ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

1972年から集めてきたローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

キース・リチャーズ TALK IS CHEAP 各国盤いろいろ①!!

キース・リチャーズの初ソロアルバム『TALK IS CHEAP』です。このアルバムが発売された当時はストーンズが危ういときで、ミックに続いてキースもソロを出すなんていよいよストーンズが終わるなと思った記憶があります。先日「30周年記念盤」が発売されたばかりですが、ここでは当時の各国盤を紹介します。結構いろんな国で発売され数が多いので何回かに分けて紹介しようと思います。今回は英米日とドイツ、フランス、イタリア盤を紹介します。イギリスでは1988年10月1日に発売されました。ジャケットはキースのどくろのリングとブレスレット、そして煙草をフューチャーしたいかにもキースといった感じの渋い写真です。表側は各国全く同じですのでイギリス以外の国では裏ジャケのUK盤と違う細かい部分とラベルを紹介します。

f:id:jukeboy:20190404180139j:plain

UK盤の裏ジャケです。規格番号はV 2554です。テレキャスとどくろリング、いかにもキースといった感じですよね!

f:id:jukeboy:20190404180514j:plain

右上の規格番号の部分です。バーコードとV 2554があります。

f:id:jukeboy:20190404180554j:plain

右下にヴァージンのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20190404180621j:plain

インナーです。片側はキースのアップの写真が使われています。

f:id:jukeboy:20190404180707j:plain

インナーの反対側です。こちらは各曲の演奏者や、アルバムのクレジットがあります。レコード取り出し口が丸くカットされています。このインナーは国によって紙質が違いますがUK盤は硬いしっかりとした造りです。

f:id:jukeboy:20190404180802j:plain

インナーの右下に規格番号V 2554と各クレジットがあります。

f:id:jukeboy:20190405130842j:plain

UK盤のラベルです。ラベル上部にタイトルや曲目、作者クレジットがまとめられています。文字は中央揃いになっていますが偶然か三角形に見え、VirginのVの文字が曲名にかかっているのが意図してデザインしたようで面白いですね!右側に規格番号のV 2554があります。左側に面表記SIDE ONEと回転数、STEREOがあります。下部にヴァージンの四角で囲ったVのロゴがあります。マトリクスは機械打ちでV 2554 A-2U-1-1/V2554B-1U-1-1です。

f:id:jukeboy:20190404181205j:plain

USA盤です。USA盤はシールドの上にステッカーが貼られています。規格番号は1-90973です。

f:id:jukeboy:20190404181330j:plain

ステッカーです。第1弾シングル「Take It So Hard」をフューチャーして、アルバムの中からシングルや12インチに収録された3曲が載っています。

f:id:jukeboy:20190404181354j:plain

裏ジャケ右上のバーコードの部分です。規格番号は何処にもありません。

f:id:jukeboy:20190404181647j:plain

裏ジャケ右下の部分です。USA盤はこの部分にアルバムのクレジットがまとめられています。

f:id:jukeboy:20190404181752j:plain

インナーの規格番号の部分です。USA盤はUK盤よりも薄めの紙が使われています。

f:id:jukeboy:20190405130931j:plain

ラベルです。上に逆三角形のマークがあり曲目が左揃いで並んでいます。その下に青いVirginのロゴがあり色的にきれいなデザインです。面表記はside oneと全部小文字です。右下に規格番号の1-90973とマトリクスがあります。マトリクスは手書きでSTVR 887129A  △22649  B-33069-A  SPAR/STVR 887130B  △22647-X  B-33070-Dです。両面STERLINGの刻印があります。

f:id:jukeboy:20190404181903j:plain

日本盤です。規格番号はVJL-28056です。「最初で最後のサティスファクション」のキャッチコピーの帯が付けられています。発売元はヴァージョン・ジャパン株式会社、販売元はビクター音楽産業株式会社です。写真はプロモ用で右上に「見本盤」のシールが貼られています。日本ではこの頃からCDへ移行していて、翌年の『STEEL WHEELS』はついにCDのみの発売でした。このアルバムも当時CDで買った人が多かったのではと思います。私はこの時はまだCDプレイヤーを持っていなかったのでレコードで買いました。

f:id:jukeboy:20190404182839j:plain

日本ではライナー・ノーツと歌詞カードが付いています。そして他国ではインナーとして使われていた袋は1枚のシートとして付けられました。

f:id:jukeboy:20190405132848j:plain

ラベルです。文字の配置はUK盤と似た感じです。左側に規格番号のVJL-28056があります。右側に面表記SIDE 1とSTEREO、回転数があります。マトリクスは機械打ちでV-2554A 121/V-2554B 121です。 

