読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズを中心にいろいろな珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤12X5 モノラルいろいろ!!

ローリング・ストーンズのアメリカでの2枚目のアルバム『12X5』です。1964年10月24日にモノラル(LL 3402)、ステレオ(PS 402)として発売されました。今回はモノラル盤を取り上げます。規格番号はLL 3402です。内容はUK盤のEP『5X5』全曲とアメリカでのシ…

ローリング・ストーンズ ドイツ・クラブ・エディション②THE BEST OF THE ROLLING STONES!!

ローリング・ストーンズのドイツ・クラブ・エディション『THE BEST OF THE ROLLING STONES』です。DEUTSHER SCHALLPLATTENCLUBというところから66年2月に発売されました。規格番号はBD 1800-Cでモノラル盤のみです。THE BESTというタイトルどおり内容は65年…

ローリング・ストーンズ USA盤シングルIT'S ALL OVER NOWいろいろ!!

ローリング・ストーンズのUSA盤シングル「It's All Over Now/Good Times,Bad Times」です。前回はレアなエディット・ヴァージョンを紹介しましたが今回はラベルのいろいろなヴァリエーションを紹介します。このシングルはアメリカでの3枚目のシングルとして6…

ローリング・ストーンズ IT'S ALL OVER NOWアメリカだけのエディット・ヴァージョン!!

1964年7月24日に発売されたアメリカでの3枚目のシングル「It's All Over Now」の一部の盤にはエディット・ヴァージョンが存在します。これは2コーラス目が丸々カットされていて、1コーラス目が終わるといきなり間奏のギター・ソロへといってしまう2分28秒の…

ローリング・ストーンズ ドイツ・クラブ・エディション①BEAT BEAT BEAT!!

ローリング・ストーンズの各国盤で特に人気が高いのがドイツ・クラブ・エディションの『BEAT BEAT BEAT』だと思います。ストーンズのアルバムとしては珍しい10インチ盤で1965年7月に発売されました。規格番号は60 368でモノラルしか存在しません。Bertelsman…

ローリング・ストーンズ USA盤12X5別カヴァーは米国内で発売されていたのか??

ローリング・ストーンズのUSA盤『12X5』にはファーストの写真を使った別カヴァーが存在します。USA初回盤のジャケットと言われていますが、本当にアメリカ国内で発売されていたのか謎なので取り上げてみたいと思います。このジャケットはモノラルとステレオ…

ローリング・ストーンズ USA盤シングルTELL ME いろいろ!!

ローリング・ストーンズのアメリカでのシングル第2弾「Tell Me/I Just Wanna Make Love To You 」(規格番号:45-9682)です。64年6月13日に1stからのシングル・カットという形で発売されました。このシングルでは中間部のギター・ソロをカットした2分35秒の…

ローリング・ストーンズ いろいろあるぞUK盤BEGGARS BANQUET!!

ローリング・ストーンズのイギリスでの7枚目のアルバム『BEGGARS BANQUET』です。1968年12月6日にモノラルLK 4955、ステレオSKL 4955として発売されました。プロデュースはジミー・ミラーでこのアルバムからストーンズの黄金期が始まったとする方も多いと思…

ローリング・ストーンズ USA盤ENGLAND'S NEWEST HIT MAKERSステレオいろいろ!!

ローリング・ストーンズのアメリカでのデビュー・アルバム『ENGLAND'S NEWEST HIT MAKERS』ステレオ盤です。規格番号はPS 375です。ステレオはモノラルより1年遅れて65年5月21日(70年頃の発売説もあり)に発売されました。そのためかモノラルにあったポスタ…

ローリング・ストーンズ USA盤ENGLAND'S NEWEST HIT MAKERSモノラルいろいろ!!

ローリング・ストーンズのアメリカでのデビューアルバム『ENGLAND'S NEWEST HIT MAKERS』モノラル盤です。USA盤のラベルは数多く存在するのでモノラルとステレオを別々に紹介します。モノラルは1964年5月20日(5月30日説もあり)に発売されました。規格番号…

ローリング・ストーンズ GET YER YA-YA'S OUTのモノラル盤があった!!

