ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ ミスプリント⑥アジア、南アフリカ、ニュージーランド!!

ローリング・ストーンズのレコードのミスプリント第6回目です。今回はアジア諸国南アフリカニュージーランドなどの国を紹介します。これらの国々にも面白い間違いがたくさんあります。

最初はイスラエルです。65年に発売された4曲入りEP『19th Nervous Breakdown』です。これはジャケットに書かれているA面の曲目が実際に収録されている順番とは逆になっています。

f:id:jukeboy:20210713211713j:plain

「19th Nervous Breakdown」→「As Tears Go By」と書かれていますが、実際は逆になっています。

f:id:jukeboy:20210713211909j:plain

裏ジャケです。こちらも表側同様に順番が逆になっています。

f:id:jukeboy:20210713211947j:plain

ラベルです。ラベルでは「As Tears Go By」→「19th Nervous Breakdown」と実際の曲順となっています。

f:id:jukeboy:20210713212021j:plain

これは最近も取り上げましたが独自のジャケットで発売されたイスラエル盤『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST』です。初期盤では「2000 Light Years From Home」が「200~」となっています。

f:id:jukeboy:20210713200214j:plain

「200~」と間違っているジャケットと「2000~」と修正されたジャケットを並べてみました。上が間違っている初期型のジャケで、下が2000と修正された後期型のジャケットです。修正後は新たに活字を組んだためか2000の文字が小さくなっています。

f:id:jukeboy:20210713200311j:plain

イスラエルで71年に発売された『HOT ROCKS 1964-1971』です。このイスラエル盤は表側上部にグループ名、タイトルなどが入り、裏ジャケが独自のデザインとなっています。よく見るとグループ名のスペルがTHE ROLLING STONSとなっています。

f:id:jukeboy:20210713200646j:plain

STONSとミスっている部分です。

f:id:jukeboy:20210713200840j:plain

裏ジャケです。イスラエル独自のデザインですが、こちらもTHE ROLLING STONSとなっています。

f:id:jukeboy:20210713200911j:plain

グループ名の部分です。なお、ラベルではちゃんとTHE ROLLING STONESとなっています。

f:id:jukeboy:20210713201025j:plain

イスラエル盤『GOATS HEAD SOUP』です。これは「Silver Train」が「Silver Strain」とミスっています。

f:id:jukeboy:20210713212151j:plain

ラベルです。イスラエルでは白いラベルがレギュラー盤で使われており、プロモではありません。

f:id:jukeboy:20210713212248j:plain

「Silver Strain」とミスっている部分です。これの修正されたものは見た事がありません。Strainだなんて最近話題のウイルスの菌株と訳したら銀の菌株?

f:id:jukeboy:20210713212344j:plain

次はトルコ盤の『LET IT BLEED』です。こちらも最近取り上げましたが、「Midnight Rambler」の作者クレジットが間違っています。写真はトルコ独自のデザインの裏ジャケです。

f:id:jukeboy:20210713213322j:plain

ラベルです。他の曲はJagger, Richard となっているのに「Midnight Rambler」だけ何故かJagger, Smith となっています。

f:id:jukeboy:20210713213342j:plain

作者がJagger, Smithとなっている部分です。しかし、Smithって誰だ!

f:id:jukeboy:20210713213443j:plain

次はインド盤と言われていますが実際のところタイなのかどこの国か正確には分かりません。『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST』のSATANIC がSATANIG となっています。

f:id:jukeboy:20210713213920j:plain

SATANIG とミスっている部分です。

f:id:jukeboy:20210713213959j:plain

タイ盤(?)の「Angie」です。これはタイトルを「Angle」と間違えています。

f:id:jukeboy:20210714121508j:plain

ジャケットでは「Angie」となっていましたが、ラベルで「Angle」となっています。一文字間違えただけですが、カメラのアングルや角度といった別の意味になってしまいますね!

