読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズを中心にいろいろな珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ メーカー直輸入盤④ストーン・エイジ+謎の2枚!!

ローリング・ストーンズ

メ直盤第4弾は『STONE AGE』です。UK盤(SLK 5084)は71年3月6日にリリースされ、日本へは半年後の71年9月に入ってきました。USA盤が存在しないため、UK盤の規格番号SKL 5084がそのまま使われ日本で帯、解説が付けられています。ジャケットは表側がコーティングされています。右上のロゴがDECCAからLONDONに変ったのを除くとUK盤と殆ど同じです。帯は他のメ直盤と同じで1枚の紙、販売価格は2200円です。ジャケットはDECCAが拒否した『BEGGER'S BANQUET』のトイレの落書きのようなデザインでテキト~な感じですね。

f:id:jukeboy:20160817104319j:plain

リア・カヴァーです。こちらもロゴがLONDONに変っただけで他はUK盤と大きな違いはありません。

f:id:jukeboy:20160817104507j:plain

LONDONのロゴの辺を拡大した画像です。LONDON RECORDのクレジットと、DECCAの住所があります。UK盤では印刷所ROBERT STACEの表記がありますが、こちらでは何故か印刷所の記載はありません。

f:id:jukeboy:20160817105103j:plain

インナーです。朝妻一郎さんのライナーが書かれています。下部にSKL 5084(輸入盤)とあります。

f:id:jukeboy:20160817105610j:plain

レコード袋です。他のメ直盤同様LONDONのffrrの袋が使われています。

f:id:jukeboy:20160817105840j:plain

レコードのラベルはステレオ用の青ラベルです。UK盤のBOXED DECCAのロゴの部分がLONDONに変っています。US盤が存在しないのでLONDONのロゴを見なければUK盤と勘違いしてしまいそうです。マトリクスはZAL-10432P-1D/ZAL-10433P-2Dです。これはUK盤と同じです。

f:id:jukeboy:20160817110523j:plain

尚、カナダでは71年4月に規格番号NPS 6で正式にリリースされています。『GET YER YA-YA'S OUT』がNPS 5ですのでアメリカでもリリースされる予定があったのでしょうか?それでこのアルバムだけメ直盤が存在するのか不明ですね~。カナダ盤の規格番号の部分の画像を載せておきます。

f:id:jukeboy:20160817113530j:plain

ストーンズが『GET YER YA-YA'S OUT』を最後にDECCAを離れてしまったので、このアルバムを含めイギリスでは編集盤が乱発されました。こうした状況にDECCAが勝手に編集してリリースしたのでストーンズ側はこのアルバムは認めていない、と広告を出したという話まであります。確かにこのアルバムも曲目を見れば当時イギリスで未発売の曲が含まれているとはいえなんていう選曲だ、と思いますね(笑)。またSTEREOとなっていますがリアル・ステレオは「Look What You've Done」「My Girl」「Paint It Black」の3曲だけです。この頃の一連のDECCA編集盤で日本で発売されたのはアルバム『GIMME SHELTER』だけで、『MILESTONES』『ROCK'N ROLLING STONES』『NO STONE UNTURNED』は配給元がポリドールに変わってから82年に全部リリースされました。これらのアルバムは一度もCD化されたことがありません。日本でも70年代にキング独自の編集盤が多数発売されていますね。

ここまで4枚のメ直盤を紹介してきましたが、他には66年10月にUS盤の『DECEMBER'S CHILDREN』と『BIG HITS』が発売された資料があります。ネットで見つけた当時の雑誌の広告です。 

 f:id:jukeboy:20160808133142j:plain

 この2枚のアルバムの帯、解説付きは全く見たことがありません。USAステレオ盤の番号そのままで売られていたようですが、一体どんな状態で売られていたんでしょうか?ただ単にアメリカからそのままシールドで輸入して売られていたような気もしますが、当時のことをご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願います。