ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 日本盤 アンダー・マイ・サム!!

ローリング・ストーンズの日本盤「アンダー・マイ・サム/恋をしようよ」です。1968年(昭和43年)3月1日に発売され、規格番号はTOP-1243です。前回紹介した「テル・ミー/タイム・イズ・オン・マイ・サイド」(TOP-1242)と連番となっています。ここで謎なのが「テル・ミー」は「シーズ・ア・レインボウ」と同じ2月20日発売となっていますが、「シーズ・ア・レインボウ」はTOP-1240で番号が飛んでいるので連番の「テル・ミー」はこのシングルと同時発売だったのでは?という疑問が生じてきますがこの辺はまたの機会に追及しようと思います。このカップリングは日本のみの発売です。ジャケットは1965年1月13日のTVショーThank Your Lucky Starの写真が使われています。68年という時代らしく「アンダー・マイ・サム」のタイトル文字がサイケ調となっています。日本語の文字といい初期のメンバーの写真といいカッコいいジャケットですよね!当時の値段は370円で2曲共モノラルで収録されています。

f:id:jukeboy:20210113141208j:plain

裏側はキングレコードのカタログが載っています。広告に載っているレコードが前回紹介した「テル・ミー」の広告と全く同じなので「テル・ミー」の発売日がますます謎となってきます。

f:id:jukeboy:20210113141348j:plain

ピクチャースリーヴの内側です。朝妻一郎さんの解説と歌詞が載っています。解説では当時のグループ・サウンズに一番人気があるのはローリング・ストーンズだと書かれています。「アンダー・マイ・サム」はタイガースが好んで演奏しているとありますが、タイガースの演奏はライヴのオーディエンス録音で聞けますね!

f:id:jukeboy:20210113141751j:plain

インナーはキングレコードの青い袋です。

f:id:jukeboy:20210113141822j:plain

ラベルです。ffrrの耳のマークがあるモノラル用のラベルです。左側に回転数、右側に規格番号があります。マトリクスは機械打ちでDST 1752-3/DST 1753-3です。

f:id:jukeboy:20210113142051j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210113142107j:plain

ところでフランスのストーンズに詳しい方が書かれたストーンズの日本盤シングルの本でレア・カヴァーとしてこのシングルにはキースのズボンと靴が黄色いものがあると紹介されています。こちらのジャケットは見た事がありません。この時キースは黄色いズボンと靴をはいていたのでしょうか?黄色い方が初版と書かれていますがもしご存知でしたら情報をお願いします。

f:id:jukeboy:20210113143542j:plain

2曲とも既発の曲ですが「アンダー・マイ・サム」は『AFTERMATH』が日本ではステレオのみの発売だったのでこのシングルでモノラルは初登場となります。シングルカットは日本のみなので日本受けするメロディーが良かったんでしょうか。「恋をしようよ」はファースト・アルバムに収録されていた曲でアメリカでは「Tell Me」のB面に収録されましたが、日本では「Tell Me」のB面は「キャロル」でしたので初シングル化です。私はこのシングルを80年代前半にエトセトラ・レコードで買いました。レコードを見ていたらちょうど店員さんがレコードを補充に来てこのレコードをストーンズの棚に入れました。その時に初めて見たのでこんなレコードがあるんだ、と思い買ったのを覚えています。88年に中野D児さんのディスコグラフィ本が出るまでは日本盤のシングルは一体どんなものが出ているか分かりませんでしたね。「アンダー・マイ・サム」はストーンズの中でも好きな曲なので、シングルで出ていたなんて何だか特別な気分でした。

ローリング・ストーンズ 日本盤 テル・ミー/タイム・イズ・オン・マイ・サイド!!