昨年はローリング・ストーンズのモノラル音源がCD化されストーンズ・ファンにとってはいい年になりましたね!80年代にはモノラルを語る人は殆どいなかったのでこうして再評価されていい時代になったと思います。イギリスでは『LET IT BLEED』まで、アメリカ…

ローリング・ストーンズ いろいろあるぞUK盤BETWEEN THE BUTTONS!!  

UK盤『BETWEEN THE BUTTONS』です。イギリスでは1967年1月20日に5枚目のアルバムとして発売されました。規格番号はLK 4852(モノラル)、SKL 4852(ステレオ)です。タイトルとグループ名はチャーリーのボタンのところに小さく書かれています。表側の写真は…

ローリング・ストーンズ ベルギー盤にもAサンプラー・プロモがあった!!

ローリング・ストーンズのUKデッカのAサンプラー・プロモは有名ですが、ベルギーにも似たようなデザインのプロモがあります。ベルギーのレギュラー盤は青いラベルですが、プロモ盤は白いラベルになっています。今のところ「We Love You/Dandelion」と「Honky…

ローリング・ストーンズ USA盤シングルNOT FADE AWAYいろいろ!!

あけましておめでとうございます。昨年は多数の方にアクセスして頂きましてありがとうございました。今年もレアなレコードを紹介したいと思いますのでよろしくお願い致します。これまではUK盤が終わってからUSA盤へ行こうかと思っていましたが、UK盤がいつ終…

ローリング・ストーンズ 11年ぶりの新作BLUE & LONESOMEアナログ盤!!

早いもので2016年も残すところあと1日になりました。今年の締めくくりはやっぱりこれでしょう。2016年12月2日にリリースされたローリング・ストーンズの新作『BLUE & LONESOME』です。レコードは2枚組で発売されました。ブルースのカヴァー・アルバムという…

ローリング・ストーンズ RIDE 'EM ON DOWN 10インチ・シングルEU盤とUSA盤!!

ローリング・ストーンズの11年振りのアルバム『BLUE & LONESOME』に先駆けて2016年11月25日にRECORD STORE DAYのBLACK FRIDAYとして「Ride 'Em On Down」の10インチ盤がリリースされました。3000枚限定だそうですが、EU盤とUSA盤があるので各3000枚なのかは…

ローリング・ストーンズ 2度も間違えたSTONESミスクレジット!!

私は15年ほど前にUK、USAのラベルのデザイン違いをコレクションされているT様とお知り合いになりお互いに持っているラベルの画像を交換していました。これはその時にT様に教えて頂くまで全く知らなかったことです。1963年1月11日に発売されたイギリスでの2枚…

ローリング・ストーンズ イスラエル盤BIG HITSいろいろなヴァリエーション!!

ローリング・ストーンズのDiffカヴァーで有名なイスラエル盤の『BIG HITS』です。規格番号はISK 1022で曲目はUK盤と同じです。1966年の終わりに発売されました。このイスラエル盤にもいろいろなヴァリエーションが存在します。イスラエル独自の階段のジャケ…

ローリング・ストーンズ SATISFACTIONで見るUKデッカのラベルの変遷!!

同じタイトルのレコードでも発売時期によっていろいろなラベルのデザインがあります。ここではUKデッカのシングル盤のラベルの変化を紹介します。一番変化があった「Satisfaction」のラベルで見てみました。これはAサンプラー・プロモと呼ばれているプロモ盤…

ローリング・ストーンズ いろいろあるぞUK盤AFTERMATH!!

ストーンズの初期の名盤『AFTERMATH』です。以前、各国盤を紹介したので今回はUK盤のジャケット、ラベルのいろいろなヴァリエーションを紹介します。1966年4月15日、イギリスでの4枚目のアルバムとしてリリースされました。全14曲初の全曲オリジナル・アルバ…

ローリング・ストーンズ UK盤EP③GOT LIVE IF YOU WANT ITいろいろ!!

