider And The Fly」です。オレンジ色のデッカのカンパニー・スリーヴに入っています。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36110-T1-1Cです。

f:id:jukeboy:20161205202255j:plain

白ラベルのテスト・プレスです。タイプライターのようなもので曲名とグループ名が書かれています。マトリクスは上のプロモ盤と同じです。B面はAの文字が無く曲目、グループ名は書かれていません。

f:id:jukeboy:20161205203017j:plain

ここからレギュラー盤です。初期のものはオレンジ色のカンパニー・スリーヴに入っています。

f:id:jukeboy:20161205203106j:plain

レギュラー盤のラベルです。オープン・デッカ、その下にMADE IN ENGLAND、THE DECCA RECORD CO. LTD.があります。右側に規格番号F.12220、その上にマトリクスが逆さ文字で印字されています。マトリクスはプロモ盤と同じくDRF-35801-T1-1C/XDRF-36110-T1-1Cです。また「Satisfaction」は65年の発売ですのでクレジットがP1965と簡略化されてしまいましたがそれ以前の発売のシングル盤はRECORDING FIRST PUBLISHED 1963とか1964とクレジットされています。

f:id:jukeboy:20161205203905j:plain

B面は「The Spider And The Fly」です。ラベルにあるBIEMは録音権協会国際事務局で録音権を管理する団体のことです。NCBはデンマークを拠点とする録音権の契約団体(日本でいうとJASRAC)のことです。GEMAはドイツの著作権管理団体のことです。また、左側にタックスコードK/Tがありますがこのタックスコードは発売時期によって変化し、ストーンズ関係でいえば63年1月1日~7月30日がM/T、63年7月1日~68年の終わり頃までがK/T、68年の終わりから73年3月30日がJ/Tとなっていて特にアルバムはプレス時期の目安になります。デビュー曲の「Come On」が63年6月7日発売でM/Tと重なる時期はたったの3週間だったので、M/Tとクレジットされている「Come On」が正真正銘のオリジナルという事です。話がずれてしまいすみません。

f:id:jukeboy:20161205204226j:plain

最初のラベルとは曲名とグループ名の文字のフォントが違います。プロデューサー・クレジットも2行になっています。マトリクスの逆さ文字にカッコがあります。K/Tなど他の表記の位置も違います。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36110-T1-1Cです。

f:id:jukeboy:20161205204608j:plain

一番最初のラベルと同じデザインですがマトリクスの表記にカッコがあります。また、今までグループ名の下がProduced By Andrew Loog Oldhamクレジットだったのが、ここではProduction:Impact Soundと変更になっています。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36110-T1-3CとB面の枝番が進んでいます。オープン・デッカではこの他にもカッコの形やP1965やタックスコードの位置などが違うものがありますが挙げきれないのでここでは省略します。

f:id:jukeboy:20161205205451j:plain

B面が「The Under Assistant West Coast Promotion Man」となっている輸出仕様があります。A面は上のラベルと同じデザインですが、マトリクスのカッコ無しとカッコ有りが存在します。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36261-T1-2CとB面が違ったものになっています。

f:id:jukeboy:20161205210619j:plain

デンマークで作られたジャケットです。レコードは上の輸出仕様のUK盤が入っています。余談ですがタイトルをcan't→canとミスっていて逆の意味になっています(笑)。

f:id:jukeboy:20161205210838j:plain

 66年の終わりからボックスト・デッカと呼ばれるデッカのロゴが四角で囲まれたロゴに変ります。同時にカンパニー・スリーヴも青の渦巻きのデザインに変ります。

f:id:jukeboy:20161205211053j:plain

ボックスト・デッカに変ったラベルです。MADE IN ENGLAND、THE DECCA RECORD CO. LTD.も横一直線に表記されています。マトリクスは逆さ文字、プロデューサー・クレジットに戻っています。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36261-T1-2Cです。A面が同じデザインでB面が「The Spider And The Fly」と「The Under Assistant West Coast Promotion Man」の両方存在します。「The Under Assistant~」の方のマトリクスはXDRF-36261-T1-2Cです。

