jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズの珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤シングルTIME IS ON MY SIDEいろいろ!!

ローリング・ストーンズのアメリカでの4枚目のシングル「Time Is On My Side/Congratulations」です。1964年9月25日に発売され、規格番号は9708です。「Time Is On My Side」はオルガン・イントロなのでアメリカでは両面共翌10月に発売される『12X5』からの先行シングルという事になりますね。アメリカでのこのシングルは通常オルガン・イントロですが、マトリクスによってはギター・イントロのものもあります!ジャケットです。UK盤『5X5』で使われていた写真を使っています。下に白抜き文字でLONDONと45-9708とあります。裏側は上部にレコード取り出しのカットが入っていますが両面共同じデザインです。このジャケットは日本でも90年4月にCDシングルで発売されたのでお馴染みですね!

f:id:jukeboy:20170426140150j:plain

ラベルです。最初はオレンジ・スワルのプロモ盤からです。右側に45 LON 9708Vとあり、左下にPROMOTIONAL COPYのクレジットがあります。Made in U.S.A.は下にあります。マトリクスは手書きでDR 34146-1D/DR 34147-1Dです。このシングルのマトリクスは最後まで全て手書きです。

f:id:jukeboy:20170426215034j:plain

上とラベル違いです。規格番号は45-LON 9708でVはありません。左上にPROMOTIONAL COPY、右上にNOT FOR SALEのクレジットがあります。Made in U.S.A.も右上にあります。マトリクスはDR-34146-1E △54363/DR-34147-1E △54363Xです。プロモ盤は2枚ともオルガン・イントロが収録されています。

f:id:jukeboy:20170426215516j:plain

ここからレギュラー盤です。最初はパープル/ホワイトラベルです。規格番号は45-LON 9708です。全体に細い文字です。マトリクスはDR 34146-1B/DR 34147-1Bです。パープル/ホワイトラベルは以後全部オルガン・イントロが収録されています。

f:id:jukeboy:20170426215833j:plain

上のラベルと似ていますが規格番号の下にVが追加されています。文字の大きさは同じです。マトリクスはDR 34146-1C/DR 34147-1Cです。

f:id:jukeboy:20170426220054j:plain

タイトルがTIME ISで改行され2列になっています。規格番号の文字が太いです。また上の2枚と違って下部のマトリクスとMade in U.S.A.が上下入れ替わっています。マトリクスは2枚目のプロモと同じでDR-34146-1E △54363/DR-34147-1E △54363Xです。

f:id:jukeboy:20170426220502j:plain

規格番号が45で改行され2列になっています。Made in U.S.A.のクレジットがありません。マトリクスはDR 34146-1F/DR 34147-1Fです。

f:id:jukeboy:20170426220759j:plain

タイトルの下にProd. by Andrew Loog Oldham for Impact Soundのクレジットがあります。規格番号は文字の間にハイフンがありません。マトリクスはDR 34146-1H/DR 34147-1Jです。

f:id:jukeboy:20170426220859j:plain

65年からのブルースワルです。規格番号は45-LON 9708でLONDONのロゴの下にDistributed By London Records, Inc.のクレジットがあります。マトリクスは2枚目のプロモと同じでDR-34146-1E △54363/DR-34147-1E △54363Xです。

f:id:jukeboy:20170426221257j:plain

規格番号のクレジットは同じですがLONDONのロゴの下のDistributed By~のクレジットがありません。このラベルの盤だけ何故かギター・イントロ・ヴァージョンが収録されています!マスターを間違えたのか分かりませんがアメリカではよくこういうことがありますね。マトリクスはDR-34146 D1 (判読不明の反転した数字)/DR 34147 D1(判読不明の反転した数字)です。D1というのもDがつぶれていてよく読めないのでRかも知れません。

f:id:jukeboy:20170426221814j:plain

上と同じデザインですがこちらもギター・イントロ・ヴァージョンなので敢えて取り上げました。こちらは上とはマトが違います。マトリクスは枝番が無く、DR 34146/DR 34147です。おそらくこのラベルの盤には全部ギター・イントロが収録されていると思います。タイム表記も2:50のままです。

f:id:jukeboy:20170426221935j:plain

規格番号が5N-9708Vとクレジットされている75年頃からのプレスになります。マトリクスはDR 34146-1/DR 34147-1と枝番の後のアルファベットがありません。ここでまたオルガン・イントロに戻っています。

f:id:jukeboy:20170426222127j:plain

78年9月からのカラード・サンセット・ラベルです。規格番号は5N-9708Vです。マトリクスは上と同じでDR 34146-1/DR 34147-1と枝番の後のアルファベットがありません。オルガン・イントロが収録されています。

f:id:jukeboy:20170426222654j:plain

こちらもサンセット・ラベルですが、規格番号の下にマトリクスがあります。また、左側のタイム表記が上に移動して表記も大きくなっています。タイトル文字よりグループ名が大きくなっています。こちらは何故かギター・イントロになっています。マトリクスは5N-9708-A/5N-9708-Bで、ラベルの規格番号の下のマトDR-34156~はここでは使われていません。

f:id:jukeboy:20171110204946j:plain

80年代のホワイト・ロンドンです。マトリクスは上と同じで5N-9708-A/5N-9708-Bです。こちらもギター・イントロが収録されています。

f:id:jukeboy:20170426222800j:plain

上と同じホワイト・ロンドンですが、Made in U.S.A.がなく文字の書体も違います。上のラベル右側の規格番号の下のマトリクスの最後に-19とありますが、この文字が消えたものが86年以降のプレスになります。マトリクスは5N-9708-A  1-1  DR 34146/5N-9708-B  1-1  DR 34147です。こちらもギター・イントロが収録されています。

f:id:jukeboy:20170426223035j:plain

この曲はストーンズ・ヴァージョンを聞く前にグループ・サウンズザ・タイガースのライヴ盤で初めて聞きました。タイガースは何曲かストーンズの曲を演っていたので本物を聞いてみようと思いストーンズのレコードを買ったのがストーンズにハマったきっかけです!この曲はストーンズのオリジナルではありませんが初期ストーンズの代表曲と言ってもいいほど有名曲ですよね!エド・サリバン・ショーやTAMIショーで当時の映像を見ることが出来ます。81年のツアーで復活したと時はまさかと思いましたが『STILL LIFE』で聞けた演奏も円熟味を出していていいと思いました。