1965年6月11日に発売されたストーンズ初のライヴEP『GOT LIVE IF YOU WANT IT』です。イギリスでは3枚目のEPになります。同名のアルバムがありますが内容は全く違います。私が聞き始めた70年代中期は日本盤EPが廃盤だったのでこのUK盤を通販で買ったのですが…

ローリング・ストーンズ UK盤EP②5×5いろいろ!!

ローリング・ストーンズのイギリスでの2枚目のEP『5×5』です。1964年8月14日にリリースされました。全曲シカゴのチェス・スタジオで64年6月にレコーディングされUS盤では全曲『12×5』に収録されています。このEPもミスクレジットやラベルのヴァリエーション…

ローリング・ストーンズ UK盤EP①THE ROLLING STONESいろいろ!!

1964年1月10日にイギリスで発売されたストーンズ初の4曲入りEP盤です。シングルとは違いEPにはジャケットが付けられ、デビューしたての5人の写真が写真が使われています。視線がバラバラなのがストーンズらしいですね!このEPにもいろいろなヴァリエーション…

ローリング・ストーンズ オルタネイト・ヴァージョン収録Shelly盤HOT ROCKS!!

もう有名になってしまいましたがUSA盤初回『HOT ROCKS』(2PS 606/7)には「Brown Sugar」「Wild Horses」のオルタネイト・ヴァージョンが収録されています。私は80年代にブートレグの『MICK TAYLOR WE MISS YOU』で初めて聞きました。そこに初期の『HOT ROC…

ローリング・ストーンズ LET IT BLEEDメキシコだけのエディット・ヴァージョン!!

60年代は各国独自のいろいろとレアなヴァージョンがありますが、メキシコ盤のEPには「Let It Bleed」のエディット・ヴァージョンが存在します。文献でも取り上げられずあまり知られていないと思います。規格番号はEPP-1233で70年1月にリリースされました。レ…

ローリング・ストーンズ いろいろあるぞUK盤OUT OF OUR HEADS!!

1965年9月24日に発売されたイギリスでの3枚目のアルバム『OUT OF OUR HEADS』です。規格番号はモノラルLK 4733、ステレオSKL 4733です。日本では80年代まで発売されなかったので古くからのファンには馴染みがないアルバムかと思います。しかしライヴ音源やシ…

ローリング・ストーンズ GOATS HEAD SOUPのUSA輸出仕様があった!!

前回の『GOATS HEAD SOUP』USAプレス工場コードの続きです。20年以上前になりますがオーストラリア在住の日本人の方と知り合いになり、その方から現地の中古レコード店で売っているストーンズのレコードを教えてもらい、その中から私が探しているものを現地…

ローリング・ストーンズ GOATS HEAD SOUPからUSAプレス工場コードを調べてみた!!

『STICKY FINGERS』のプロモの時に触れましたが、アメリカでは同じレコードでも複数のレコード工場でプレスされています。ラベルに印刷されていたり溝に刻印されていたりします。一番わかりやすいのがストーンズ・レーベルのラベルの下部にPRやRIと印刷され…

ローリング・ストーンズ ドイツ編集盤GREAT HITSのラベル違い+他国盤!!

ローリング・ストーンズのドイツ編集盤『GREAT HITS』です。A面は『BETWEEN THE BUTTONS』と『AFTREMATH』から、B面は『ファースト』を中心に初期のナンバーを収録した一見なんじゃこりゃ!という編集盤です。ドイツでは1969年6月に発売され、規格番号はND 2…

ローリング・ストーンズ UK盤EP5×5レアな全曲リアル・ステレオ盤!!

UKの2枚目のEP『5×5』です。このレコードは通常モノラルですが、プレスの時期によって全曲リアル・ステレオのレコードが存在します。私は97年にマニアの方からこのリアル・ステレオ盤があるらしい、と聞いて探し始めました。しかし情報が全くなく半ば諦めて…

ローリング・ストーンズ USA盤プロモSONGS OF THE ROLLING STONES!!