f:id:jukeboy:20161205211428j:plain

上のラベルとは作曲者クレジットのフォントが違い、マトリクスも逆さ文字ではなくなったラベルです。こちらは70年代に入ってからのものと思います。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36110-T1-1Cと最初に戻っています。

f:id:jukeboy:20161205212331j:plain

珍しいソリッド・センターのラベルです。ここから後はB面が全て「The Under Assistant West Coast Promotion Man」です。マトリクスはDRF-35801-T1-2T/XDRF-36261-T1-1CとA面が2Tに変り、B面が1Cに戻っています。68年と書かれた資料もありますがラベルのデザインからして70年代中期だと思います。

f:id:jukeboy:20161205212826j:plain

80年(70年代後半説もあり)に出た青いラベルです。今までとはデザインが全く違ったものになっています。マトリクスはF12220 A//1∇ED 1 1/F12220 B//1∇ED 1 1です。両面とも最後の1 1は離れています。

f:id:jukeboy:20161205213702j:plain

「Stisfaction」だけに存在する81年のシルヴァーのラベルです。他のタイトルは上と同じブルーのままでした。マトリクスは上と全く同じF12220 A//1∇ED 1 1/F12220 B//1∇ED 1 1です。

f:id:jukeboy:20161205214014j:plain

82年に出たソリッドセンターのラベルです。DECCAのロゴもオープン・デッカに戻っています。MADE IN ENGLANDはありません。カンパニー・スリーヴもオレンジ色に戻りましたが、60年代とはビミョーに違います。マトリクスはF 12220 A-1/F 12220 B-1です。

f:id:jukeboy:20161205214446j:plain

これ以降の単発ものやシリーズものはMade In EUになってしまうので省略します。大まかに紹介してきましたが、66年後半まではオープン・デッカ、66年後半以降はボックスト・デッカに分けられます。以前触れたEP同様、80年に青いラベル、82年のソリッド・センターのオープン・デッカと変わっていきます。今回プロモも紹介しましたが、デッカのプロモ盤の変化や輸出用のプロモ・シングル等はまたの機会に触れます。 

ローリング・ストーンズ UK盤AFTERMATHいろいろ!!

ストーンズの初期の名盤『AFTERMATH』です。以前、各国盤を紹介したので今回はUK盤のジャケット、ラベルのいろいろなヴァリエーションを紹介します。1966年4月15日、イギリスでの4枚目のアルバムとしてリリースされました。全14曲初の全曲オリジナル・アルバムです。規格番号はモノラル LK 4786、ステレオ SKL 4786です。フロントは5人の写真が使われています。中央に大きくタイトル、左下にDECCAのロゴがあります。グループ名はありません。

f:id:jukeboy:20161128202930j:plain

リア・カヴァーです。5人のいろいろなショットが使われています。なんだか楽しそうですね。右上にMONO、規格番号があります。ステレオはこの場所にSTEREOとあります。右下にDECCAのロゴと印刷所のクレジットがあります。尚、『AFTERMATH』はモノラル、ステレオ全て80年代までずっとRobert Staceで印刷されています。

f:id:jukeboy:20161128203258j:plain

また有名ですが、モノラルの一部に「シャドー・カヴァー」と呼ばれるタイトルに影があるジャケットが存在します。こちらが初版という説がありますが、マトリクスから考えると普通の文字のジャケットの方には-1B/-1Aがありますが、シャドー・カヴァーの方は-1B/-5Aだったり-6B/-4Aだったりするので何とも言えません。また、初版でしたらもっと数が出回っていてもいいと思うので、最初のアイディアのものが途中で何らかの間違いで印刷されてしまったか、または最初に仮に印刷されていたものが世に出回ってしまったのではないでしょうか。