ローリング・ストーンズの日本盤「テル・ミー/タイム・イズ・オン・マイ・サイド」です。1968年(昭和43年)2月20日に発売され、規格番号はTOP-1242です。前回紹介した「シーズ・ア・レインボウ」(TOP-1240)と同時発売されました。このシングルは当時流行していたグループ・サウンズがこの2曲を取り上げていたので急遽便乗して発売されたと思います。ジャケットは初期のTVショーと思われる写真が使われています。「テル・ミー」の文字がサイケ調となっています。当時の値段は370円です。

f:id:jukeboy:20210113133310j:plain

裏側は当時のキングレコードのカタログになっています。ストーンズの「この世界に愛を」が載っています。

f:id:jukeboy:20210113133602j:plain

このシングルは370円版と400円版があります。広告は同じで値段の部分だけ変更となっています。

f:id:jukeboy:20210113133709j:plain

内側です。大森庸雄さんの解説と歌詞が載っています。この時点ではメ直盤が発売される前ですが最新アルバム『サタニック』についても書かれています。

f:id:jukeboy:20210113134102j:plain

インナーは青い袋に入っています。

f:id:jukeboy:20210113134239j:plain

ラベルです。モノラル用の上部にffrrの耳のマークがあるラベルです。その下にLONDONのロゴがあります。左側に回転数、右側に規格番号があります。マトリクスは機械打ちでDST 1742-6/DST 1743-6です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20210113134606j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210113134708j:plain

セカンド・ラベルです。上部にあったffrrの耳のマークがなくなっています。回転数も左から右側へ移動しています。マトリクスはDST 1742 C-3/DST 1743 C-22です。両面共マトと枝番の間にCが入っています。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20210113135059j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210113135120j:plain

「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」はギター・イントロです。日本で最初に発売された同曲のシングルはオルガン・イントロだったので、ギター・イントロとしては初シングル化という事になります。「テル・ミー」は通常のきれいにフェイドアウトするヴァージョンです。このシングルは中古店でもよく見かけるのでストーンズとしては相当売れたシングルだと思います。また、70年代のキングの広告にも載っているのを見た事があるので相当長い間流通していたと思います。この2曲は日本では共に64年に発売されており、この時点で4年が経っていますが最初にも書いたようにグループ・サウンズがこの2曲を演奏していたので急遽発売となったのかも知れませんね!「テル・ミー」は当時オックスが取り上げており、30秒位の映像が残っていますが野口ヒデトのアクションが激しすぎてカメラが追えなくて、最後は失神して倒れてしまします。観客も失神して運ばれていくシーンが見れますが一種の独特な雰囲気がありましたね。余談ですが当時私は赤松愛は女だと思っていて男と知ったのはかなり経ってからでした(笑)。この曲は日本受けするマイナー調のメロディで当時ローリング・ストーンズの名前が日本で浸透したといわれています。確かに私もストーンズ聞き始めの頃よく聞いていましたね~!「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」はザ・タイガースが取り上げていて日本では人気が高かった曲だと思います。また、この2曲は同時に出た4曲入りのEPにも収録されており、どんな形でもいいから発売してしまえ、というレコード会社の姿勢をよく表していると思います。

ローリング・ストーンズ 日本盤 シーズ・ア・レインボウ!!

ローリング・ストーンズの日本シングル盤「シーズ・ア・レインボウ/2000光年のかなたに」です。1968年(昭和43年)2月20日に発売され、規格番号はTOP-1240です。海外では既に『サタニック・マジェスティーズ』が発売されていましたが日本では純粋な国内盤は4月に発売されたのでアルバムより先行シングルという形となっています。ジャケットは右側からレコードを取り出す袋型となっています。表側は『BIG HITS』のジャケットを撮影した日の別ショットが使われています。当時の値段は370円です。なお、両面モノラルで収録されています。

f:id:jukeboy:20210111193702j:plain

裏側です。こちらは『BETWEEN THE BUTTONS』のジャケット写真別ショットが使われています。「夜をぶっとばせ」や「この世界に愛を」では両A面扱いだったせいか裏側ではB面の曲のタイトルが大きく書かれていましたが、このシングルは裏側も「シーズ・ア・レインボウ」がメインに書かれています。

f:id:jukeboy:20210111193909j:plain

中に解説と歌詞のカードが入っています。こちらは表側で亀淵昭信さんの解説が書かれています。

f:id:jukeboy:20210111194440j:plain

左下に回転数と©1968があります。

f:id:jukeboy:20210111194555j:plain

下部中央に発売元のキングレコードのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20210111194630j:plain

