jukeboy’s diary

ローリング・ストーンズの珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ チリ盤別ジャケット BEGGAR'S BANQUET いろいろ!!

ローリング・ストーンズのチリ盤『BEGGAR'S BANQUET』です。チリでは現地語のタイトル表記『EL BANQUTE DE LOS MENDIGOS』が使われています。1969年に発売され、規格番号はモノラルLLC-38574、ステレオSLLC-38574です。また、未確認ですがモノラルには再発盤でLDC-38545があるようです。南米盤によく見られる白いジャケットでタイトル文字だけ現地語になっているジャケットとは違い、チリ盤は独自のもので通常の見開きの中にあった写真が使われています。厚紙をビニールで挟む南米盤によく見られる作りとなっています。そのため見開きではありません。上部に現地語タイトル、中心にグループ名があります。写真を撮影するためビニールが外れてしまったジャケットを使っています。また、ステレオは未入手なので今回はモノラル盤を紹介します。

f:id:jukeboy:20180506205755j:plain

タイトルの部分です。文字は各国同様飾り文字のアルファベットが使われています。

f:id:jukeboy:20180506205957j:plain

右下に南米盤によく見られる上に丸いffrrのあるLONDONのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20180506210209j:plain

左下にR.S.V.P.があります。

f:id:jukeboy:20180506210302j:plain

裏ジャケです。こちらには曲目などのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20180506210346j:plain

右上に規格番号とLONDONのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20180506210438j:plain

曲目の部分です。チリの公用語であるスペイン語で表記されています。何故か「Stray Cat Blues」が欠落していますが、レコードにはちゃんと収録されています。ちなみに「Stray Cat Blues」の現地語タイトルは「Los Blues Del Gato Descarriado」です。

f:id:jukeboy:20180506210640j:plain

左下のクレジットの部分です。

f:id:jukeboy:20180506211226j:plain

下部中央にINDUSTRIA CHILENAのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20180506211428j:plain

通常はこのように2枚の厚紙をビニールで包んだジャケットとなっています。

f:id:jukeboy:20180506212352j:plain

ラベルです。こちらは初回盤と言われている緑色のラベルです。LONDON ffrrのロゴの下にタイトルがあります。左側に規格番号のLLC-38574と面表示のAがあります。タイトルはスペイン語の後に英語表記となっています。マトリクスは機械打ちでXARL-8476-6A/XARL-8477-2Aです。刻印はUK盤のモノラルと全く同じで、UK盤にも-6A/-2Aがありますね。

f:id:jukeboy:20180506213542j:plain

B面のラベルです。「Prodigal son」を含め全曲ミックとキースのクレジットとなっています。

f:id:jukeboy:20180506213609j:plain

こちらはセカンド・プレスと言われている黄色いラベルです。タイトルが中心より下へ移動して、曲目は1行ずつではなく4行に詰めて書かれています。マトリクスは機械打ちでXARL-8476-6A/XARL-8477-2Aと緑色のラベルのマトと同じです。

f:id:jukeboy:20180506214038j:plain

B面のラベルです。こちらも「Prodigal Son」のクレジットはミックとキースになっています。

f:id:jukeboy:20180506214105j:plain

なんといってもチリ盤独自のジャケットがいいですね~。通常は見開きの内側で使われている写真ですが、こうやって外側で使われるとトイレのジャケットがダメだったら各国でこちらで出せばよかったのに、とも思ってしまいます。意外と音はUK盤のモノラルと全く同じ音圧、音質で各楽器がはっきりしていて硬い迫力のある音が聞けます!マトリクスの刻印がUK盤のモノラルと全く同じなので元は同じマザー、スタンパーを使っているのかも知れませんね。これは当時経済的にイギリスと交流があったからかも知れません。音もいいしジャケットも『ベガバン』のなかでは一番珍しいレコードだと思います。