ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

1972年から集めてきたローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ ドイツ・クラブ・エディション⑭LET IT BLEED!!

ドイツ・クラブ・エディション盤『LET IT BLEED』です。1年5か月前ドイツ・クラブ・エディションの『HOT ROCKS COLLECTION』を紹介したときにドイツではもう一枚あると書きましたが、今年に入ってからやっと入手しました。長く探していた割にはこのレコードはごく普通のジャケットなので面白みがないですが、ドイツ・クラブ・エディション盤はこれで全部揃いました。1982年11月15日にSonocordという会社から発売され、規格番号は28 473-7です。表側は特にClub Edition等の文字は無く普通のデザインです。

f:id:jukeboy:20190505201458j:plain

表側で通常盤と見分けるには左上に28473-7 STEREOと書かれている部分しかありません。普通のドイツ盤はこの個所には何も書かれていません。

f:id:jukeboy:20190505201606j:plain

裏ジャケです。こちらも細かいクレジットを除き通常のジャケットと同じです。

f:id:jukeboy:20190505202831j:plain

右上に規格番号とSonderauflage Sonocordのクレジットがあります。その間にグループ名とタイトルが書かれています。80年前後にこの会社からのリリースされた他のアーティストのレコードでもここに同じようにアーティスト名とタイトルが書かれているものがあります。この会社のカタログを見るとオムニバス・アルバムやクラシックも多いですね。

f:id:jukeboy:20190505202921j:plain

左下にMade in GermanyとおそらくドイツのDeccaの住所が書かれています。

f:id:jukeboy:20190505203251j:plain

ラベルです。左側にクラブ・エディション盤を表すSonderauflage Sonocordがあります。Sonocordからリリースされたレコードの一部にはDECCAのロゴの位置に四角い枠に丸いレコードのSonocordのロゴがあるものがありますが、このレコードは小さくクレジットがあるだけです。右側に28 473-7と面表記があります。面表記はSeite 1/Seite 2です。マトリクスは機械打ちで6.21417-00-1//6.21417-00-2/1です。これはドイツの再発盤と同じマトで両面共オリジナル盤のマトをXXXXXXXと消した跡があります。また、オリジナル盤にあったManufactured in Germanyの刻印はありません。

f:id:jukeboy:20190505204008j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20190505204024j:plain

このレコードはその存在を知ってからかなり探していましたがジャケットが通常盤と同じなのでレコード店でも見過ごしていたのかも知れません。今回はDiscogsでドイツの方から譲ってもらいましたが、Discogsではクラブ・エディション盤と6.21 417の再発盤が同じ欄に紹介されており出品者に規格番号を訪ねてもそちらの再発盤ばかりでなかなか見つかりませんでした。今年に入ってやっと28473-7と番号が一致し入手出来ました。入手後、つい最近ですがDiscogsでは再発盤とそれぞれ別々のページになり、このクラブ・エディション盤が現在何枚か出品されています。今までの苦労は何だったんだと思いましたが、何年も探していたレコードを入手した後でまたすぐ同じレコードが出て来たという事はよくありますよね(笑)。そして後から出て来た方が状態が良かったなんてこともよくありますよね。ドイツのクラブ・エディション盤は今まで14タイトル紹介してきましたがラベル違いも相当あったので今後もラベル違いを見つけましたら追記します。また、ドイツのデッカでは独自の編集盤も相当数出ていますのでまたの機会に紹介しようと思います。