f:id:jukeboy:20210714121646j:plain

韓国盤の『SOME GIRLS』です。これはラベルでグループ名がTHE ROLLING STONEとなっています。

f:id:jukeboy:20210714122053j:plain

ラベルです。グループ名がTHE ROLLING STONEとなっています。

f:id:jukeboy:20210714122115j:plain

B面のラベルです。こちらもTHE ROLLING STONEとなっています。

f:id:jukeboy:20210714122134j:plain

南アフリカ盤の「I Wanna Be Your Man」です。このシングルの「Stoned」も「Stones」と誤記されています。ここまでまとめてきて「Stones」となっている国がホントに多くて驚いてしまいます。

f:id:jukeboy:20210714122801j:plain

こちらはプッシュ・アウトの形状が違うシングルです。こちらも「Stones」となっています。南アフリカ盤で「Stoned」と修正されたものは今のところ見た事がありません。

f:id:jukeboy:20210714122920j:plain

南アフリカ盤の『STONE AGE』です。ラベルで「The Last Time」が「The Last Waltz」となっています。

f:id:jukeboy:20210714122312j:plain

ラベルです。4曲目の「The Last Time」が「The Last Waltz」となっています。

f:id:jukeboy:20210714122339j:plain

「The Last Waltz」となっている部分です。「ラスト・ワルツ」だなんてザ・バンドの解散コンサートみたいですね!

f:id:jukeboy:20210714122602j:plain

ニュージーランド盤「Miss You」です。ラベルのタイトルが「I Miss You」となっています。

f:id:jukeboy:20210714123032j:plain

ラベルです。タイトル部分が「I Miss You」となっています。

f:id:jukeboy:20210714123102j:plain

ここまでヨーロッパ、アメリカ、日本、アジア諸国を紹介してきましたが、「Stoned」が「Stones」に、「Miss You」が「I Miss You」になっている国が意外と多くて驚いてしまいました。他にはイスラエル盤の「Silver Train」が「Silver Strain」になっていたり、南アフリカ盤の「The Last Time」が「The Last Waltz」となっていて全く別の意味になってしまっているタイトルもあり面白いですよね!次回はメキシコと南米各国をいろいろ紹介します。

ローリング・ストーンズ ミス・プリント⑤イタリア、スペイン、オランダ、etc.!!

ローリング・ストーンズのミスプリントの5回目です。今回はヨーロッパ各国の続きでイタリア、スペインなどを紹介します。

最初はイタリアです。イタリアでのセカンド・シングルとして64年6月に発売された「I Wanna Be Your Man」です。このシングルは作者のLennon-McCartneyのところジョン・レノンのクレジットをNennonとミスっています。

f:id:jukeboy:20210708161511j:plain

ラベルです。曲目の下に作者クレジットがあります。

f:id:jukeboy:20210708161639j:plain

作者クレジットの部分です。このNennonというのは最後まで修正されませんでした。当時の日本盤もLemonと間違えていましたが、似たような間違いをしていて面白いですよね。

f:id:jukeboy:20210708162116j:plain

82年に発売されたイタリアでの編集盤『SUPERSTARS VOL.2』です。このレコードのジャケットは最初ストーンズではない他のバンドの写真が間違って使われていました。ストーンズのレコードなのにこの人たち一体誰?といった感じですよね(笑)。

f:id:jukeboy:20210708163054j:plain

こちらは修正後のジャケットです。ストーンズの81年ツアーの写真に差し替えられています。

f:id:jukeboy:20210708163202j:plain

イタリア盤『SOME GIRLS』です。イタリア盤はジャケットの色の順番が他の国と違ったりしていますが、これはミスとは思えないので今回はこれではありません。

f:id:jukeboy:20210708163445j:plain

歌詞カードの「Miss You」が「I Miss You」となっています。このように「I Miss You」となっている国は結構ありますね。

f:id:jukeboy:20210708163703j:plain

ここからスペイン盤です。64年3月に発売された4曲入りEP『Not Fade Away』です。ここに「Stoned」が収録されていますが、ここでも「Stones」と間違えています。フランスのEP同様ジャケット、ラベルの両方で間違えています。

