jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズの珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤シングルTHE LAST TIMEいろいろ!!

ローリング・ストーンズのアメリカでの6枚目のシングル「The Last Time/Play With Fire」です。1965年3月12日に発売され、規格番号は9741です。初の両面オリジナル曲でのシングルとなります。デビュー当時のストーンズとは違いリフが印象的な曲でこのシングルから快進撃が始まったといっても過言ではないと思います。B面の「Play With Fire」も名曲です!初期盤にはピクチャー・スリーヴが付けられました。

f:id:jukeboy:20170614204806j:plain

裏側です。上部レコード取り出し口のカットがある以外は表と同じデザインです。

f:id:jukeboy:20170614204901j:plain

プロモ盤のラベルです。規格番号が45 LON 9741Vとなっています。ラベルの左下にPROMOTIONAL COPYがあります。マトリクスはDR 35209-1B/DR 35210-1Bです。なお、このシングルのマトは80年代まで全て手書きです。

f:id:jukeboy:20170614205218j:plain

規格番号末尾のVがなくなったラベルです。ラベルの左上にPROMOTIONAL COPY、右上にNOT FOR SALEがあります。マトリクスはDR 35209-1E  △56396/DR 35210-1E  △56396-Xです。

f:id:jukeboy:20170614205357j:plain

ここからレギュラー盤です。パープル/ホワイト・ラベルです。65年の夏頃にはブルースワルに変ってしまったので「The Last Time」のパープル/ホワイト・ラベルはこのデザインしか存在しません。マトリクスはDR 35209-1E  △56396/DR 35210-1E  △56396-Xですがもっと若いのがあると思います。

f:id:jukeboy:20170614205955j:plain

65年の夏頃からのブルースワルです。最初はLONDONのロゴが白抜きになっていました。これは短期間だけ出回りました。マトリクスはDR 35209-1D/DR 35210-1Dです。

f:id:jukeboy:20170614210303j:plain

ホワイト・ロンドンですが上のラベルの規格番号の末尾からVがなくなったラベルです。その他の配置は全く同じです。マトリクスはDR 35209-1F/DR 35210-1Gです。

f:id:jukeboy:20170614210502j:plain

LONDONのロゴが通常の黒いラベルです。LONDONのロゴが白から黒に変った以外は上のラベルと全く同じです。マトリクスはDR 35209-1F/DR 35210-1Aです。

f:id:jukeboy:20170614210946j:plain

文字のフォントが変わり、Made in U.S.A.が規格番号の上へ移動しています。プロデューサー・クレジットが下部から規格番号の下へ移動しています。マトリクスは2番目のプロモと同じでDR 35209-1E  △56396/DR 35210-1E  △56396-Xです。

f:id:jukeboy:20170614211306j:plain

LONDONのロゴの下にDistributed by London Records, Inc.のクレジットがあります。マトリクスはDR 35209-1E  △56396/DR 35210-1E  △56396-Xです。

f:id:jukeboy:20170614211525j:plain

1975年9月からの規格番号が5N-9741に変ったラベルです。マトリクスはDR 35209-1/DR 35210-1と末尾のアルファベットがありません。

f:id:jukeboy:20170614211915j:plain

1978年9月頃からのカラード・サンセット・ラベルです。このラベルは2種類あり、こちらはMade in U.S.A.が規格番号の上にあります。マトリクスはブルースワルの最後と同じでDR 35209-1/DR 35210-1と末尾のアルファベットがありません。

f:id:jukeboy:20170614212241j:plain

上とは文字のサイズが違い、Made in U.S.A.がラベルの下部に移動しています。マトリクスは5N9-741-DR-35209/5N9-741-DR-35210です。

f:id:jukeboy:20170614212506j:plain

80年代のホワイト・ラベルです。マトリクスは上と同じで5N9-741-DR-35209/5N9-741-DR-35210です。

f:id:jukeboy:20170614212744j:plain

最初にも書きましたが、この曲はブライアンの演奏するリフが印象的です。間奏のギター・ソロはキースで計算されたいいフレーズを弾いています。この頃からオリジナル曲のアレンジも凝ったものになり演奏力もグッと上がりましたね!エンディングで延々と続くミックのシャウトもスゴイです。「Play With Fire」は美しいバラードで初来日公演でも演奏されましたね。両面強力なナンバーが収録された素晴らしいシングルだと思います。