読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズを中心にいろいろな珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ UK盤THEIR SATANIC MAJESTIES REQUESTいろいろ!!

ローリング・ストーンズの『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST』UK盤です。サイケデリック・ブーム真っ只中の67年12月8日に発売されました。モノラルはTXL-103、ステレオはTXS-103です。ジャケットはマイケル・クーパーが撮った写真の3Dで発売されました。ジャケットの面白さとしてはストーンズの中でベスト3に入るんではないでしょうか。3Dの中にジョン、ポール、ジョージ、リンゴの顔が見えるのは有名な話です。見開きの内側、リア・カヴァー、インナーとサイケ色満載です。この3DのオリジナルのUK盤ジャケットはドイツ(初回盤)、オランダ、スペイン(初回盤)、オーストラリア(初回盤)などの国へ輸出して使われています。前回紹介したUK盤『BIG HITS』同様ヴァリエーションの多いアルバムです。

f:id:jukeboy:20160925200518j:plain

リア・カヴァーです。タイトルと曲目が書かれています。印刷所は80年代までずっとRobert Staceです。中央やや下にDECCAのロゴと住所、右下にMONO TXL 103とあります。ステレオはこの部分がSTEREO TXS 103となっています。この場所にモノ、ステレオ表示があるものが初回のジャケットです。

f:id:jukeboy:20160925200956j:plain

右下のMONO、STEREOの部分です。

f:id:jukeboy:20160925203347j:plain

DECCAのロゴの下の住所と©1967 The Decca Record~のクレジットの部分ですが初期型のジャケットは写真のように3行になっています。

f:id:jukeboy:20170104210203j:plain

後期型のジャケットは©1967 The Decca Record~の下にExclusive U.S. Agents, London Records Inc., New York, N.Y.のクレジットが追加されて4行になっています。更に後期に行くと2行目のDECCA HOUSE~の部分が削除されています。 

f:id:jukeboy:20170104210351j:plain

見開きの内側です。サイケ色満載です。

f:id:jukeboy:20160925201347j:plain

インナーです。赤に雲、不思議な感じですね!ストーンズのアルバムで専用のインナーが付けられたのはこれが初めてです。

f:id:jukeboy:20160925201450j:plain

この初期型のジャケットの背のタイトルには下の写真のように通常は表を上にするとタイトルが読めるものが、逆になっているものが存在します。これはモノラル、ステレオ両方に存在します。これが初版だという説がありますが必ずしもマトが若いもの、ラベルのデザインが最初のものが入っているとは限らないのでそれは間違いだと思います。また背が逆の方はあまり見かけません。

f:id:jukeboy:20160925202046j:plain

背の上部のDECCAの部分も逆です。

f:id:jukeboy:20160925202148j:plain

この逆文字のジャケットは色が濃くUSA盤のような色合いをしています。2枚のジャケットを並べてみると色の違いがよく分かります。左が通常のジャケット、右が逆文字のジャケットです。同じ印刷所でどうしてこんな違いがあったのか謎ですね~。

f:id:jukeboy:20160925202336j:plain

また、途中から3Dではない普通の写真のジャケットも登場します。ジャケット裏側の穴でモノラル、ステレオを見分けるタイプです。

f:id:jukeboy:20160925202543j:plain

69年頃からのリリースのジャケットはインナーの色を外側の穴から見てモノラル、ステレオを判断するようになっています。ステレオのジャケットの右上の部分です。表から初期型、穴からモノラル、ステレオを判断するジャケット、70年代中期以降のステレオ表示だけのジャケットです。こうやって並べてみるとデザインを損ねない初期型のジャケットがいいですね。

f:id:jukeboy:20160925203251j:plain

上の写真の穴からモノラル、ステレオを判断するジャケットと70年代中期以降のステレオ表示だけのジャケットの背は全て下の写真になります。裏ジャケからモノラルが消えても80年代までずっとこの同じ背表紙が使われていたとはなんという横着さ(笑)

f:id:jukeboy:20160926134736j:plain

モノラル盤のラベルです。オープン・デッカのブルー・ラベルです。

f:id:jukeboy:20161210141806j:plain

このモノラル盤には有名なラウドカット盤が存在します。マトリクスはARL-8126-1P/ARL-8127-P1です。こちらは「2000 Light Years From Home」のミックの歌の終わり部分で針飛びを起こすため音圧を控えた盤に切り替わりました。初回のマトの部分です。

