読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズを中心にいろいろな珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ SATISFACTIONで見るUKデッカのラベルの変遷!!

ローリング・ストーンズ

同じタイトルのレコードでも発売時期によっていろいろなラベルのデザインがあります。ここではUKデッカのシングル盤のラベルの変化を紹介します。一番変化があった「Satisfaction」のラベルで見てみました。これはAサンプラー・プロモと呼ばれているプロモ盤です。A面に大きくAの文字があります。20-8-65と発売日のクレジットがあります。B面は「The Spider And The Fly」です。オレンジ色のデッカのカンパニー・スリーヴに入っています。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36110-T1-1Cです。

f:id:jukeboy:20161205202255j:plain

白ラベルのテスト・プレスです。タイプライターのようなもので曲名とグループ名が書かれています。マトリクスは上のプロモ盤と同じです。B面はAの文字が無く曲目、グループ名は書かれていません。

f:id:jukeboy:20161205203017j:plain

ここからレギュラー盤です。初期のものはオレンジ色のカンパニー・スリーヴに入っています。

f:id:jukeboy:20161205203106j:plain

レギュラー盤のラベルです。オープン・デッカ、その下にMADE IN ENGLAND、THE DECCA RECORD CO. LTD.があります。右側に規格番号F.12220、その上にマトリクスが逆さ文字で印字されています。マトリクスはプロモ盤と同じくDRF-35801-T1-1C/XDRF-36110-T1-1Cです。また「Satisfaction」は65年の発売ですのでクレジットがP1965と簡略化されてしまいましたがそれ以前の発売のシングル盤はRECORDING FIRST PUBLISHED 1963とか1964とクレジットされています。

f:id:jukeboy:20161205203905j:plain

B面は「The Spider And The Fly」です。ラベルにあるBIEMは録音権協会国際事務局で録音権を管理する団体のことです。NCBはデンマークを拠点とする録音権の契約団体(日本でいうとJASRAC)のことです。GEMAはドイツの著作権管理団体のことです。また、左側にタックスコードK/Tがありますがこのタックスコードは発売時期によって変化し、ストーンズ関係でいえば63年1月1日~7月30日がM/T、63年7月1日~68年の終わり頃までがK/T、68年の終わりから73年3月30日がJ/Tとなっていて特にアルバムはプレス時期の目安になります。デビュー曲の「Come On」が63年6月7日発売でM/Tと重なる時期はたったの3週間だったので、M/Tとクレジットされている「Come On」が正真正銘のオリジナルという事です。話がずれてしまいすみません。

f:id:jukeboy:20161205204226j:plain

最初のラベルとは曲名とグループ名の文字のフォントが違います。プロデューサー・クレジットも2行になっています。マトリクスの逆さ文字にカッコがあります。K/Tなど他の表記の位置も違います。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36110-T1-1Cです。

f:id:jukeboy:20161205204608j:plain

一番最初のラベルと同じデザインですがマトリクスの表記にカッコがあります。また、今までグループ名の下がProduced By Andrew Loog Oldhamクレジットだったのが、ここではProduction:Impact Soundと変更になっています。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36110-T1-3CとB面の枝番が進んでいます。オープン・デッカではこの他にもカッコの形やP1965やタックスコードの位置などが違うものがありますが挙げきれないのでここでは省略します。

f:id:jukeboy:20161205205451j:plain

B面が「The Under Assistant West Coast Promotion Man」となっている輸出仕様があります。A面は上のラベルと同じデザインですが、マトリクスのカッコ無しとカッコ有りが存在します。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36261-T1-2CとB面が違ったものになっています。

f:id:jukeboy:20161205210619j:plain

デンマークで作られたジャケットです。レコードは上の輸出仕様のUK盤が入っています。余談ですがタイトルをcan't→canとミスっていて逆の意味になっています(笑)。

f:id:jukeboy:20161205210838j:plain

 66年の終わりからボックスト・デッカと呼ばれるデッカのロゴが四角で囲まれたロゴに変ります。同時にカンパニー・スリーヴも青の渦巻きのデザインに変ります。

f:id:jukeboy:20161205211053j:plain

ボックスト・デッカに変ったラベルです。MADE IN ENGLAND、THE DECCA RECORD CO. LTD.も横一直線に表記されています。マトリクスは逆さ文字、プロデューサー・クレジットに戻っています。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36261-T1-2Cです。A面が同じデザインでB面が「The Spider And The Fly」と「The Under Assistant West Coast Promotion Man」の両方存在します。「The Under Assistant~」の方のマトリクスはXDRF-36261-T1-2Cです。

f:id:jukeboy:20161205211428j:plain

上のラベルとは作曲者クレジットのフォントが違い、マトリクスも逆さ文字ではなくなったラベルです。こちらは70年代に入ってからのものと思います。マトリクスはDRF-35801-T1-1C/XDRF-36110-T1-1Cと最初に戻っています。

f:id:jukeboy:20161205212331j:plain

珍しいソリッド・センターのラベルです。ここから後はB面が全て「The Under Assistant West Coast Promotion Man」です。マトリクスはDRF-35801-T1-2T/XDRF-36261-T1-1CとA面が2Tに変り、B面が1Cに戻っています。68年と書かれた資料もありますがラベルのデザインからして70年代中期だと思います。

f:id:jukeboy:20161205212826j:plain

80年(70年代後半説もあり)に出た青いラベルです。今までとはデザインが全く違ったものになっています。マトリクスはF12220 A//1∇ED 1 1/F12220 B//1∇ED 1 1です。両面とも最後の1 1は離れています。

f:id:jukeboy:20161205213702j:plain

「Stisfaction」だけに存在する81年のシルヴァーのラベルです。他のタイトルは上と同じブルーのままでした。マトリクスは上と全く同じF12220 A//1∇ED 1 1/F12220 B//1∇ED 1 1です。

f:id:jukeboy:20161205214014j:plain

82年に出たソリッドセンターのラベルです。DECCAのロゴもオープン・デッカに戻っています。MADE IN ENGLANDはありません。カンパニー・スリーヴもオレンジ色に戻りましたが、60年代とはビミョーに違います。マトリクスはF 12220 A-1/F 12220 B-1です。

f:id:jukeboy:20161205214446j:plain

これ以降の単発ものやシリーズものはMade In EUになってしまうので省略します。大まかに紹介してきましたが、66年後半まではオープン・デッカ、66年後半以降はボックスト・デッカに分けられます。以前触れたEP同様、80年に青いラベル、82年のソリッド・センターのオープン・デッカと変わっていきます。今回プロモも紹介しましたが、デッカのプロモ盤の変化や輸出用のプロモ・シングル等はまたの機会に触れます。