ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

1972年から集めてきたローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ UK盤 ROCK'N ROLLING STONES いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUK盤『ROCK'N ROLLING STONES』です。1972年10月13日に発売され、規格番号はSKL 5149です。ストーンズがデッカを離れてからの編集盤もこれで4作目で、ここでは「Talkin ' About You」がイギリス初登場となりました。残りはアルバムで聞ける曲ばかりですが、リアル・ステレオになった曲も含まれています。ロックン・ロールとローリング・ストーンズをかけたタイトル通りロックン・ロール調の曲が多く収録されています。ジャケットはミックの周りにバイクの写真をコラージュしたものです。初期型は表側だけコーティングされています。

f:id:jukeboy:20190127212955j:plain

右下にDECCAのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20190127213121j:plain

裏ジャケです。デビューした頃のストーンズの写真が使われています。写真と曲目がフレームで囲まれていて、そのフレームが石の壁(?)に掛けてあるというデザインになっています。

f:id:jukeboy:20190127213144j:plain

右上に規格番号のSKL 5149があります。その横に縦書きでSTEREOのクレジットがあり、その後にモノラルをステレオ化したという説明書きがあります。

f:id:jukeboy:20190127213541j:plain

右下にコーティングの会社と印刷所のクレジットがあります。印刷所は後期まで全てUpton Printing Groupです。後期型のジャケットはコーティングが無くなったのにも関わらずこのコーティングの会社のクレジットが残されており訂正されませんでした。

f:id:jukeboy:20190127213841j:plain

左下にDECCAのロゴと住所が、その横に縦書きでMade in Englandがあります。

f:id:jukeboy:20190127214105j:plain

A面の曲目です。「Talkin' About You」のタイトルが「Talkin' About You Baby」となっています。これはジャケットだけではなくラベルでもそうクレジットされています。2曲目と4曲目に疑似ステのマークが付いていませんがステレオではなく疑似ステです。「Down The Road Apiece」は疑似ステのマークが付いていますがリアル・ステレオです。

f:id:jukeboy:20190128125924j:plain

B面の曲目です。「Everybody Needs Somebody To Love」はUK盤『No.2』のヴァージョンで、ここではリアル・ステレオで収録されています。3曲目は疑似ステのマークが付いていませんが疑似ステです。最後の2曲は『GET YER YA-YA'S OUT』からのライヴ・ヴァージョンでテンポを落とした貫禄の演奏が聞けます。デビューからたったの6年でここまで進歩したストーンズってすごいですね!

f:id:jukeboy:20190128125846j:plain

一部の盤には12ページのストーンズのレコードのカタログが付けられました。『LET IT BLEED』と『STONEAGE』に付けられていたものとほぼ同じ内容ですが、表紙が違います。

f:id:jukeboy:20190127214414j:plain

内容はメンバーの写真とレコードの紹介です。

f:id:jukeboy:20190127214455j:plain

裏表紙です。ブライアンが在籍した最後の頃の写真ですがみんなで手をつないで微笑ましい写真ですね!

f:id:jukeboy:20190127214558j:plain

ラベルです。このアルバムはあまりラベルのヴァリエーションがありません。オリジナルのボックスト・デッカのラベルです。ラベルの中央ffrrの帯の下に裏ジャケにあったモノラルをステレオ化した説明書きがあります。ここでも「Talkin' About You」のタイトルが「Talkin' About You Baby」となっています。マトリクスは機械打ちでEAL-11691.P-1L/EAL-11692.P-1Lです。

f:id:jukeboy:20190127214650j:plain

80年代のラベルです。薄い青になり、文字のフォントが変更されています。マトリクスは機械打ちでEAL-11691.P-1L/EAL-11692.P-1Lと上と同じです。前作の『MILESTONES』同様80年代特有の長いマトがあるのかは不明です。

f:id:jukeboy:20190127214958j:plain

先にも書きましたがこのレコードは当時イギリスで未発売だった「Talkin' About You」が初収録されたことが目玉だったんでしょうね。この曲は疑似ステですがUSA盤の『DECEMBERS CHILDREN』のステレオ盤よりはっきりしたいい音で、一瞬リアル・ステレオか、と間違うほど高音と低音が分かれています。「Down The Road Apiace」のリアル・ステレオはこのレコードで初収録です。「Everybody Needs Somebody To Love」はUK盤『No.2』のヴァージョンで、この曲もリアル・ステレオで初登場となりました。こうして考えてみるとDECCAの編集盤シリーズもただの寄せ集めと思いきやモノラルがリアル・ステレオになっていたりして結構聞き所がありますね!ストーンズチャック・ベリーのカヴァーはどの曲も演奏が素晴らしく、若いエネルギッシュなストーンズを聞けるいいアルバムです。