jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズの珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤シングル19TH NERVOUS BREAKDOWN いろいろ!!

ローリング・ストーンズのアメリカでの10枚目のシングル「19th Nervous Breakdown/Sad Day」です。1966年2月12日に発売され、規格番号は45-9823です。イギリスでは2月4日にB面が「As Tears Go By」で発売され、こちらの「Sad Day」は73年の『NO STONE UNTURNED』に収録されるまで未発売でした。初期盤にはピクチャースリーヴが付けられ、未発売アルバム『COULD YOU WALK ON THE WATER』用のフォト・セッションでの写真が使われています。何故かこのシングルのピクチャースリーヴだけ他のUSA盤と比べると艶が無く若干紙質も違います。

f:id:jukeboy:20171019210654j:plain

裏ジャケです。上部にレコード取り出し口に切り込みがある以外は表側と同じです。他のUSA盤のピクチャースリーヴは色鮮やかなものが多いですが、この頃の危ない奴らのイメージを出したのか白黒で暗いジャケットです。 

f:id:jukeboy:20171019211029j:plain

ラベルです。最初はオレンジ・スワルのプロモです。左側にPROMOTIONL COPYとあります。マトリクスは手書きでDR 37398-1A/DR 37497-1Bです。AB面の数字が39378と37497で順番ではなく相当離れています。マトリクスはこれ以降レギュラー盤も全て手書きです。

f:id:jukeboy:20171019211905j:plain

LONDONのロゴの下にDistributed by London Records, Inc.があります。左側にPromotional Copy、右側にNot For Saleがあります。また、規格番号の45とLONの間にハイフンが入ります。Made in U.S.A.は規格番号の上に移動しています。マトリクスはDR 37398-1F/DR 37497-1F  △60454です。

f:id:jukeboy:20171019212404j:plain

ここからブルー・スワルのレギュラー盤です。最初のプロモ盤と文字の配置が同じです。マトリクスはDR 37398  52103/DR 37497  52105と変則的なものと、DR 37398-1H/DR-37497-1Gです。おそらくこれが初回のラベルだと思いますので末尾のアルファベットがもっと若いのがあると思います。

f:id:jukeboy:20171019213805j:plain

規格番号の上にMade in U.S.A.があります。規格番号の45とLONの間にハイフンがあります。2番目のプロモと似ていますが、LONDONのロゴの下のDistributed by London Records, Inc.はありません。マトリクスはDR 37398-1E/DR 37497-1E  △60454です。

f:id:jukeboy:20171019214114j:plain

上のラベルと文字の配置は同じですがLONDONのロゴの下にDistributed by London Records, Inc.があります。マトリクスも同じでDR 37398-1E/DR 37497-1E  △60454です。A面の末尾が-1Fのものも確認しました。

f:id:jukeboy:20171019214258j:plain

上の2枚とは文字のフォントが違います。マトリクスはDR 37398-BW1/DR 37497-BW-2です。BWはプレス工場コードでニュー・ジャージー州のBestway Products,Inc.です。

f:id:jukeboy:20171019214640j:plain

75年からの規格番号が5N 9823となっているラベルです。マトリクスはDR-37393-1D/DR 37497-1です。

f:id:jukeboy:20180306143048j:plain

1978年からのカラード・サンセット・ラベルです。文字のフォントや配置が上の5Nのブルースワルのラべルと全く同じです。マトリクスも同じDR-37398-1D/DR 37497-1です。

f:id:jukeboy:20171020142328j:plain

こちらもサンセット・ラベルですが、規格番号や曲名、グループ名の文字が上のラベルより小さくなっています。プロデューサー・クレジットが規格番号の下へ移動しています。マトリクスは5N-9823-A/5N-9823-Bです。マトリクスから判断してこちらを後に挙げました。

f:id:jukeboy:20171020142709j:plain

86年からの 白ラベルです。マトリクスは上と同じで5N-9823-A/5N-9823-Bです。

f:id:jukeboy:20171020142857j:plain

この曲は『AFTERMATH』のセッションで生まれたらしいですね。ミックのねちねちした歌い方やそれに絡むキースのコーラス、そしてブライアンの単音のギターとキースのリズムを刻むスピード感のあるギターのコンビネーションがいいですね。ビルの低音域でうごめいているようなベースもいいです。エンディングのテケテケテケと急降下するフレーズが印象的です。エド・サリバン・ショーで映像も見れ、ライヴ盤の『GOT LIVE IF YOU WANT IT』でもスピード感のある演奏が聞けます。B面の「Sad Day」はいかにもこの頃のストーンズが作りそうな曲で『AFTERMATH』に入っていないのが惜しいくらいの名曲ですよね。この曲は当時イギリスでも未発売で73年に日本を始め各国でシングルでリリースされました。前のシングルが「Get Off Of My Cloud」、この後が「Paint It Black」とヒット曲を連発していた勢いあるストーンズが聞けますね!