f:id:jukeboy:20161128203810j:plain

タイトルの部分の拡大写真です。シャドー・カヴァーには影の色違い2種存在するらしいですが未確認です。

f:id:jukeboy:20161128203905j:plain

フロント・カヴァー左上の規格番号の部分です。それぞれMONO、STEREOです。

f:id:jukeboy:20161128204052j:plain

裏ジャケ右上の規格番号の部分です。上からモノラル通常盤、モノラルシャドー・カヴァー、ステレオ、ステレオ後期盤の何もクレジットが無いタイプの4種類です。

f:id:jukeboy:20161128204251j:plain

印刷所の部分です。上はモノラル、ステレオの通常盤、下はステレオの後期盤でコーティングされていないのでラミネート加工の工場のクレジットがありません。

f:id:jukeboy:20161128204557j:plain

モノラル専用のインナーです。『AFTREMATH』ではこのインナーをよく見かけます。最初期には『OUT OF OUR HEADS』まで使われていたインナーと同じものが使用されていますが以前も載せたのでここでは省略します。

f:id:jukeboy:20161128205057j:plain

ラベルです。どれが初版かは判別が難しいのでマトリクスの枝番が若い順にいきます。XZAL-7209-1B/XZAL-7210-1Aです。ジャケットは通常のものです。右側のマトの逆さ文字の表示にカッコがありません。グループ名の下に5人の名前がクレジットされています。曲目が2曲ずつ横一列に並んでいます。シャドー・カヴァーもこれと同じラベルですが何枚か確認したところマトは-1B/-5Aや-6B/-4Aで、-1B/-1Aが入っているものは見たことがありません。

f:id:jukeboy:20161128205746j:plain

こちらはタイトル、曲名等、文字のフォントが違い小さな文字で表記されています。マトリクスは-1B/-3Aです。

f:id:jukeboy:20161128211203j:plain

上の2枚のラベルの曲名の部分が違いこちらは1曲ずつ縦に並んでいます。マトリクスは-4B/-4Aです。

f:id:jukeboy:20161128210647j:plain

一番最初のラベルと似ていますが、メンバーの名前が小さくクレジットされています。タックスコードK/Tの位置もわずかに違います。マトリクスは-6B/-4Aです。

f:id:jukeboy:20161128211725j:plain

次はステレオです。ステレオのインナーは初期には『OUT OF OUR HEADS』同様下の写真のものが使われています。後期へ行くと周りに青い枠があるインナーに変ります。

f:id:jukeboy:20161128211942j:plain

ラベルです。モノラル同様、グループ名の下にメンバー5人の名前があります。下の2枚と比べて文字が大きいです。Side 1は右側、マトリクスにカッコはありません。P1966は規格番号の下にあります。これが初回盤のラベルと言われています。マトリクスはXZAL-7209-1W/XZAL-7210-1Wです。なお、これと同じラベルで-2W/-2Wのものも存在します。

f:id:jukeboy:20161129204420j:plain

上のラベルからSide 1が左側に、P1966がラベルの下部に移動したタイプです。文字のフォントも違います。マトリクスは-1W/-1Wのものと-1W/2Wのものを確認しました。

f:id:jukeboy:20161129204739j:plain

再びSide 1が右側のものです。最初のラベルとは文字のフォントが違い、上のものと同じです。P1966が左側へ移動しています。マトリクスは-1W/-2Wです。

f:id:jukeboy:20161129205336j:plain

グループ名とメンバーの名前が曲目の下へ移動したタイプです。Side 1が左側、P1966がラベルの下にあります。溝の形から68年以降のプレスと言われていますがマトリクスは何故か-1W/-1Wに戻っています。

f:id:jukeboy:20161129210059j:plain

一番最初のラベルと同じ大きな字体ですがSide 1が左側へ、P1966が下部に移動したタイプです。こちらも溝の形から68年以降のプレスかと思います。マトリクスは-1W/-5Wです。