右下に規格番号と値段があります。なお、このレコードの400円版を探していますが今のところ見た事がありません。お持ちの方がいらっしゃいましたら情報をお願いします。

f:id:jukeboy:20210111194717j:plain

裏側です。こちらは歌詞が載っています。

f:id:jukeboy:20210111194827j:plain

ラベルです。オリジナルの上部にffrrの耳のマークがあるモノラル用のラベルです。左側に回転数、右側に規格番号とタイム表記があります。日本では『サタニック』のモノ盤は発売されなかったのでこのモノ・ミックスは貴重です。マトリクスは機械打ちでDSt 1740-5/DSt 1741-3です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20210111194911j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210111195030j:plain

セカンド・ラベルです。上部にあったffrrのマークがありません。回転数が右側へ移動しています。左側に上のラベルにはなかったMADE IN JAPANがあります。マトリクスは機械打ちでDSt 1740 B-3/DSt 1741-11です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20210111195108j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210111195128j:plain

「シーズ・ア・レインボウ」は初めて聞いた時ピアノのフレーズとコーラスが印象的で面白い曲だと思いました。チャーリーのドラムスも素晴らしいですよね。コーラスにジョン・レノンポール・マッカートニーが参加しているといわれていますがコーラスの回転数が速すぎて誰だか分かりません(笑)。ホーン・アレンジは後にレッド・ツェッペリンに加入するジョン・ポール・ジョーンズが担当しています。「2000光年のかなたに」は何といってもブライアンのメロトロンが幻想的で素晴らしいです。キースが弾くアルペジオのギターも効果的です。この曲を聞くと不思議な雰囲気のPVや、初来日での演奏を思い出しますね!私はこのシングルは78年(昭和53年)に上野のアメ横レコード店の道路端に置かれた箱に入っているのを50円で買いました。この時「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のシングルも50円で売っていたので一緒に買ったのを覚えています。当時ストーンズのシングル盤は既に廃盤でジャケット等の情報もなくこの時初めてジャケットを見たので、こんな感じのジャケットだったのかと感激したのを覚えています。中野D児さんによる本格的なストーンズディスコグラフィが出たのがこの10年後で、今ではネットなどでレコードのジャケットを容易に見ることが出来ますが当時は情報を得るのに中古レコード店で売られている実物を見たり、自分で集めて番号順に並べたりするしかなかったですよね!

ローリング・ストーンズ ウルグアイ盤 AFTERMATH!!

ローリング・ストーンズウルグアイ盤『AFTERMATH』です。以前、ジャケットだけディフ・カヴァーの時に紹介しましたが今回はジャケットの細部、ラベルを紹介します。ウルグアイでは1966年に発売され、規格番号はLL 3476です。収録曲はUSA盤と同じで、ウルグアイではモノラルのみの発売です。ジャケットは白黒のメンバーの写真が使われ、上半分は逆さの写真にタイトルがあります。グループ名は何処にもありません。ジャケットの作りはいわゆるA式と呼ばれている2枚の厚紙を印刷した紙で巻いてあるUSA盤と同じ造りです。

