jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズの珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ EMOTIONAL RESCUEからの幻の第3弾シングル??

ローリング・ストーンズのUSA盤のシングルで謎のテスト・プレス盤があります。アメリカのSpecialty Records Corporationというところでプレスされたテスト盤ですが、ストーンズ関係ではキースの78年のシングル「Run Rudolph Run」から81年の「Start Me Up」まで確認しました。(それ以外もあるかも知れません。)その中に1枚正規で発売されていないシングルのテスト・プレスがあります。「Dance Pt.1/Dance Pt. 2」で規格番号は21002となっています。規格番号から考えてこれはアメリカでアルバム『EMOTIONAL RESCUE』から「Emotional Rescue」「She's So Cold」に続く第3弾シングルとしてこのカップリングで発売される予定だったのではないでしょうか?Specialty Records Corporationはアメリカのペンシルバニア州にあるレコード工場です。このラベルはそのレコード工場のテスト・プレス用のラベルになります。

f:id:jukeboy:20170518203021j:plain

上のラベルはタイトルが「Dance Pt.1」、アーティストはRolling Stonesとペンで書かれています。マトリクスはST RS 38678-1/ST RS 39278-1 RSです。両面にSTERLINGの刻印があります。ラベルにはマトの他に規格番号の21002が書かれていますが当時のストーンズのUSA盤シングルを順番に規格番号を見てみると、

RS-20001 Emotional Rescue/Down In The Hole (1980.6.20)

RS-21001 She's So Cold/Send It To Me (1980.9.19)

RS-21003 Start Me Up/No Use In Crying (1981.8.14)

RS-21004 Waiting On A Friend/Little T&A (1981.12.1)

と21002が抜けています。またアメリカではストーンズ・レーベルになってからイギリスよりも1枚多くシングル・カットする習慣がありこの時にも第3弾シングルとして発売する予定だったのではと思います。このテスト盤にはプレスした日付がありNOV. 18. 1980とありますので発売日は8月の「She's So Cold」に続き「Dance」が11月か12月に発売される予定だったと考えられます。B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20170518204959j:plain

これはそのひとつ前の「She's So Cold」のテスト・プレスです。同じようにペンで書かれています。プレスされたのは発売前の1980年8月29日となっています。

f:id:jukeboy:20170518210212j:plain

「Dance Pt.2」を収録した『SUCKING IN THE SEVENTIES』は1981年3月12日に発売されたので、この曲を目玉にするためにシングルの発売を見送ったかもしれませんね。なお、プロモ12インチで81年12月1日に「If I Was A Dancer (Dnace Pt.2)/Dance (Instrumental)」(規格番号:RSR DMD 253)が作られています。これは『SUCKING IN THE SEVENTIES』で登場後ですが、B面にはこのプロモでしか聞けないインスト・ヴァージョンが収録されています。話がずれてしまいましたがアメリカでの各アルバムからのシングルの発売を見てみるとB 面には「Sway」「All Down The Line」のシングル・ミックスや「Everyting’s Turning To Gold」など当時の初登場曲が収録されているので、そのもしこのシングルが実現していれば「Dance Pt.2」が初登場となってアメリカだけの特別なシングルになったかもしれませんね。またこの頃のアメリカ盤のシングルは「Beast Of Burden」や「Shattered」など独自のデザインが多いのでどんなジャケットになっただろうかと考えてみても面白いですね!