jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズの珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ UK盤 LET IT BLEED モノラルいろいろ!!

ローリング・ストーンズのイギリスでの8枚目のスタジオ・アルバム『LET IT BLEED』です。1969年12月5日に発売され、規格番号はモノラルLK 5025、ステレオはSKL 5025です。このアルバムはジャケットやラベルのヴァリエーションが多いのでモノラルとステレオを分けて取り上げます。今回はモノラルです。イギリスでは最後のモノラル盤となりました。ジャケットのケーキはデリア・スミスという料理家が制作したらしいです。ジャケットにはポスター付きのステッカーが貼られています。プロデューサーは前作からのジミー・ミラーです。

f:id:jukeboy:20170709195545j:plain

裏ジャケです。ステレオ兼用のジャケットになっていて右上の穴から中のモノラル用のインナーの赤い色で見分けるようになっています。

f:id:jukeboy:20170709195749j:plain

右上の穴の部分です。中のインナーの色からRED-MONO、BLUE-STEREOのクレジットがあります。 

f:id:jukeboy:20170709195830j:plain

モノラルのジャケットの印刷所の部分です。ステレオは穴あきだけではなくSTEREOとクレジットされた他の印刷所のジャケットがありますが、モノラルは穴あきだけなのでUpton Printing Groupと印刷所の記述がないものの2種類です。

f:id:jukeboy:20170709200018j:plain

左下にDECCAのロゴと住所等のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20170709201903j:plain

初期盤に付けられていたポスターです。

f:id:jukeboy:20170709200336j:plain

UK盤はポスターの右下にDECCAのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20170709200434j:plain

左下にポスターをデザインしたVictor Kahnという人のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20170709200517j:plain

一部の盤にはストーンズのレコードを紹介した12ページの小冊子が付けられていました。カタログには『ファースト』から『LET IT BLEED』まで載っています。

f:id:jukeboy:20170709201703j:plain

冊子の裏表紙です。

f:id:jukeboy:20170709201745j:plain

インナーです。モノラルは赤い淵に囲まれて全体にMONO・MONO…と書かれています。曲名と各曲の担当楽器のクレジットがあります。右下にTHIS RECORD SHOULD BE PLAYED LOUDと書かれています。これは当時の日本盤のライナーにも説明があったので有名ですよね!

f:id:jukeboy:20170709200756j:plain

「You Can't Always Get What You Want」のWith The London Bach Choriの部分を黒塗りにしたセカンドのインナーです。

f:id:jukeboy:20170709200851j:plain

最初のインナーのWith The London Bach Choriのクレジットがある部分です。

f:id:jukeboy:20170709201017j:plain

With The London Bach Choriのクレジットがある部分を黒塗りにしたインナーです。なお、ステレオのインナーにはこの部分を消して修正した3番目のインナーが存在しますがモノラルは製造期間が短かったのかこの2種だけで、この部分が修正されたインナーはありません。

f:id:jukeboy:20170709201426j:plain

インナーの反対側です。

f:id:jukeboy:20170709200940j:plain

ラベルです。オープン・デッカとボックスト・デッカのラベルがありますがマトの若いレコードから行きます。Side 1が右側にあります。出版社のクレジットは左側にまとめてあり、各曲の後に記号でクレジットされています。マトリクスはXARL-9363-1A/XARL-9364-1Aです。印刷所の部分はSleeve Printed In Englandのみで、表側にポスター付きのステッカーが貼ってあります。インナーは最初のものです。

f:id:jukeboy:20170712140148j:plain

上のラベルと同じくSide 1が右側にありますが文字のサイズが小さくなっています。また、上では記号だった出版社のクレジットが各曲の後にフルでクレジットされています。また、プロデューサー・クレジットが2行になっています。マトリクスはXARL-9363-1A/XARL-9364-2Aです。印刷所はUpton Printing Groupで、表側のポスター付きのステッカーは無いですがポスターは付いています。インナーは2番目の黒塗りのものです。

f:id:jukeboy:20170712133254j:plain

上のラベルでは右側にあったSide 1が左側へ移動しています。文字のサイズも多きくなり、プロデューサー・クレジットが1行になっています。こちらも出版社のクレジットは各曲の後にクレジットされています。マトリクスはXARL-9363-1A/XARL-9364-2Aです。印刷所はUpton Printing Groupで、表側にポスター付きのステッカーが貼ってあります。インナーは専用のものではなく、他のレコードと共通のモノラル用の周りが赤いものです。

f:id:jukeboy:20170712133616j:plain

ここからボックスト・デッカのラベルです。Side 1が左側にあります。規格番号の上のマトリクスは逆さ文字ではありません。全体にオープン・デッカの2番目のラべルに似ています。マトリクスはXARL-9363-2A/XARL-9364-1Aと両面共上と順番が変動しています。印刷所の部分はSleeve Printed In Englandのみで、表側のポスター付きのステッカーはありません。インナーは他のレコードと共通の周りが赤いものです。

f:id:jukeboy:20170712135525j:plain

上のラベルと殆ど同じですが、規格番号の上のマトリクスに括弧がありません。また、今までのラベルと違いラベル下部のMANUFACTURED BY THE DECCA RECORD CO. LTD.の部分が今まではBYで改行されていましたが、これだけTHEで改行されています。マトの括弧が無いのでこちらが最初かと思いましたが、この改行のクレジットで後にしました。マトリクスはXARL-9363-2A/XARL-9364-1Aです。印刷所の部分はSleeve Printed In Englandのみで、表側にポスター付きのステッカーがあります。インナーは他のレコードと共通の周りが赤いものです。

f:id:jukeboy:20170712141142j:plain

モノラルは70年1月までの生産されたという資料がありますが、ホントだとしたらプレス時期は2ヶ月だけと短かったですね。ラベルの変遷を考えると少し疑問が残りますが…。このレコードはA面にミック・テイラーが2曲、B面にブライアン・ジョーンズが2曲参加している過渡期のレコードです。殆どのギターはキースが担当していて珍しいスライドも聞けますね。「You Got The Silver」ではキースがヴォーカルも担当しています。名曲揃いで、ライヴで演奏する曲が多数収録されていてホントに名盤ですよね!ステレオは次回紹介します。