jukeboy’s diary

ストーンズ大好き人間です。1972年から集めてきたローリング・ストーンズの各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤シングルPAINT IT, BLACKいろいろ!!

あけましておめでとうございます。昨年はたくさんの方にアクセスして頂きましてありがとうございました。今年もストーンズのレコードを1枚でも多く紹介出来たらと思っています。USA盤もやっと66年まで行きましたが今年中にはストーンズ・レーベルに行けたらと思っておりますので気長にお付き合い願います。

ロ-リング・ストーンズのアメリカでの11枚目のシングル「Paint It, Black/Stupid Girl」です。1966年5月6日に発売され、規格番号は45-901です。今までの規格番号と違いこのシングルからストーンズ専用の900番台の番号が付けられました。それまでのストーンズのサウンドと違いブライアンがシタールを弾いて東洋的でサイケデリックな感じになっています。AB面共この後の7月に発売されるUSA盤の『AFTERMATH』に収録されています。初期盤にはピクチャースリーヴが付けられ、未発売アルバム『COULD YOU WALK ON THE WATER?』用のフォト・セッションで撮られた写真が使われています。下にLONDONのロゴと規格番号の45-901があります。なおアメリカでは表記が「Paint It, Black」となっています。

f:id:jukeboy:20171025214557j:plain

裏ジャケです。上部にレコード取り出し用の切り込みがある以外は表側と同じデザインです。

f:id:jukeboy:20171025214716j:plain

ラベルです。最初はプロモ用のオレンジ・スワルです。規格番号の表示が45 LON 901となっています。左側にPROMOTIONAL COPYのクレジットがあります。マトリクスは手書きでDR 38032-1E/DR 38033-1Fです。

f:id:jukeboy:20171025214953j:plain

規格番号の表示が45-901となっています。上のラベルでグループ名の下にあったMade in U.S.A.とエンジニアのクレジットが規格番号の上と下へ移動しています。左側にPROMOTIONAL COPY、右側にNOT FOR SALEがあります。マトリクスは手書きでDR 38032-1L  △61543/DR 38033-1L  △61543-Xです。

f:id:jukeboy:20171025215442j:plain

ここからレギュラー盤のブルー・スワルのラベルです。これは最初のプロモと文字の配置が同じです。マトリクスは手書きでDR 38032-1E/DR 38033-1EとB面の末尾のアルファベットがプロモのFより若くなってEです。

f:id:jukeboy:20171026183032j:plain

規格番号の表記が45 LON 901から45-901に変わっています。規格番号の上にMade in U.S.A.があります。マトリクスは手書きでDR 38032-1M  △61543/DR 38033-1J  △61543-Xです。

f:id:jukeboy:20171026185725j:plain

規格番号が45-901です。上のラベルと文字の配置は同じですが文字のフォントが違います。LONDONのロゴの下にDistributed by London Records, Inc.のクレジットがあります。マトリクスは手書きでDR 38032-1K  △61543/DR 38033-1K  △61543-Xです。

f:id:jukeboy:20171026184303j:plain

規格番号は45-901です。規格番号の上にMade in U.S.A.が、下にエンジニアのクレジットがあります。プロデューサー・クレジットは左側へ移動しています。LONDONのロゴの下にDistributed by London Records, Inc.のクレジットがあります。マトリクスは手書きでDR 38032-1L  △61543/DR 38033-1L  △61543-Xと2番目のプロモと同じです。

f:id:jukeboy:20171026185011j:plain

今までと文字のフォントが違い、細い字体になっています。規格番号の下にMade in U.S.A.があります。LONDONのロゴの下のDistributed by London Records, Inc.のクレジットはありません。マトリクスは手書きでDR 38032-1N/DR 38033-1Nです。

f:id:jukeboy:20171026190127j:plain

規格番号の文字のフォントが違います。Made in U.S.A.が無く、左側のマトリクスの後ろにBWのクレジットがあります。BWはプレス工場コードでニュー・ジャージーのBestway Products,Inc.です。マトリクスは手書きでDR 38032-BW-4/DR 38033-BW-3と今までのマトとは末尾が別のものになっています。

f:id:jukeboy:20171026183633j:plain

78年からのカラード・サンセット・ラベルです。Time 3:19が右側にあります。タイトル文字が大きいです。マトリクスは手書きでDR 38032-1R/DR 38033-1Rです。なお、初めからここまではAB面共モノラルです。

f:id:jukeboy:20171026191254j:plain

こちらもサンセット・ラベルですがTime 3:19が左側へ移動しています。タイトル文字が小さいです。マトリクスは手書きで5N-901-A/5N-901-Bです。このラベルからマスターが変わりAB面共リアル・ステレオが収録されています。

f:id:jukeboy:20171026191440j:plain

86年からの白ラベルです。右側にSTEREO表記があります。上と同じでAB面共ステレオが収録されています。マトリクスは手書きで5N-901-A/5N-901-Bです。

f:id:jukeboy:20180508205232j:plain

エド・サリバン・ショーでこの曲を演奏する姿が見れますがブライアンは座ってシタールを弾いていてカッコいいですね!エンディングのビルの上下するベースも雰囲気を出していて素晴らしいです。このUSA盤シングルは70年代後半まではモノラルで高音と低音が一体となった迫力のある音が楽しめます。イギリスではこの時点で『AFTERMATH』が発売されていたのでB面は「Long Long While」でしたが、アメリカ盤の『AFTERMATH』は7月に発売されたので「Stupid Girl」は先行発売として登場しましたが、この曲はイアン・スチュワートのオルガンが印象的なロック・ナンバーです。「Paint It Black」は89年ツアーで復活してからステージでの重要なレパートリーですがタイムマシーンで60年代に行ってブライアンのシタール演奏を生で見てみたいですね!