読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズを中心にいろいろな珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤シングルNOT FADE AWAYいろいろ!!

ローリング・ストーンズ

あけましておめでとうございます。昨年は多数の方にアクセスして頂きましてありがとうございました。今年もレアなレコードを紹介したいと思いますのでよろしくお願い致します。これまではUK盤が終わってからUSA盤へ行こうかと思っていましたが、UK盤がいつ終わるか分からなくなってきたのでこれからはUSA盤も取り上げようと思います。USロンドン盤のラベルはとんでもない位ヴァリエーションがあるので相当時間がかかりそうです!昨年取り上げた「Stoned」の回収から数週間後の1964年3月6日にようやくアメリカでのデビュー盤「Not Fade Away/I Wanna Be Your Man」(規格番号45-LON-9647)がリリースされました。A面は当時のイギリスでの最新シングル、B面はイギリスでの2枚目のシングルA面で「Stoned」に続き再度取り上げられました。初回盤はファースト・アルバムと同じ写真が使われたピクチャー・スリーヴが付いています。スリーヴの番号は45-9647となっています。

f:id:jukeboy:20170102173415j:plain

裏側も同じデザインです。

f:id:jukeboy:20170102212736j:plain

プロモ盤です。ブラック/ホワイト・ラベルです。左下にPROMOTIONAL COPYがあります。マトリクスは手書きでDR 32719-1D/DR 31954 1Cです。B面のマトは「Stoned」の時に使われた番号を流用しています。

f:id:jukeboy:20170103092135j:plain

白ラベルのプロモです。このタイプは今のところ「Stoned」とこれでしか確認していません。マトリクスは手書きでDR 32719-1E △51659/DR 31954 1E △-51259です。

f:id:jukeboy:20170103093246j:plain

初期ロンドンのレコード袋です。このレコード袋は1965年初頭まで使われていたようです。

f:id:jukeboy:20170103093413j:plain

ここからレギュラー盤です。パープル/ホワイト・ラベルです。どのラベルが初版かは不明なのでマトリクスの若い順に行きます。マトリクスは手書きでDR 32719-1A/DR-31954- 1H A1です。

f:id:jukeboy:20170103202025j:plain

上のラベルと文字の配置は同じですが字体が太く、マトリクス表記の下にMade in U.S.A.が加わったタイプです。マトリクスは手書きでDR 32719-1B/DR-31954-1aです。他に-1G/-1aのものも確認しています。

f:id:jukeboy:20170103202352j:plain

規格番号の45 LON 9657が縦書きになったタイぴです。マトリクスは手書きでDR 32719-1D/DR 31954 1Cとブラック/ホワイトのプロモと同じです。プロモと同じなのでこれが最初かも知れません。

f:id:jukeboy:20170103203121j:plain

上のラベルと似ていますが、グループ名の下にProduction:Andrew Loog Oldham表記が加わったタイプです。マトリクスは手書きでDR-32719-1D/DR-31954-1Jです。

f:id:jukeboy:20170103203017j:plain

タイトルのNOT FADE AWAYが2行に渡って表記されています。規格番号は横一列です。マトリクスは白ラベルのプロモと同じ手書きでDR 32719-1E △51659/DR 31954 1E △-51259です。

f:id:jukeboy:20170103203746j:plain

上のラベルのグループ名の下にProduction:Andrew Loog Oldham表記が加わったタイプです。マトリクスも上と同じDR 32719-1E △51659/DR 31954 1E △-51259です。

f:id:jukeboy:20170103204205j:plain

1965年から登場したブルー・スワルと呼ばれているラベルです。マトリクスも上と同じDR 32719-1E △51659/DR 31954 1E △-51259です。

f:id:jukeboy:20170103204737j:plain

上のラベルのLONDONロゴの下にDistributed By London Records, Inc.の表記が加わったタイプです。マトリクスは手書きでDR-32719/DR-31954と枝番無し、そのあとに反転していて判読不明の数字があります。

f:id:jukeboy:20170103204829j:plain

規格番号が45-LON-9657から5N-9657と変わったタイプです。 マトリクスは手書きでDR-32719-1/DR-31954X1です。

f:id:jukeboy:20170103205313j:plain

70年代の終わりに登場したサンセット・ラベルです。マトリクスは上と同じDR-32719-1/DR-31954X1です。

f:id:jukeboy:20170103205451j:plain

80年代に登場したホワイト・ロンドンと呼ばれる白いラベルです。マトリクスは手書きで5N-9657-A/5N-9657-B-DR-31954です。

f:id:jukeboy:20170103205659j:plain

「Not Fade Away」はプロモ2枚、レギュラー11枚発見しましたがこの他にも存在するかもしれません。パープル/ホワイトからブルー・スワルに、ブルー・スワルからサンセット・ラベルに切り替わる時に同じマトリクスで繋がるのでこの順番でいいかと思います。また、同じラベルでも枝番違いが存在するかもしれません。この2ヶ月後には最初のアルバムがリリースされこの曲は1曲目に収録されました。アメリカでの出発点とも言える曲でリリースからちょうど30年後のヴードゥー・ラウンジ・ツアーでこの曲でコンサートが始まった時にはビルが抜け新しいストーンズの再出発を感じました。オリジナルはバディ・ホリーストーンズにしては珍しい白人アーティストのカヴァーでしたがストーンズが演ると何となく黒人っぽいのが面白いですね!