f:id:jukeboy:20170104151236j:plain

70年代からのボックスト・デッカです。マトリクスは-1W/-4Wです。

f:id:jukeboy:20161129210545j:plain

80年にプレスされたラベルです。ダーク・ブルーでラベルのデザインもシンプルです。マトリクスはXZAL 7209 7X ED/XZAL 7210 8X E Dです。このジャケットはコーティングされてなく、裏ジャケのラミネート会社のクレジット部分が空白です。

f:id:jukeboy:20161129211234j:plain

また、「サタニック」や「GET YER YA-YA'S OUT」「STONE AGE」同様71年にリリースされた輸出仕様の白ラベルも存在します。マトリクスは-1W/-2Wです。

f:id:jukeboy:20161129211754j:plain

このアルバムの特徴は何といっても初の全曲オリジナルという事でしょう。今までのR&B、ブルースと違っていろいろなタイプの曲が並んでいてこのアルバムで一気にストーンズの音楽性が開花したと思います。アレンジも凝っていてブライアンがいろいろな楽器を演奏するようになったのもこのアルバムからです。また「Goin' Home」の後半の即興演奏も当時としては画期的だと思います。勘違いしやすいですが「Mother's Little Helper」はイギリスではシングル発売なしでここでもアルバムのみの曲でまとめられています。今から50年前に発売されたアルバム、そしていよいよ明日は新アルバムの『BLUE & LONESOME』が発売ですね!50年経ってもストーンズが健在とは素晴らしい事です。

ローリング・ストーンズ UK盤EP③GOT LIVE IF YOU WANT ITいろいろ!!

1965年6月11日に発売されたストーンズ初のライヴEP『GOT LIVE IF YOU WANT IT』です。イギリスでは3枚目のEPになります。同名のアルバムがありますが内容は全く違います。私が聞き始めた70年代中期は日本盤EPが廃盤だったのでこのUK盤を通販で買ったのですが、届くまで1ヶ月位かかった記憶があります。当時はとにかく音だけを集めていたのでこのEPが記念すべき初めて買った輸入盤になりました!ジャケットは白黒のステージ写真(ブライアンの写真が反転しています。)とタイトルが書かれています。右下にDECCAのロゴ、左上にmono DFE8620とあります。表面はコーティングされています。

f:id:jukeboy:20161121210346j:plain

裏ジャケです。フリップ・バック仕様で、右上にMONO DFE8620とあります。左下に印刷所のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20161121210603j:plain

印刷所の部分です。いろいろなヴァリエーションがあるのでどのラベルか分かるように番号を振っておきます。上から①MacNail Pressのフリップ・バック・カヴァー、②MacNailのフリップ・バック無し、③PressPineburn Press、④Pineburn Pressですがラミネート加工の会社のクレジットがないタイプ、⑤クレジット無し、です。

f:id:jukeboy:20161123142459j:plain

このEPの珍しいプロモ盤です。シングルのプロモと違い盤面を表すAの文字がありません。発売日の記載と、E.P.の表記があります。マトリクスはEFF-2811-1K/EFF-2812-1Kです。こちらはオレンジ色のDECCAのカンパニー・スリーヴに入っています。

f:id:jukeboy:20161122205349j:plain

ここからレギュラー盤のラベルです。プロモ盤と似たラベルなのでこちらを最初に挙げました。オープン・デッカ、プロモと同じく規格番号が縦2列になっています。マトリクスはEFF-2811-1K/EFF-2812-1Kです。ジャケットは①MacNail Pressのフリップ・バック・カヴァーです。

f:id:jukeboy:20161208173534j:plain

上と似ていますが、side 1が規格番号の真下に、BIEMとNCBの表記が出版社のクレジットの上に移動しています。マトリクスは-1K/-1Kです。ジャケットは①MacNail Pressのフリップ・バック・カヴァーです。

f:id:jukeboy:20161122202338j:plain

上の2枚と違い、DFE 8620が横書きに、Side 1が縦2列になっています。曲目の文字のフォントも違います。マトリクスは-1K/-1Kです。ジャケットは①MacNail Pressのフリップ・バック・カヴァーです。