ローリング・ストーンズのUSA盤プロモ『SONGS OF THE ROLLING STONES』(規格番号:MPD-1)です。ABKCOによって75年と79年に作られました。30曲も収録されていますが全て1'30"~2'00"位で終わってしまい完奏していません。また裏ジャケにNot For Sale or Air…

ローリング・ストーンズ AFTERMATH各国盤Diffカヴァー!!

ストーンズ初の全曲オリジナル『AFTERMATH』です。このアルバムにも少しですが各国盤のDiffカヴァーがあります。CD時代になってからUKヴァージョン、USAヴァージョンがありますが、日本ではアナログ時代ずっとUKヴァージョンだったので古くからのファンの方…

ローリング・ストーンズ USA盤ENGLAND'S NEWEST HIT MAKERSホワイトラベル・プロモとテストプレス!!

ローリング・ストーンズのアメリカでのデビュー・アルバム『ENGLAND'S NEWEST HIT MAKERS』です。UK盤とは曲が一部変更になりシングル曲の「Not Fade Away」がA面1曲目に収録されています。モノラルは64年4月にLL-3395、ステレオは1年後の65年4月にPS-375と…

ローリング・ストーンズ USA盤「虹」と「2000光年」謎の複数のエディット・ヴァージョン!!

1967年11月(12月2日説も)にアメリカで発売された「She's A Rainbow/2000 Light Years From Home」のシングル盤のプロモには両面ともエディット・ヴァージョンが作られました。これらには各ステレオ、モノラルの2種類のエディット・ヴァージョンが存在しま…

ローリング・ストーンズ UKファーストいろいろあるぞ続編!ラベルの変化と謎のブルー・デッカ!!

UKファーストの続編を書くといってえらく遅くなってしまいました。前回が3か月前でしたので合わせてお読みいただけたらと思います。前回はジャケットのいろいろなヴァリエーションやミスプリントを中心に書きましたが、今回はラベルの変化と謎のブルー・デッ…

ローリング・ストーンズいろいろあるぞ UK盤THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST!!

ローリング・ストーンズの『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST』UK盤です。サイケデリック・ブーム真っ只中の67年12月8日に発売されました。モノラルはTXL-103、ステレオはTXS-103です。ジャケットはマイケル・クーパーが撮った写真の3Dで発売されました。ジ…

ローリング・ストーンズいろいろあるぞ UK盤BIG HITSのバリエーション!!

ローリング・ストーンズ初のベスト・アルバムUK盤『BIG HITS』です。サブ・タイトルは[HIGH TIDE AND GREEN GRASS]でイギリスでは66年11月4日発売されました。アメリカでは曲目、ジャケットが違いますが66年4月に発売されているのでイギリスでは7ヶ月遅れの…

ローリング・ストーンズ MISS YOUフランス盤12インチ謎の色違いカラー盤!!

ローリング・ストーンズの78年の大ヒット「Miss You」はストーンズ初の12インチシングルが作られ、ロング・ヴァージョンが収録されました。今回はそのフランス盤についてです。私は20年数年前に西新宿"D"(現在は閉店)の輸入代行サービスというシステムを利…

ローリング・ストーンズ SATISFACTION日本だけのエディット・ヴァージョン!!

ローリング・ストーンズは活動が長いので日本でも貴重なアイテムが多数存在します。ここでは日本盤だけに収録された「サティスファクション」のエディット・ヴァージョンを紹介します。規格番号はHIT-511、B面は「ウエスト・コーストの宣伝屋」で65年9月1日…

ローリング・ストーンズ USA盤BIG HITS幻のプロトタイプ・ジャケット!!

ローリング・ストーンズのUSA盤『BIG HITS』には試作品(プロトタイプ)のアルバム・ジャケットが存在します。元々はのちに『AFTERMATH』へ進化するアルバム『COULD YOU WALK ON THE WATER?』のジャケット用としてデザインされたものですが「ふざけたタイト…

ローリング・ストーンズ GREATEST HITS オランダ盤人気ジャケット!!

