jukeboy’s diary

ストーンズ大好き人間です。1972年から集めてきたローリング・ストーンズの各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ イタリア盤シングル CON LE MIE LACRIME いろいろ!!

ローリング・ストーンズのイタリア盤シングル「Con Le Mie Lacrime/Heart Of Stone」です。1966年5月2日(一般的には3月16日と言われていますが??)に発売され、規格番号はF 22270です。ご存知の通り「As Tears Go By」のイタリア語ヴァージョンです。ミックがイタリア語で歌い、バックの演奏も違います。1966年3月15日にロンドンのIBCスタジオで録音されたそうです。イタリア語の訳詞を書いたのはダンパという人で、ラベルの作者クレジットに名前を連ねています。この曲は当時イタリアのみのシングル盤で発売されています。ジャケットは65年頃のメンバーの写真が使われています。

f:id:jukeboy:20180807211634j:plain

裏ジャケです。メンバーの紹介が書かれています。

f:id:jukeboy:20180807211758j:plain

このレコードのラベルは2種類存在します。こちらは初版のカーヴド・デッカのラベルです。作者クレジットにはJagger-Richardの他にイタリア語の訳詞をしたDanpaの名前がクレジットされています。マトリクスは機械打ちでXDRI 34777 A  16-3-66/XDR 34777  16-3-66です。16-3-66の日付の部分は手書きです。 日付のクレジットから考えて一番最初に書いた一般的な発売日の3月16日は間違いで、5月2日の方があっていると思います。おそらくここに刻まれた日付が間違って発売日になってしまったのだと思います。 

f:id:jukeboy:20180807211858j:plain

こちらはボックスト・デッカのラベルです。イタリアでは67年3月発売の「Let's Spend The Night Together」までカーヴド・デッカ、67年8月発売の「We Love You」からボックスト・デッカとなっているのでその間にデッカのロゴが変更されたと思います。上のラベルと比べると文字の大きさやクレジットが大幅に変更されています。マトリクスは上と同じです。

f:id:jukeboy:20180807212749j:plain

また、細かいことですが裏ジャケのレコード取り出し口に切り込みがあるものと無いものがあります。切り込みの有り無どちらが初期型か、また印刷所の違い等現時点では不明です。

f:id:jukeboy:20180807212928j:plain

また1973年5月(71年説もありますが…)にはセカンド・ジャケが登場します。こちらはミックのステージ写真になっています。

f:id:jukeboy:20180807213250j:plain

裏ジャケです。こちらも初回盤とは全く違ったデザインになっています。下にストーンズのレコードのカタログがあります。ここにイタリアで72年10月に発売された『ROCK'N ROLLING STONES』が載っているので71年発売説は間違っていると思います。

f:id:jukeboy:20180807213315j:plain

ボックスト・デッカですがラベルも薄い青になり、リムも違ったものになっています。マトリクスは機械打ちでXDRI 34777 A  16-3-66/XDR 34777  8/5/73です。A面の日付の部分だけ手書きです。B面の日付から考えて73年発売で間違いないと思います。

f:id:jukeboy:20180807213752j:plain

イタリアでは白ラベルのジュークボックス用のレコードが多数作られていますがこのシングルもジュークボックス用のレコードが存在します。最初の発売より少し前の66年4月5日に配られたという資料があります。規格番号は45-F DJB 1となりB面が「Heart Of Stone」ではなく、「Talkin' About You」に変更されています。イタリアのジュークボックス用のレコードはタイトルによってB面が違っていたり、違うアーティストのものもあります。このレコードにはピクチャースリーヴの真ん中をくり抜いたジャケットのものもあります。おそらく初期の一部に付けられていたのかと思います。ジャケットのB面は「Heart Of Stone」のままです。

f:id:jukeboy:20180807214509j:plain

裏側です。B面は「Talkin' About You」です。

f:id:jukeboy:20180807214713j:plain

ラベルです。カーヴド・デッカの白ラベルです。マトリクスはきか機械打ちでXDRI 34777 A  16-3-66/ARL 6974/1  5-4-66です。両面共日付の部分は手書きです。B面の日付が4月5日で、先に書いた配られたという日付と同じなのでこれも怪しくなってきますね! 