f:id:jukeboy:20210708222357j:plain

ジャケットの「Stones」の部分です。

f:id:jukeboy:20210708222532j:plain

裏ジャケです。こちらも「Stones」となっています。

f:id:jukeboy:20210708222615j:plain

ラベルです。この「Stones」のミスは最後まで修正されませんでした。

f:id:jukeboy:20210708222645j:plain

他のスペイン盤のEPでこのEPの広告がありますが、ここでも「Stones」となっています。結局CD化されるまでこの曲はスペインで「Stones」だったんだ、と考えると面白いですよね!

f:id:jukeboy:20210708222829j:plain

65年7月に発売されたスペイン盤4曲入りEP『You Can't Catch Me』です。このレコードに「Susie Q」が収録されていますが、ジャケットだけタイトルがSusieのみでQがありません。

f:id:jukeboy:20210708223432j:plain

裏ジャケです。こちらも「Susie」のみとなっています。ジャケットの表裏両方でQが欠落しています。

f:id:jukeboy:20210708223522j:plain

ラベルです。こちらは「Susie Q」と通常のタイトルとなっています。

f:id:jukeboy:20210708223549j:plain

スペイン盤のファーストです。他国では64年に発売されましたが、スペインでは65年に発売されたようです。この初回盤だけ「Can I Get A Witness」が「Can't I Get A Witness」と間違えています。

f:id:jukeboy:20210708224135j:plain

ラベルです。

f:id:jukeboy:20210708224257j:plain

「Can't I Get A Witness」と間違っている方です。

f:id:jukeboy:20210708224346j:plain

こちらは「Can I Get A Witness」と修正された方です。こちらはすぐに修正されたようで、この部分以外の文字などの配置は全く同じです。

f:id:jukeboy:20210708224438j:plain

66年に発売されたスペイン盤『AFTERMATH』です。ここでは「Going Home」のタイム表記が間違っています。

f:id:jukeboy:20210708224734j:plain

ラベルです。

f:id:jukeboy:20210708224205j:plain

Goin, Home」の部分です。タイム表記が11' 35のところ1' 35となっています。また、スペイン盤ではタイトルもラベルのみ「Goin, Home」と表記されています。

f:id:jukeboy:20210708224841j:plain

71年に発売された『STICKY FINGERS』です。スペイン盤で独自のジャケットで発売されたのでお馴染みですね。このアルバムではラベルの「You Gatta Move」の作者がM. Jagger-K. Richardとなっています。

f:id:jukeboy:20210709210204j:plain

スペイン盤のラベルは2種類あります。こちらはUK盤のようなデザインのラベルです。曲目のクレジットはスペイン語、作者、英語の順でクレジットされています。

f:id:jukeboy:20210709210345j:plain

「You Gatta Move」の部分です。作者がM. Jagger-K. Richardとなっています。正確にはFred McDwellです。

f:id:jukeboy:20210709210548j:plain

こちらはUSA盤のようなラベルです。上のラベル同様こちらも間違っています。

f:id:jukeboy:20210709211136j:plain

「You Gatta Move」の部分です。ラベルが変更になってもミスはそのままです。

f:id:jukeboy:20210709211251j:plain

75年に発売されたスペイン・シングル盤「Ain't Too Proud To Beg」です。この初回盤はタイトルのProudをProundとミスっています。

f:id:jukeboy:20210709211550j:plain

このミスは後にProudと修正されたジャケットがあり、ミスったジャケットと修正後のジャケットと並べてみました。上がProundで、下がProudです。修正されたのが遅かったのか分かりませんが何故か修正後のジャケットはあまり見かけません。