f:id:jukeboy:20161122202004j:plain

60年代後半のボックスト・デッカです。EXTENDED PLAYが2か所にあります。規格番号が縦2列に、Side1も縦2列になっています。曲目の後に出版社のクレジットが加わり、グループ名も縦2列になっています。マトリクスは-1K/-1Kです。ジャケットは②MacNail Pressのフリップ・バック無しです。

f:id:jukeboy:20161129144622j:plain

こちらもEXTENDED PLAYが2か所にあります。SIDE 1表示、出版社は1ヶ所にまとめてあります。マトリクスは-1K/-1Kです。ジャケットは②MacNail Pressのフリップ・バック無しです。

f:id:jukeboy:20161122202748j:plain

上のラベルからEXTENDED PLAYとSIDE 1の表記が消えたラベルです。グループ名の文字が大きくなっています。マトリクスは-1K/-1Kです。ジャケットは②MacNail Pressのフリップ・バック無しです。

f:id:jukeboy:20161122203035j:plain

上とほぼ同じラベルですが、右上にEXTENDED PLAYの表記があります。マトリクスは-1K/-1Kです。ジャケットは②MacNail Pressのフリップ・バック無しです。

f:id:jukeboy:20161122203716j:plain

80年からのラベルです。中央がプラスティックになった青いラベルです。同時期の2枚のEP同様、規格番号をDFE→DEFとミスっています。マトリクスはDFE 8620 A//2 ∇ ED/DFE 8620 B//2 ∇ EDです。ジャケットは、③Pineburn Pressと④Pineburn Pressですがラミネート加工の会社のクレジットがないタイプ、の両方存在します。『5X5』のようにこちらもリアル・ステレオ盤を期待したんですがそんな訳ないですね(笑)。

f:id:jukeboy:20161122204601j:plain

82年からの最終プレスです。マトリクスはDFE 8620 A-1/DFE 8620 B-1です。ジャケットは⑤クレジット無し、です。

f:id:jukeboy:20161122204851j:plain

曲数は少ないですが当時の熱気が伝わってくる貴重なEPだと思います。演奏もまとまっています。もう有名ですが「We Want The Stones」はファンの歓声で1曲というとんでもないもので(笑)当時は不思議に思いました。現在では「Charlie Is My Darling」のボーナスCDで別音源のライヴが聞けますが、そちらも単体で出して欲しいですね!

ローリング・ストーンズ UK盤EP②5×5いろいろ!!

ローリング・ストーンズのイギリスでの2枚目のEP『5×5』です。1964年8月14日にリリースされました。全曲シカゴのチェス・スタジオで64年6月にレコーディングされUS盤では全曲『12×5』に収録されています。このEPもミスクレジットやラベルのヴァリエーションがあります。前回も書きましたが後期にはリアル・ステレオのレコードも存在します。フロント・カヴァーです。タイトル、グループ名等は一切なくDECCAのロゴだけです。左上にmono DFE 8590とあります。ジャケットの表面はコーティングされています。

f:id:jukeboy:20161014202537j:plain

リア・カヴァーです。タイトルは『FIVE BY FIVE』と表記されています。フリップ・バック仕様で右上にMONO DFE 8590とあります。下部右側に印刷所のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20161014202706j:plain