f:id:jukeboy:20210118200105j:plain

右上にロンドンのロゴと規格番号があります。このLL-3476という番号はUSA盤のモノラルと同じ番号です。

f:id:jukeboy:20210118200345j:plain

裏ジャケです。タイトルと曲目だけの余白が多いデザインです。

f:id:jukeboy:20210118200436j:plain

右上にロンドンのロゴと規格番号があります。

f:id:jukeboy:20210118200631j:plain

下部中央に作者、アレンジ、プロデューサー・クレジットがあります。それぞれ現地語で書かれています。

f:id:jukeboy:20210118200707j:plain

右下にスペイン語でImpreso en Uruguayがあります。英語に訳すとPrinted in Uruguayです。 

f:id:jukeboy:20210118200826j:plain

A面の曲目です。スペイン語→英語の順で書かれています。

f:id:jukeboy:20210118201201j:plain

B面の曲目です。

f:id:jukeboy:20210118201259j:plain

A面のラベルです。オープン・ロンドンの青いラベルです。左側にAGADUとありますが、これは1929年に設立されたウルグアイ著作権協会の事です。右側に規格番号と面表記Aがあります。曲目は中央揃いでスペイン語表記となっており、その後にカッコでくくられて英語表記がありますが、ジャケットではスペイン語表記の曲でも何故か曲によって英語表記となっています。何故だか分かりませんがややこしいですね!英語表記の曲はその後にスペイン語表記があります。グループ名はLOS ROLLING STONESとなっています。内側のリムにウルグアイの文字があるのでウルグアイ盤と分かります。マトリクスは手書きでARL 7259-1D/ARL 7260-1Dです。

f:id:jukeboy:20210118201328j:plain

B面のラベルです。こちらもタイトルが「Flight 505」を除いて全て英語表記となっています。

f:id:jukeboy:20210118201348j:plain

音はUSA盤モノラルと比べるとほぼ同じですが、「Think」など一部の曲では音圧が低くなったり、音が悪くなったりと曲によって波があります。『AFTERMATH』はイギリス、アメリカでジャケットも曲目も違い各国ではUK、USAそれぞれの内容に合わせたジャケットで発売されていますが、こうした独自のジャケットも珍しいですね。当時の日本でも独自のジャケットで発売されていましたが、このウルグアイ盤は特に珍しい部類に入ると思います。90年代に静岡のレコード店ストーンズや他のロックの南米盤が毎月入荷していた時期があって私はそのお店の通販リストの写真で初めてこのレコードを知りました。そのお店ではブラジル盤『GET YER YA-YA'S OUT』のモノラルなど珍しいレコードを買った記憶があります。ネット時代になって通販は当たり前になりましたが、地方に住んでいるのでこういう珍しいレコードは通販で入手出来てありがたかったです。

ローリング・ストーンズ USA盤 STICKY FINGERS③ モービル盤+ラジオ局用レコード!!

ローリング・ストーンズのUSA盤『STICKY FINGERS』の続編です。今回はモービル盤とラジオ局用のレコードを紹介します。最初はモービル盤です。正式にはMOBILE FIDELITY SOUND LABORATORIES INC.という会社から発売されたORIGINAL MASTER RECORDINGというシリーズとなります。このモービル・フィデリティ(以下MFSL)という会社はサンフランシスコにあり、ハーフ・スピード・マスタリングで高音質を得るというレコードやCDを制作しています。ストーンズ関連では『STICKY FINGERS』と『SOME GIRLS』がLPとカセットで、キースの『TALK IS CHEAP』がCDで発売されています。『STICKY FINGERS』は1980年に発売され、規格番号はMFSL 1-060です。ジャケットは上部に赤いラインがありORIGINAL MASTER RECORDINGの文字があります。ジッパーは印刷ではなくエンボス加工の印刷となっています。レコードは日本のビクターでプレスされています。

f:id:jukeboy:20210127140716j:plain

エンボス加工のジッパーの部分です。浮き出た部分に金箔のようなものが塗られています。

f:id:jukeboy:20210127140941j:plain

裏ジャケです。こちらにも上部に赤いラインにORIGINAL MASTER RECORDINGの文字があります。

f:id:jukeboy:20210127141034j:plain

左下にベロマークとモービル・フィデリティのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20210127141228j:plain

右下の部分です。日本のビクターでプレスされた事や、その他MSFLの住所、ライセンスなどのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20210127141402j:plain

