jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズの珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ UK盤BIG HITSいろいろ!!

ローリング・ストーンズ初のベスト・アルバムUK盤『BIG HITS』です。サブ・タイトルは[HIGH TIDE AND GREEN GRASS]でイギリスでは66年11月4日発売されました。アメリカでは曲目、ジャケットが違いますが66年4月に発売されているのでイギリスでは7ヶ月遅れの登場となります!現在ではUS盤の方が馴染みがありますが、アナログ時代からの古いファンはやっぱりこちらですよね~。デビュー曲「Come On」から当時の最新曲「Have You Seen Your Mother~」までヒット曲が並んでいます。フロントはふてぶてしいいかにもストーンズらしいジャケットです。この写真はUSA盤のシングル「Have You Seen Your Mother~」にも使われています。リア・カヴァーはUS盤の表側と同じ写真が使われています。規格番号はTXL 101(モノラル)、TXS 101(ステレオ)です。中のブックレットはUS盤と同じです。これと『サタニック~』がLK、SKLナンバーではなくTXL、TXSナンバーとなっていますが両方共特殊なジャケットのせいでしょうか?ラベルの色もモノラルはブルー、ステレオはグリーンになっています。印刷所は全てRobert Staceです。

f:id:jukeboy:20160916202006j:plain

リア・カヴァーです。US盤のフロントと同じ写真+曲目です。左下にDECCAのロゴがあります。初回盤は背に単独でMONO、STEREOとクレジットされているのでリア・カヴァーには区別するクレジットがありません。

f:id:jukeboy:20160916202053j:plain

タイトル、グループ名は通常は左側の青緑ですが白っぽい緑のものがあります。ともに初回のジャケットで同じ印刷所、青緑の方が背にモノラル、白っぽい方が背にステレオのクレジットがありますが区別してたんでしょうか?メンバーの写真も白っぽいのでおそらく印刷の加減だと思いますが…?とりあえずふたつのジャケットを並べてみました。

f:id:jukeboy:20160916202409j:plain

写真集最後のページにDECCAのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20160921133852j:plain

上の写真の左側に印刷所Robert Staceとラミネートの会社のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20160921133914j:plain

モノラル盤のラベルです。オープン・デッカ、ブルーのラベルです。マトリクスはXARL-7503-1A/XARL-7504-3Aです。

f:id:jukeboy:20161210143047j:plain

ステレオ盤のラベルです。オープン・デッカ、グリーンのラベルです。マトリクスはXZAL-7503-3W/XZAL-7504-4Wですが、もっと若いのがあると思います。

f:id:jukeboy:20161210143425j:plain

70年頃に登場したボックスト・デッカです。マトリクスはXZAL-7503-3W/XZAL-7504-4Wです。 

f:id:jukeboy:20161210143517j:plain

70年代中期からのラベルです。この頃にはステレオだけになりラベルの色も青に変わります。マトリクスはXZAL-7503-6D/XZAL-7504-6Dに変っています。この盤では違うマスターが使われ「Paint It Black」「It's All Over Now」「Heart Of Stone」「Time Is On My Side」が疑似ステからリアル・ステレオに変っています。

f:id:jukeboy:20160916211914j:plain

ここからはジャケットの移り変わりです。背表紙です。上から①初回盤モノラル、②初回盤ステレオ、③モノラル/ステレオ兼用で裏ジャケの穴から見える色でモノラル/ステレオを見分けるタイプ、④後期のステレオのみのジャケットの背です。

f:id:jukeboy:20160916203946j:plain

モノラルのリア・カヴァーのクレジットの部分です。手前が背①のモノラル専用のジャケットで背にMONOとあるのでここにはクレジットはありません。奥が背③の兼用ジャケットでモノラル専用インナーの赤い色をこの穴から判別するようになっています。f:id:jukeboy:20160916204601j:plain

ステレオのリア・カヴァーのクレジットの部分です。表から順に背②のステレオ専用ジャケットでここにはクレジットはありません。次が背③の兼用ジャケットでステレオ専用インナーの青い色をこの穴から判別するようになっています。3番目は背④の初期型です。モノラルが消え穴がふさがれて点だけの中途半端なデザインになっています。これは過渡期だったのかあまり見ることがありません。一番奥が背④の後期型で、STEREO TXS 101のクレジットのみになっています。

f:id:jukeboy:20160916205712j:plain

また、中のブックレットですが、70年代後半プレスではジャケットにとじ込みではなく3面見開きのポスターになってしいました。画像のポスターの右下に新たにTXS 101と印刷されています。

f:id:jukeboy:20160921133944j:plain

ポスターの図柄は片面はブライアン、メンバーの細かいショット、キースです。

f:id:jukeboy:20160923212648j:plain

片面はビル、ミック/ブライアンと曲目、チャーリーです。新たに作り直しているので単にブックレットが外れてしまったわけではありません。 

f:id:jukeboy:20160923212715j:plain

ブックレットがなくなってしまったので見開きの内側も下のように通常の最初と最後のページだけになっています。見開きの両側に取り出し口があり、片側にポスターが収納されています。

f:id:jukeboy:20160921134648j:plain

先にも書きましたが、後期プレスの-6D/-6Dのものは4曲が当時としては珍しいリアル・ステレオに変ってるので要注意です!またジャケットのモノラル、ステレオを区別する部分も時期により変化しているのでレコードのラベルを見ないで初期盤を見分けるには意外と便利かもしれません。イギリスではシングル曲をアルバムに収録しなかったので当時は便利なアルバムだったと思います。私もストーンズを聞き始めの頃「Come On」や「It's All Over Now」などはこのアルバムで初めて聞きました。同じ年にビートルズもベスト『OLDIES』を出しているので面白いですね。