f:id:jukeboy:20160926133603j:plain

こちらは後期の「Sing This All Together」(See What Happens)が横一列にクレジットされているタイプです。マトリクスはARL-8126-2K/ARL-8127-2Kです。Side 1が右側へ移動しています。なお、このタイトルのモノラルのボックスト・デッカは存在しません。

f:id:jukeboy:20161210141902j:plain

ステレオのラベルです。グリーンのオープン・デッカです。「Sing This All Together」(See What Happens)が縦2行に渡ってクレジットされているタイプです。マトリクスはZAL-8126-T2-6K/ZAL-8127-T2-5Kですがもっと若い番号があるかもしれません。 

f:id:jukeboy:20161210142210j:plain

リムの上部の表記が通常MADE IN ENGLAND BY THE DECCA RCORD CO. LTDとなっている箇所がORIGINAL RECORDING BY THE DECCA RECORD CO. LTDとなっているラベルです。このORIGINAL RECORDING BY~表記のものが初版という説がありますがマトリクスは上のラベルと同じZAL-8126-T2-6K/ZAL-8127-T2-5Kで、こちらはモノラルの後期のように「Sing This All Together」(See What Happens)が横一列にクレジットされているので何とも言えません。

f:id:jukeboy:20161210142233j:plain

上と同じように「Sing This All Together」(See What Happens)が横一列にクレジットされているラベルでORIGINAL RECORDING BY~表記の部分がMADE IN ENGLAND BY~となっているラベルです。マトリクスはZAL-8126-T2-5K/ZAL-8127-T2-6Kと枝番が上の2枚とは順序が逆になっています。

f:id:jukeboy:20161210142253j:plain

今までと違い曲目やグループ名のクレジットが小さな文字で書かれています。文字が中央に寄っているのでラベルの下部が空いています。マトリクスは-7K/-4Kと再び順序が逆転しています。他のタイトルもそうですがこうやって見るとマトリクスの枝番は必ずしも1.2.3.4~と進んでいくわけではないんですね!

f:id:jukeboy:20161210142102j:plain

70年頃に登場したボックスト・デッカです。マトリクスは-4K/-4Kと戻っています。

f:id:jukeboy:20161210142736j:plain

こちらは上のラベルからP1967が下へ移動し、曲目も横に詰めてクレジットされています。マトリクスは-4K/-7Kです。

f:id:jukeboy:20161210142752j:plain

北欧への輸出用白ラベルです。この白ラベルは『AFTERMATH』や『GET YER YA-YA'S OUT』など他のタイトルにも存在します。ジャケットもレコードもイギリス製です。マトリクスは-6K/-4Kです。

f:id:jukeboy:20160925205510j:plain

70年代後期のラベルです。灰色っぽい青になっています。マトリクスは-6K/-7Kです。

f:id:jukeboy:20160925205702j:plain

上よりもっと後期のラベルです。マトリクスは-7K/-5Kです。これと同じラベルで80年代に入ってから3Dで再発された時のマトリクスはZAL-8126-9X-420/ZAL-8127-8K-420となっています。こちらはマトリクスの刻印の形も違います。

f:id:jukeboy:20160925205807j:plain

また、珍品ですがレコード取り出し口がふさがれ、見開きの表側の方にレコードを入れるジャケットがありました。これでは裏側の穴からモノラルかステレオか判別できません。当時これを買った人はモノラルかステレオか迷わなかったでしょうか?とんでもないエラー・ジャケットですね!

f:id:jukeboy:20160925210415j:plain

前にも書きましたが一般的の評価はあまりよくないアルバムですが私の大好きなアルバムです。音を聞いているとブライアンが結構貢献していると思いますし、ビルの「In Another Land」と、これもビルによる隠しトラックの「Cosmic Christmas」がサイケ色が最も強いと思います。そういえば今週いよいよモノラル・ボックスが発売されますね!このアルバムでは特にラウドカット盤が有名ですがUKのモノラルは他のタイトルも音圧が高く全部ラウドカットといってもいいくらいなので、CDはどんな仕上がりになるのか楽しみですね!