f:id:jukeboy:20190404183303j:plain

日本プロモ盤です。ラベルの左側の規格番号の上に「見本盤」とあります。マトリクスはレギュラー盤と同じです。

f:id:jukeboy:20190404183850j:plain

ドイツ盤です。写真に写っているのはプロモ用として配られた冊子で、通常のドイツ盤にはこの冊子は付いていません。

f:id:jukeboy:20190405134110j:plain

冊子の裏側です。規格番号とバーコードでこのジャケットはUK盤の裏側が使われています。

f:id:jukeboy:20190405134134j:plain

冊子の見開きの部分です。ドイツ語で何が書かれているのか分かりませんが、文の中に曲名や参加メンバーの名前があります。

f:id:jukeboy:20190405134522j:plain

裏ジャケの規格番号の部分です。ドイツ盤は209265-630です。他にカセットとCDの番号が書かれています。バーコードはありません。

f:id:jukeboy:20190405134709j:plain

裏ジャケの右下にPrinted in Western Germanyのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20190405134853j:plain

ドイツ盤のインナーは薄い紙が使われています。右上に規格番号があります。

f:id:jukeboy:20190405134938j:plain

ラベルです。A面が緑色、B面がオレンジのヴァージンのラベルです。規格番号はジャケットにあった末尾の-630がなくここでは209 265と書かれています。面表記はSIDE ONEです。マトリクスは機械打ちでDM 209265 A-1/8-88 Ⅱ//DM 209265 B-2/8-88です。途中でスラッシュがあるのでAB面の境は//です。8-88と日付がありますが発売日よりかなり早いですね!

f:id:jukeboy:20190405135729j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190405135759j:plain

フランス盤です。裏ジャケ右上に規格番号の125541があります。その横に縦書きで~VIRGIN FRANCE S.A.のクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20190405140354j:plain

裏ジャケ左下にImprime en Farnceとあります。

f:id:jukeboy:20190405141437j:plain

インナー右下に規格番号の125541があります。フランスでは薄い紙が使われています。

f:id:jukeboy:20190405140443j:plain

インナーの左下にImprime en Franceとあります。

f:id:jukeboy:20190405140931j:plain

ラベルです。UK盤と似たタイプです。右下に規格番号の125541があります。面表記はFACE A/FACE Bです。左下の回転数は33 TOURSと書かれています。マトリクスは機械打ちで1255541 A 1  M6 360172 2/125541 B 1  M6 360173 2です。

f:id:jukeboy:20190405140845j:plain

イタリア盤です。裏ジャケ右上の部分です。規格番号はUK盤と同じV2554です。

f:id:jukeboy:20190405141634j:plain

右下の部分です。ヴァージンのロゴが他国と違います。

f:id:jukeboy:20190405141706j:plain

インナーはUK盤と全く同じものなのでここでは省略します。紙質はUK盤より薄いものでUK盤にあったレコード取り出し口の丸いカットはありません。ラベルです。A面とB面で違うデザインが使われています。A面はUK盤と同じデザインです。回転数が33 GIRIと書かれています。リムの最後にMADE IN ITALYとあります。マトリクスは機械打ちでV-2554-A- 22-9-88-Ⅰ△   K-RICHARDS/ V-2554-B- 22-9-88- Ⅰ△ K-RICHARDSです。22-9-88と日付が入っていて、イタリアのシングル盤同様マトにキースの名前があります。

f:id:jukeboy:20190405142750j:plain

B面のラベルです。文字の配置は同じですがA面とは全く違うデザインです。同じ国でどうして違っているのか不明です。まさかファーストプレスとセカンドプレスがあってこれは過渡期のレコードで両方のラベルが入り混じったなんてことはないでしょうね?これについては何か分かりましたら追記します。

f:id:jukeboy:20190405142919j:plain

ギター、ベース、ドラムのみのシンプルな構成や、リフのオンパレードでいかにもキースといった内容で名盤ですよね!今回30周年記念盤で久しぶりにこのアルバムを聞きいかに素晴らしいアルバムだったか再確認しました。キースはこのアルバム発売後アメリカ・ツアーを決行し素晴らしいステージを披露しました。91年にはこの時のライヴ・アルバムも発売していますね!『TALK IS CHEAP』は今のところ17か国で発売された事を確認しています。次回はヨーロッパの残りの国とオーストラリア、カナダ盤を紹介します。