f:id:jukeboy:20210709211648j:plain

裏ジャケも表同様間Proundと間違っています。

f:id:jukeboy:20210709211851j:plain

曲目の部分です。表側は後にProudと修正されましたが、何故か裏側は最後までProundのままで修正されませんでした。

f:id:jukeboy:20210709211920j:plain

ここからアイルランド盤です。「Miss You」のシングルのラベルのタイトル部分が「I Miss You」となっています。

f:id:jukeboy:20210709212221j:plain

アイルランド盤のシングル「Waiting On A Friend」です。タイトルが「Waiting For A Friend」でFor がOn となっています。

f:id:jukeboy:20210709212602j:plain

アイルランド盤のシングル「Undercover Of The Night」です。ミックのクレジットがスペルミスでJaggarとなっています。正確にはJaggerです。ベロのマークも逆さまでとんでもないところにあります。

f:id:jukeboy:20210709212701j:plain

こちらはベロのマークが定位置にあるラベルです。ミックのクレジットはこちらもJaggarとなっています。

f:id:jukeboy:20210709212939j:plain

B面の「All The Way Down」の作者クレジットもJaggarとなっています。このレコードでJaggerと修正されたレコードはありません。

f:id:jukeboy:20210709213044j:plain

次はオランダ盤です。70年にジャケットのデザインを変えて再発された『ファースト』です。通常このレコードのタイトルは『THE ROLLING STONES』ですが、ラベルのタイトルが『THE ROLLING STONES 3』となっています。

f:id:jukeboy:20210711212223j:plain

ラベルです。タイトルが『3』となっています。オランダではUK盤の『No.2』に当たるレコードが『THE ROLLING STONES 3』のタイトルで発売されており、おそらくそのレコードと混同したと思います。

f:id:jukeboy:20210711212344j:plain

こちらは修正後の『3』が消えているラベルです。この部分が変わっただけでその他の文字の配置等は上のラベルと全く同じです。

f:id:jukeboy:20210711212606j:plain

64年9月に発売されたオランダでの2枚目のアルバムです。シングルやEPの曲を集めたオランダ独自の編集盤です。これは表側の曲目の順番が実際に順番とは異なりメチャクチャとなっています。

f:id:jukeboy:20210711213037j:plain

曲目の部分です。次にあげるラベルの曲順と見比べるとよくわかると思います。裏ジャケにも曲目がありますが、そちらは収録順となっています。

f:id:jukeboy:20210711213134j:plain

A面のラベルです。ジャケットでは下の部分に書かれていて順番はその通りです。

f:id:jukeboy:20210711213247j:plain

B面のラベルです。ジャケットでは上の部分に書かれていて順番は全部入れ替わっています。ラベルに書かれている順番が正しい曲順です。

f:id:jukeboy:20210711213310j:plain

65年3月に発売されたオランダ盤EP『Heart Of Stone』です。このEPの裏ジャケにはレコードの広告が載っていますが、初期盤には間違ったレコードのジャケットが載っています。

f:id:jukeboy:20210712194321j:plain

左側が間違っているジャケットで右下のレコードが『Not Fade Away』のジャケットが載っています。ストーンズのレコードですがジャケットに載っている曲目と下にある曲目が一致していません。右側が修正後のジャケットで『If You Need Me』のEPのジャケットと曲目が合っています。

f:id:jukeboy:20210712194344j:plain

65年11月に発売されたオランダ盤シングル「Get Off Of My Cloud」です。このシングルはラベルのタイトルが「Get Off My Cloud」とOf が抜けています。

f:id:jukeboy:20210712194942j:plain

ラベルです。初期型の青いラベルです。タイトルが「Get Off My Cloud」となっています。

f:id:jukeboy:20210712195347j:plain

こちらは後期型の黒いラベルです。こちらも「Get Off My Cloud」となっておりこのミスは最後まで修正はされませんでした。

f:id:jukeboy:20210712195421j:plain

ここまでヨーロッパ各国のミスプリントを集めてみましたが「Stond」が「Stones」となっている国が多い気がします。スペイン盤の「Ain' t Too Proud To Beg」がProundになってるのは後で修正されていますが、最後まで修正されないままのものが意外と多いですよね。また、裏側のレコードの広告に違うレコードのジャケットが載っているのを見て、印刷の校正をするのは大変だなとつくづく思います。次回はアジア諸国のミスプリントをいろいろと紹介します。

ローリング・ストーンズ ミスプリント④ドイツ、フランス、ベルギー、etc.!!