f:id:jukeboy:20180807215058j:plain

77年か78年頃に出たボックスト・デッカの白ラベルです。こちらはA面にOLYMPIC RUNNERSというアーティストの「Keep It UP」という曲が収録されています。この曲は1977年に発売された曲だそうです。規格番号はDSP 101です。マトリクスはZCL 8207  25-11-77/XDRI 34777 A  16-3-66でストーンズ側のマトは同じです。また、このシングルには文字だけのデザインのジャケットが存在しますが1度しか見た事が無く、とんでもない高値で売られていたので持っていません。

f:id:jukeboy:20180807215313j:plain

82年にヨーロッパ・ツアーのイタリア公演を記念して4枚のプロモ・シングルが入ったボックスが作られましたがその中の1枚に「Con Le Mie Lacrime」があります。こちらはA面が「Satisfaction」になっています。ラベルにステレオとクレジットされていますがモノラルです。マトリクスは機械打ちでXDR 35801/XDRI 34777 A 16-3-66でこの「Con Le Mie Lacrime」は最後まで同じマトが使われていたことになりますね!このシングルはボックスに4枚まとめて入っているものと単品のものが存在します。デッカからは4曲選ばれましたがこの曲が入っているという事はイタリアの人にとってこの曲は特別なものなのかもしれませんね!

f:id:jukeboy:20180807215711j:plain

発売から50年を記念して2016年に再発されたシングルです。同時期のモノ・ボックスの特典の9枚のシングルはMade in GermanyでしたがこのシングルはMade in the EUとなっているので特典とは別にリリースされたようです。規格番号は0602557019643です。ジャケットはオリジナル盤と同じデザインですが厚紙で写真もコピーしたような感じになっています。専用のビニール袋の左上にイタリア語で書かれたシールが貼られています。B面はオリジナル同様「Heart Of Stone」です。

f:id:jukeboy:20180807220542j:plain

裏ジャケもオリジナル盤と同じデザインです。バーコードと下部にいろいろなクレジットが追加されています。

f:id:jukeboy:20180807220355j:plain

ラベルです。カーヴド・デッカですが右側にABCKOのロゴがあります。ラベルにはXDRI 34777という今までのマトの逆さ文字が書かれていますが、レコードのマトは手書きでBG 45607 01 A1  5701964/BG 45607 01 B1  5701964と全く違ったものとなっています。

f:id:jukeboy:20180807220508j:plain

当時はビートルズもドイツ語の「She Loves You」や「抱きしめたい」があり、現地語で録音するのが流行ったんでしょうか?フランス・ギャルやシルビー・ヴァルタンも日本語で録音していますね。このストーンズのこのイタリア語のヴァージョンはどういったいきさつで録音されたのか不明ですが、英語版とはバックの演奏も全く違うので貴重だと思います。私は77年頃に『SHADES OF ORENGE』というブートレグでこの曲を初めて聞きましたが当時はイタリアで正規発売されていたことを知らず未発表曲だと思っていました。このアルバムには『サタニック』の未発表曲だといってTHE ENDの曲が収録されていたりしましたね(笑)。当時は情報が無かったし本気にして聞いていました。イタリア以外では80年代に入ってから発売され、2016年のモノ・ボックスでやっとCD化されましたね。ブートではハープシコードがオーバーダビングされる前のテイクも聞くことが出来ますが、このハープシコードを弾いているのはMike Leanderという人らしいです。また、この曲は2006年7月11日にミラノでライヴ演奏もされていてブートで聞くことが出来ます。ストーンズの長い歴史の中でイタリア語の歌というのはこれしかないので珍品ともいえる曲ですよね!