読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズを中心にいろいろな珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ UK盤EP5×5レアな全曲リアル・ステレオ盤!!

ローリング・ストーンズ

UKの2枚目のEP『5×5』です。このレコードは通常モノラルですが、プレスの時期によって全曲リアル・ステレオのレコードが存在します。私は97年にマニアの方からこのリアル・ステレオ盤があるらしい、と聞いて探し始めました。しかし情報が全くなく半ば諦めていましたが2012年に日本で一番有名なストーンズの掲示板に投稿したところすぐに持っている方から情報を頂きました。それから4年、今年の始めにeBayでやっと入手出来ました。入手出来たのはマニアの皆さんのおかげです。ありがとうございました!しかし19年は長かった~!ステレオのマスターが使われたレコードは70年代後半から80年にかけてプレスされたものです。

f:id:jukeboy:20161018204447j:plain

ジャケットは通常のものと同じデザインです。

f:id:jukeboy:20161018204747j:plain

印刷所は70年代後半からのPineburn Pressになります。(60年代~70年代前半はMacNeil Pressです。)Pineburn Pressでも後期のボックスト・デッカや80年代のソリッド・センターのものが入っている時があるので注意です。相変わらずMike Jaggerとミスってます。

f:id:jukeboy:20161018205227j:plain

ジャケットは表側も裏側もMONO表示です。

f:id:jukeboy:20161018205504j:plain

余談ですが、MacNeil Pressの方は70年代前半からフリップバックではなくなっていますがこのPineburn Pressではフリップバックが復活しています。

f:id:jukeboy:20161018205519j:plain

ラベルです。70年代後半から80年にかけて出回った中央がプラスティックになっているものです。写真が明るくなってしまいましたが実際はきれいな青です。マトリクスはDFE8590 A//2∇ED/DFE8590 B2//∇EDです。出回った期間が短かったせいかUK盤EPの3タイトルともこの時期のプレスは入手が難しいです。

f:id:jukeboy:20161018205730j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20161018205751j:plain

ラベルもMONO表示です。規格番号がDEF 8590とミスっています。また別の機会に触れますが『THE ROLLING STONES』と『GOT LIVE』のこのラベルもDEFとミスっています。

f:id:jukeboy:20161018205858j:plain

現行のCDでは5曲全部がリアル・ステレオ化されていますが、それより何年も前にステレオで出ていたとは驚きです!このラベルの次の80年代のソリッド・センターのラベルでは再びモノラルに戻ってしまうので何故この時だけステレオだったのか不明ですが、70年代中期のUK盤では他のレコードでもリアル・ステレオに入れ替わっている曲があるので要注意です。また「Confessin' The Blues」が収録された日本盤の『チャック・ベリーを唄う』が発売されたのが83年6月25日ですのでそれよりも前にこのEPでステレオ化されていた事になります。アメリカではこの5曲は『12×5』に収録され、ステレオ盤も出ていますがUSA盤のアルバムは疑似ステです。このEPはカヴァー、オリジナルともに全曲素晴らしい演奏で私のお気に入りのレコードです。『5×5』の60年代~80年代のジャケットとラベルの変化についてはまたの機会に紹介します。