前回に引き続きローリング・ストーンズのレコードのミスプリントを紹介します。今回からヨーロッパ諸国へ行きます。まずは旧西ドイツ(以下ドイツ)です。最初は65年8月に発売されたシングル「Satisfaction」です。ドイツでは発売時期によってファーストLPの写真を使ったピクチャースリーヴや、EPの『GOT LIVE~』の写真を使ったピクチャースリーヴなどいろいろありますが、これはファーストLPの写真を使ったピクチャースリーヴの赤い方のエラージャケットです。赤やその他の色が抜けてしまっています。白黒コピーしたのではありませんよ!ジャケットは正規のもの同様にちゃんと袋型に作られています。

f:id:jukeboy:20210702141431j:plain

通常のジャケットと並べてみました。Satisfactionの文字の部分はうっすらと見えます。また、このシングルはB面の「The Under Assistant West Coast Promotion Man」のタイトルを「The Under Assistant」と省略してあります。ラベルではフルでタイトルが書かれています。

f:id:jukeboy:20210702141544j:plain

64年11月に発売されたドイツ盤EP『Five By Five』です。これは5曲を5人で演奏しているといった意味合いで付けられたタイトルで、UK盤は5曲入っていますが、その他のヨーロッパ諸国では4曲しか入っておらずタイトルは『Volume 2』と変更されています。このドイツ盤も4曲しか入っていませんがタイトルが『Five By Five』のままとなっています。そして苦し紛れにグループ名の下にFIVE STONES - FIVE HEARTSと練っています。これでも間違えではないんですがこれって面白いですよね!

f:id:jukeboy:20210702142526j:plain

ドイツ・シングル盤「It' All Over Now」は時期によって4種類のジャケットがありますが、これは67年以降のジャケットで、スペルが「I'ts All Over Now」とIt'sのところをI'tsとミスっています。

f:id:jukeboy:20210702142930j:plain

I'tsとミスっている方はすぐに回収されたようで全く見かけません。修正されたジャケットと並べてみるとよく分かると思います。

f:id:jukeboy:20210702143126j:plain

67年4月に発売されたドイツ盤『BETWEEN THE BUTTONS』です。UK盤の『FIVE BY FIVE』と同じようにミックのクレジットがMike Jaggerとなっています。

f:id:jukeboy:20210702143245j:plain

ラベルです。下部の作者のクレジットがMike Jagger-Keith Richardとなっています。

f:id:jukeboy:20210702143302j:plain

ミスっている部分です。ドイツでは何度かラベルが変わっていますが、75年までMike Jaggerのままで発売されていました。

f:id:jukeboy:20210702143539j:plain

71年4月に発売されたドイツ盤『STICKY FINGERS』です。このレコードの一部のラベルに曲目の頭に付ける数字が間違っています。

f:id:jukeboy:20210702144008j:plain

5曲目の「You Gotta Move」が4 You Gotta Moveとなっています。 

f:id:jukeboy:20210702144041j:plain

こちらは5 You Gotta Moveと修正されたラベルです。

f:id:jukeboy:20210702144134j:plain

次はフランスです。64年4月に発売された4曲入りEP「Not Fade Away」です。このEPは「Stoned」のタイトルがジャケ、レコード共に「Stones」とミスっています。

f:id:jukeboy:20210703205548j:plain

タイトルの部分です。

f:id:jukeboy:20210703205614j:plain

裏ジャケの曲目の部分です。こちらは初期型の裏側です。

f:id:jukeboy:20210703205718j:plain

70年代の後期型の裏側です。この時期になってもStonesのままで修正されませんでした。

f:id:jukeboy:20210703205936j:plain

ラベルです。フランス盤は時期によってラベル違いがありますが70年代のラベルまで全部「Stones」となっています。まるで「Stoned」という曲は無かったかのような扱いですね!