これは有名ですがメンバーのクレジットの部分でMick JaggerがMike Jaggerとミスっています。右のようにMickと修正されたジャケットもあります。

f:id:jukeboy:20161014202851j:plain

印刷所は上から①MacNeil Press、②Pineburn Press Ltd.、③印刷所の記載なし、です。①MacNeil Pressの一部にMickと正確なクレジットがありますが、他の印刷所はずっとMikeのままでした。

f:id:jukeboy:20161014203433j:plain

ラベルです。オープン・デッカです。どれが初版なのか明確ではないのでマトリクスが若い順にいきます。Side 1が縦書き、右側にRECORDING FIRST PUBLIHED 1964があります。マトはEFF-2739-1K/EFF-2740-2Kです。このラベルには-2K/-2Kも存在します。印刷所は①MacNeil Pressです。-1K/-2KのものはMick、-2K/-2Kの方はMikeでしたがこの組み合わせと逆のものもあると思います。

f:id:jukeboy:20161014204324j:plain

Side 1が横書き、RECORDING FIRST PUBLIHED 1964が左側に移動したラベルです。マトはEFF-2739-2K/EFF-2740-2Kです。印刷所は①MacNeil Pressです。クレジットはMickと正確です。

f:id:jukeboy:20161014204701j:plain

規格番号DFE 8590が2行に渡ってクレジットされています。Side 1が横書き、RECORDING FIRST PUBLIHED 1964が左側に移動したラベルです。マトリクスは-2K/-2Kです。印刷所は①MacNeil Pressです。クレジットはMickと正確です。

f:id:jukeboy:20161015202044j:plain

上と同じタイプのラベルですがプッシュ・アウト・センターではなくソリッド・センターになっています。マトリクスはA面が戻って-1K/-2Kです。印刷所は①MacNeil Pressです。クレジットはMickと正確です。

f:id:jukeboy:20161014205407j:plain

66年頃からのボックスト・デッカです。RECORDING FIRST PUBLISHED 1964がP1964と省略されています。マトリクスはEFF-2739-1K/EFF-2740-1Kと何故か両面-1Kに戻っています。印刷所は①MacNeil Pressです。クレジットはMickと正確です。

f:id:jukeboy:20161024204130j:plain

こちらは70年代のプレスでラベルのマトリクスの文字が逆ではなくなりました。マトリクスは-6C/-5Cです。印刷所は①MacNeil Pressですがフリップバックではなくなっています。ここで何故か再びMikeとミスっています。

f:id:jukeboy:20161014210529j:plain

上と同じデザインですが、Side 1がSIDE 1と大文字になっています。マトリクスも上と同じ-6C/-5Cです。印刷所も上と同じく①MacNeil Pressのフリップバックではないタイプで、Mikeとミスっています。

f:id:jukeboy:20170107195806j:plain

80年からのブルーラベルです。前回も紹介しましたが全曲リアル・ステレオのマスターに入れ替わっています!ジャケット、ラベル共にMONO表示です。ラベルの規格番号をDFEをDEFとミスっています。マトリクスはDFE8590 A//2∇ED/DFE8590 B2//∇EDです。「Confessin' The Blues」のリアル・ステレオは日本よりこちらの方が早くリリースされています。印刷所は②Pineburn Press Ltdです。この印刷所もMikeとミスっています。

f:id:jukeboy:20161014211430j:plain

82年からのラベルです。マトリクスはDFE 8590 A-1/DFE 8590 B-1と今までと全く違うものになっていて、再びモノラルに戻ってしまいました。印刷所は③印刷所の記載なし、です。この頃になってもMikeとミスっています。

f:id:jukeboy:20161014211927j:plain

上のラベルと文字の配置は全く同じですが溝が違うものです。マトリクスは同じです。印刷所は③印刷所の記載なし、です。やはりMikeとミスっています。f:id:jukeboy:20161024205006j:plain

 Mikeのミスクレジットですが、修正してある印刷所はMacNeil Pressのフリップ・バックの途中からだけで、後期のフリップ・バック無しに変る時に再び間違え、その後印刷所が変わってもずっと間違ったままになっています。つい数年前に出たLPボックスでも間違ったままでした(笑)。また、上のラベルでは私の持っているレコードのジャケットから上げていて、同じラベルでも修正してあるものや、ミスっているものがあると思いますので一応の参考にしてください。前回も書きましたがこのEPはストーンズの初期の魅力が詰まっている素晴らしいレコードだと思います!