読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズを中心にいろいろな珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ いろいろあるぞUK盤OUT OF OUR HEADS!!

ローリング・ストーンズ

1965年9月24日に発売されたイギリスでの3枚目のアルバム『OUT OF OUR HEADS』です。規格番号はモノラルLK 4733、ステレオSKL 4733です。日本では80年代まで発売されなかったので古くからのファンには馴染みがないアルバムかと思います。しかしライヴ音源やシングル曲で水増ししたUSA盤『OUT OF OUR HEADS』『DECEMBER'S CHILDREN』と比べると内容が濃いアルバムだと思います。ジャケットはUSA盤の『DECEMBER'S CHILDREN』と同じ写真が使われていますがこちらの方がメンバーの部分が小さくすっきりした印象を受けます。また、UK盤では初めてジャケットにタイトルとグループ名が印刷されています。

f:id:jukeboy:20161104202427j:plain

リア・カヴァーです。こちらも基本的にはUSA盤の『DECEMBER'S CHILDREN』と同じデザインです。

f:id:jukeboy:20161104202546j:plain

フロント・カヴァーの左上のMONO、STEREOと規格番号の部分です。80年代のステレオではこの部分が空欄になっています。 

f:id:jukeboy:20161105143040j:plain

リア・カヴァーの左上のMONO、STEREOと規格番号の部分です。

f:id:jukeboy:20161106203707j:plain

印刷所はRobert Staceで、一部の盤にClout & Baker Ltd.が存在します。印刷所の部分です。またDECCAのロゴの上にあるクレジットが両方共©965とミスっています。これは最終プレスまで修正されませんでした。

f:id:jukeboy:20161104203114j:plain

また写真では分かりずらいですが後期盤(左側)はジャケットの色が薄緑になっています。

f:id:jukeboy:20161105143139j:plain

モノラルのインナーです。DECCAのモノラル専用のものが使われています。

f:id:jukeboy:20161104204208j:plain

モノラルのラベルです。マトリクスはARL-6973-8B/ARL-6974-9Aです。プレス時にトラブルでもあったのか何故かこれより若い番号は見たことがありません。

f:id:jukeboy:20161104205042j:plain

上のラベルとほぼ同じですが、マトのかっこの形とタックスコードのK/Tの位置など微妙に違うラベルです。このラベルのデザインでは-8B/-10A、-8B/-12A等確認しています。

f:id:jukeboy:20161104204958j:plain

上の2枚とは曲目の活字の書体が全く違うタイプです。マトリクスはARL-6973-9B/ARL-6974-10Aです。このタイトルのモノラルでのボックスト・デッカは存在しません。

f:id:jukeboy:20161104205356j:plain

ステレオのインナーです。DECCAのステレオ専用としては最初期のものだと思います。

f:id:jukeboy:20161104205531j:plain

その反対側です。

f:id:jukeboy:20161104205618j:plain

ステレオのラベルです。マトリクスはZAL-6973-1W/ZAL-6974-1Wです。モノラルと違いこちらは後年まで-1W/-1Wのままでした。こちらのラベルがオリジナル盤と言われています。

f:id:jukeboy:20161104205900j:plain

上のラベルと違うタイプです。Side 1が左側に、P1965が下に移動しています。曲目の部分が全く違い、上のラベルではラベルの中央に分けてクレジットされていた出版社のクレジットが曲名と作者の後にあります。マトリクスは同じです。こちらは68年以降のプレスと言われています。

f:id:jukeboy:20161104210103j:plain

70年代に登場したボックスト・デッカです。マトリクスは-1W/-1Wのままです。レコードの内袋は正方形の青が4ヶ所ある70年代前半のものです。

f:id:jukeboy:20161106195127j:plain

こちらは上のラベルからP1965が規格番号の上に移動したものです。こちらもマトリクスは-1W/-1Wのままですがレコードの内袋が80年代に近いのでこちらを後に載せました。 

f:id:jukeboy:20161106195558j:plain

こちらが最終プレスだと思います。ジャケットの左上のSTEREOのクレジットがなく、レコードの内袋もImportant Noticeと書かれた80年代ものです。マトリクスは今までと違いEAL 6973 4V▽ED 1/EAL 6974 4V▽ED 1 2です。なお、STEREOの印刷所は全てRobert Staceでした。

f:id:jukeboy:20161106200016j:plain

 今までに紹介してきたUK盤のファースト、No.2、ビッグ・ヒッツ、サタニックと比べてヴァリエーションは少ないですが、モノラルが-8B/-9Aから始まっているのと、裏ジャケが©965とミスっているのに修正されなかったのが不思議ですね。モノラルが-8B/-9Aから始まっている事は10年位前にマニアの方とメールで「これが一番若いですね。」と話題になり、その後も意識して探していますがこれより若い番号は未だに見ていません。ビートルズはマトリクスや、ジャケット等で初版の研究が進んでいますが、ストーンズのUK盤はなかなか初回を判別できないタイトルが多いですね。しかしこのアルバムはCD時代になってからよく聞くようになりましたが聞けば聞くほど渋くていいアルバムだと思います。