ローリング・ストーンズのオランダ盤『GREATEST HITS』(DU 175 000)です。オランダでは2枚目のアルバムとして64年10月に発売されました。日本でも人気が高くユニバーサルのCDボックスのジャケットにもこのデザインが使われています。64年盤はモノラルでし…

ローリ ング・ストーンズ STICKY FINGERS USA盤プロモいろいろ!!

ローリング・ストーンズ・レーベル第1弾『STICKY FINGERS』USA盤のプロモです。アメリカは広く同じレコードでも複数のプレス工場で作られているため、『STICKY FINGERS』のプロモ盤もいろいろなバリエーションが存在します。ストーンズ・レーベルのレギュラ…

ローリング・ストーンズ THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST各国盤Diffカヴァーいろいろ!!

ローリング・ストーンズの各国盤のDiffカヴァーで意外と面白いのが『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST』だと思います。ジャケットに元々グループ名やタイトルがないのでそれらを加えたり、その国独自の全く別のデザインに変えてしまったりといろいろあります…

ローリング・ストーンズ 英米プロモ・オンリーPROMOTIONAL ALBUM!!

1969年10月31日、プロモ用として1枚のアルバムがリリ-スされました。レコード・ミラー誌69年11月15日号の1面にこのレコードのジャケットが掲載され、「THIS IS THE COVER OF A NEW STONES' ALBUM,BUT YOU CAN'T BUY IT!」と書かれこのレコードが紹介されて…

ローリング・ストーンズ FLOWERSベルギー盤サイケ・カヴァーのいろいろな違いを発見!!

ローリング・ストーンズのDiffカヴァーで有名なベルギー盤『FLOWERS』です。USA盤よりもサイケデリックで派手なデザインになっています。このアルバムの微妙な違いを調べたら7種類もあったので今回全て取り上げます!大まかに分けるとこのアルバムは3回発売…

ローリング・ストーンズ メーカー直輸入盤④ストーン・エイジ+謎の2枚!!

メ直盤第4弾は『STONE AGE』です。UK盤(SLK 5084)は71年3月6日にリリースされ、日本へは半年後の71年9月に入ってきました。USA盤が存在しないため、UK盤の規格番号SKL 5084がそのまま使われ日本で帯、解説が付けられています。ジャケットは表側がコーティン…

ローリング・ストーンズ メーカー直輸入盤③ベガーズ・バンケット!!

メ直盤第3弾は『BEGGER'S BANQUET』です。メ直盤の中では一番おなじみのレコードだと思います。タイトル表記はそのまま『ベガーズ・バンケット』。発売日は69年2月20日。本国より2ヶ月以上も遅れてのリリースでした。このレコードはミック・ジャガーとの電話…

ローリング・ストーンズ メーカー直輸入盤②サタニック・マジェスティーズ!!

メ直盤『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST』です。日本では『サタニック・マジェスティーズ』の邦題で68年3月に発売されました。純粋な日本盤(SLC-192)は翌月の4月20日の発売ですので約1ヶ月早く輸入された事になります。このレコードの特徴は何といっても…

ローリング・ストーンズ メーカー直輸入盤①フラワー!!

60年代から70年代初頭、日本では海外からレコード、ジャケットだけを輸入して日本で解説や歌詞カード、帯を付けたものがあります。これをメーカー直輸入盤(メ直盤)と呼んでいます。ストーンズではキング時代に英国DECCAから輸入したレコードが有名ですね。…

ローリング・ストーンズ BMGからのプロモLP『THE ROLLING STONES 1983-2015』!!

ローリング・ストーンズは2008年7月にユニバーサルと契約し、『STICKY FINGERS』以降のアルバムをユニバーサル傘下のポリドールから発売することになりました。50周年記念盤として2012年にベスト『GRRR!』が発売され、2014年3月日本で来日公演が行われたこと…