jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズの珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 2種類あった日本盤ジャンピン・ジャック・フラッシュ!!

サイケ路線に走っていたローリング・ストーンズの原点回帰のきっかけとなったシングル「ジャンピン・ジャック・フラッシュ/チャイルド・オブ・ザ・ムーン」です。日本ではイギリスより1ヶ月半遅れの1968年7月1日に発売されました。昭和43年、日本ではグループ・サウンズ・ブームの真っ只中ですね!この日本盤にはジャケットとインナー(歌詞カード)が2種類存在します。ジャケットです。このデザインは基本的に各国共通です。右側にタイトルのカタカナ表記「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」と丁寧にA面とクレジットがあります。左側にローリング・ストーンズ、上部に規格番号TOP-1282とLONDON RECORDSのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20170502162008j:plain

裏ジャケです。こちらも世界共通のデザインです。右下にローリング・ストーンズのクレジットがありますが、こちらが初版と言われています。

f:id:jukeboy:20170502162612j:plain

こちらは右下のローリング・ストーンズのクレジットが無いタイプです。資料ではこちらが後期タイプとなっていますが、普通逆のような気がするんですが…。

f:id:jukeboy:20170502162806j:plain

ローリング・ストーンズのクレジットがあるものとないものを並べてみました。

f:id:jukeboy:20170502162917j:plain

このシングルは歌詞カードも2種類存在します。表側は2枚とも全く同じです。横山和光さんという方の解説でブライアンが麻薬で逮捕されたことと、『ベガーズ・バンケット』という新しいアルバムが7月26日に発売される(実際にはトイレのジャケットの問題でイギリスで12月に発売されましたが)と書かれています。また、今まで370円だった洋楽のシングル盤がこのシングルから400円に値上がりしています。

f:id:jukeboy:20170502163021j:plain

最初の歌詞カードです。「チャイルド・オブ・ザ・ムーン」の歌詞が聞き取れず「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の歌詞しか載っていません。こちらは裏ジャケにローリング・ストーンズのクレジットがある方に入っていました。それでローリング・ストーンズのクレジットがある方が最初と言われているのかも知れませんね。こちらの歌詞カードはあまり見ないような気がします。

f:id:jukeboy:20170502163229j:plain

歌詞カード下部に「CHILD OF THE MOONの英詩は聞き取り困難のため、掲載できませんでした。ご了承下さい。」とあります。ミックの発音って聞き取りづらいんでしょうか?この「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の歌詞も「I was spawned in the tropics by a hurricane」と熱帯地方で生まれたことになっています。そういえば、最初に出た日本盤の『メイン・ストリートのならず者』も何曲か聞き取り不可能とありましたね!

f:id:jukeboy:20170502163431j:plain

こちらは後期プレスの「チャイルド・オブ・ザ・ムーン」の歌詞も載っているインナーです。表側の解説は全く同じです。「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の歌詞が「I was born in a cross fire hurricane」と訂正されています。こちらは裏ジャケにローリング・ストーンズのクレジットがない方に入っていました。

f:id:jukeboy:20170502163537j:plain

ラベルです。こちらは「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の方です。マトリクスはDST 1819-2 0/DST 1820 B-1です。B面がB-6のものも確認しました。

f:id:jukeboy:20170502163949j:plain

「チャイルド・オブ・ザ・ムーン」側のラベルです。

f:id:jukeboy:20170502164044j:plain「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のリフはビル・ワイマンが考えたらしいですがかっこいいリフでストーンズの代表曲とも言えますね!今でもストーンズの重要なステージでのレパートリーですが、私は『GET YER YA-YA'S OUT』のちょっと重たいような演奏が一番好きです。また、この2曲はプロモ・ビデオも作られ、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」は2ヴァージョンの演奏シーンが見れます。「チャイルド・オブ・ザ・ムーン」は最近一部がカラーになったきれいな画質のPVが見れます。ストーンズのPVは面白いのが多いのでいつかはPV完全版なんていうのを出してほしいですね!