jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズの珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ Record Club Of America①STICKY FINGERS!!

ローリング・ストーンズ・レーベルのアメリカ盤には「Record Club Of America」とステッカーが貼られたレコードがあります。アルバムでは『STICKY FINGERS』から『GOATS HEAD SOUP』まで確認しました。Record Club Of Americaというのは60年代後半から70年代中期まで活動していたペンシルバニア州のヨーク市を拠点にしたレコードの通信販売の会社のことです。店頭販売よりもレコードを安く売っていて当時の値段を調べてみると通常4.98ドルのレコードを1.99~2.99ドルで売っていたようです。送料も安かったので店頭よりも安くレコードを入手できるメリットがあったようです。主にAtcoとAtlanticのレコードを取り扱っていましたが、両者は裏ジャケに貼られたステッカーの形状が違います。ストーンズのアルバムはAtlanticのものになります。また、プレス工場コードは全てPRでこれはニュー・ジャージー州のPresswell Recordsという工場でプレスされたものです。今回は『STCKY FINGERS』のレコード・クラブ盤のラベル違い2種を紹介します。ジャケットです。表側は普通のレコードと変わりません。

f:id:jukeboy:20170522210310j:plain

裏ジャケです。左下にRecord Club Of Americaのステッカーが貼られています。

f:id:jukeboy:20170522210416j:plain

ステッカーの部分を拡大した写真です。アトランティック・レコードのライセンスの元に生産されています。と書かれています。これはまともに貼られていますが、場合によっては逆さだったり垂直だったり、貼ってなかったりとかなり適当です(笑)。貼られている位置も適当でお尻の辺だったり腰の辺のものも見かけました。

f:id:jukeboy:20170522210634j:plain

インナーです。これもアメリカ盤のレギュラー盤と同じでレコードを入れるようになっています。

f:id:jukeboy:20170522210942j:plain

反対側です。ジャケットとインナーはレコード・クラブ特別仕様というのはなく、通常のUSA盤と全く同じものです。

f:id:jukeboy:20170522211019j:plain

ラベルです。こちらは最初のラベルでリムの住所が旧住所になっています。ラベルの下部にステッカーと同じ文が印刷されています。そのため通常は下部にあるマトリクス表記がSIDE ONEの下へ移動しています。マトリクスは手書きでST-RS-712189-C/ST-RS-712190-Bです。

f:id:jukeboy:20170522211136j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20170522211241j:plain

ラベル下部を拡大した写真です。

f:id:jukeboy:20170522211341j:plain

『STICKY FINGERS』にはセカンド・プレスが存在しています。リムの部分が変わり新住所となっています。マトリクスは手書きでST-RS-712189 B/ST-RS-712190 Aです。末尾のアルファベットが旧住所のものより若くなっています。なお通常盤のプレス工場PRの盤では旧住所で末尾がA/B、新住所で末尾がD/Bのマトを確認しているので末尾のアルファベットの組み合わせはもっとあるかと思います。

f:id:jukeboy:20170522211439j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20170522211503j:plain

『STICY FINGERS』のUSA盤は1971年4月23日の発売ですが、このレコード・クラブ盤は72年から発売され73年の終わり頃には売り切れたようです。当時日本でもソニー・レコード・クラブというのがあってディープ・パープルなどのレコードを売っていましたね。日本では独自のジャケットだったと記憶していますがアメリカではレコード店で売っているものと同じ仕様です。しかし、ステッカーが貼られていたり、ラベルにクレジットがあるとなんだか特別感がありますね!「スティッキー」は結構見かけるので買った人が多かったんでしょうね。