インナーです。通常盤と同じデザインのインナーが付属しています。なお、シールドで確認しましたが、プレス時期によってはこのインナーが普通の白い袋に変わっており付属していないこともあるようです。中古でもインナーが欠落しているものがあるのもそのせいかも知れません。

f:id:jukeboy:20210127141905j:plain

インナーの反対側です。

f:id:jukeboy:20210127141927j:plain

インナーの左下にMFSLのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20210127141959j:plain

右下にMFSL 1-060があります。

f:id:jukeboy:20210127142018j:plain

ラベルです。白いラベルですがプロモではなく、これがレギュラー盤となります。上部にORIGINAL MASTER RECORDINGとMFSLのクレジットがあります。左側に面表記Side 1と規格番号、マトがあります。右側に白黒のベロマークがあります。曲目は中央揃いで、タイトル、タイム、作者の順になっています。キースのクレジットはRichardです。一番下にPressed in Japanとあります。マトリクスは手書きでMSFL 1-1060-A1  H 172 D/MSFL 1-1060-B-6  H 161です。両面共H以降は機械打ちです。

f:id:jukeboy:20210127142126j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210127142148j:plain

このMFSL盤にはテストプレスが存在します。テストプレスは白いジャケットに入っています。

f:id:jukeboy:20210127142704j:plain

右上にSAMPLE RECORD NOT FOR SALEと書かれたシールが貼ってあります。レコード番号MFSL 1-060が印のようなもので押されています。その後の手書きのA-7とB-7というのはマトリクスの枝番です。

f:id:jukeboy:20210127142727j:plain

ラベルです。MFSLのテストプレス用の白いラベルで規格番号やマトを書きこむようになっています。一番下にPRESSED IN JAPNの文字があります。リムに日本のビクターのクレジットがあります。マトリクスは手書きでMSFL 1-1060 A7  H 171/MFSL 1-1060 B7  H 171です。両面共H以降は機械打ちです。何故か枝番が両面7でレギュラー盤よりも進んでいます。

f:id:jukeboy:20210127142855j:plain

ここからはラジオ局用のレコードです。このAFRTSというレーベルはメリーランド州にある会社で、American Forces Radio and Television Serviceの略です。主に世界各国の米軍が駐留する場所に設けられたAFNで使われていたレコードです。ラジオの他、テレビ制作局(RTPO)、ペンタゴンチャンネルなどにも関連しているようです。ストーンズ関連ではこのレコードは今のところこれと『GOATS HEAD SOUP』を確認しました。専用のジャケットは元々無く、レコードは穴あきの白いジャケットに入っています。片面はストーンズではなくプロコム・ハルムの曲が収録されています。

f:id:jukeboy:20210127220005j:plain

ラベルです。上部にAFNを配信するafrtsの文字があります。リムにAmerican Forces Radio And Television Serviceの文字があります。左側にマトのP-12620が、右側にSTEREOと規格番号のRL-48-1があります。アルバムから「I Got The Blues」「Wild Horses」「Moonlight Mile」「Sway」の4曲が収録されています。タイム表記の後にイントロのタイムが書かれています。マトリクスは手書きでP-12620 ST RL 48-1  4-T-LW/P-12619 ST RL 48-1  4-T-LWです。マトP-12620~の方がストーンズ側です。

f:id:jukeboy:20210127220128j:plain

マトから判断してこちらがA面です。こちらはプロコム・ハルムの71年のアルバム『BROKEN BARRICADES』から4曲が収録されています。

f:id:jukeboy:20210127220211j:plain

何回かに分けてUSA盤『STICKY FINGERS』を取り上げましたが、いろいろな種類が出ているものですね!過去ログですがプロモ盤とレコード・クラブ盤と取り上げていますのでよかったらご覧になってください。今回の3回分と過去ログの2回分でUSA盤『STICKY FINGERS』が全てわかると思います。

Record Club Of America盤のスティッキーはこちらです。↓

ローリング・ストーンズ Record Club Of America①STICKY FINGERS!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (hatenablog.com)

 

モノラルとステレオのプロモ盤はこちらです。↓

ローリ ング・ストーンズ STICKY FINGERS USA盤プロモいろいろ!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (hatenablog.com)