f:id:jukeboy:20210703210005j:plain

65年8月20日に発売されたフランス盤4曲入りEP「Satisfaction」です。こちらは裏ジャケにある曲目の順番が間違っています。さらにラベルでは「Grown Up Wrong」を「Crown Up Wrong」とミスっています。

f:id:jukeboy:20210703142600j:plain

初回盤の裏ジャケの曲目の部分です。AB面の2曲目のタイトルが入れ替わっています。実際はA面に「Susie Q」、B面に「Grown Up Wrong」です。

f:id:jukeboy:20210703142636j:plain

再発盤の裏ジャケの曲目の部分です。こちらも上と同じくAB面の2曲目が実際とは入れ替わってますが、再発盤でも修正されませんでした。

f:id:jukeboy:20210703142704j:plain

ラベルです。実際には「Satisfaction」の次に「Susie Q」が収録されています。

f:id:jukeboy:20210703142726j:plain

B面のラベルです。こちら2曲目に「Grown Up Wrong」が収録されています。しかも、タイトルが「Crown Up Wrong」とミスっています。

f:id:jukeboy:20210703142841j:plain

次はベルギー盤です。64年9月に発売された4曲入りEP『If You Need Me』です。UK盤の『5X5』から1曲を除いた4曲仕様となっています。

f:id:jukeboy:20210704123402j:plain

裏ジャケです。B面が「Around And Around」「Confessin' The Blues」の順になっていますが、実際は曲順が逆となっています。

f:id:jukeboy:20210704123435j:plain

曲目の部分です。

f:id:jukeboy:20210704123652j:plain

ラベルです。こちらは曲順が正確です。スペルミスではありませんがヨーロッパではこういう曲順の間違いが多い気がします。

f:id:jukeboy:20210704123730j:plain

66年2月に発売されたベルギー盤4曲入りEP『19th Nervous Breakdown』です。これは「Surprise, Surprise」が「Surpise, Surprise」と最初のスペルがrが抜けています。

f:id:jukeboy:20210704124049j:plain

ミスっている部分です。最初のSurpriseがSurpiseとなっています。これは後年まで修正されませんでした。

f:id:jukeboy:20210704124223j:plain

70年10月に発売されたベルギー盤ミックのソロ・シングル「Memo From Turner」です。UK盤同様このシングルもB面の「Natural Magic」がMick Jagger名義となっています。

f:id:jukeboy:20210704124746j:plain

ラベルです。本来ならInstrumentalとなるところ、このベルギー盤はUK盤のように修正されず最後までこのままでした。

f:id:jukeboy:20210704125108j:plain

78年5月に発売されたベルギー盤「Miss You」です。ラベルで「I Miss You」となっています。

f:id:jukeboy:20210704125359j:plain

ラベルです。「Miss You」が「I Miss You」となっている国は他にもありますね。当時日本でも『SOME GIRLS』が発売される前に音楽専科という雑誌でストーンズのニュー・アルバムとして全曲紹介した記事がありましたがそこでも「I Miss You」となっていた記憶があります。またその記事では「Everythng's  Turning To Gold」を加えた11曲仕様となっていました。曲の内容まで紹介されていたのでもしかしたら最初に届いたインフォでは「I Miss You」だったのかも知れませんね。話がずれました今その雑誌は処分してしまい私の記憶だけの情報ですので本を残しておけばよかったと思います。

f:id:jukeboy:20210704125453j:plain

68年4月に発売されたベルギー盤『FLOWERS』です。ベルギー独自のジャケットで有名ですよね!

f:id:jukeboy:20210703211034j:plain

B面6曲目の「Sittin' On A Fence」が「Sittin' On The Fence」となっています。 

f:id:jukeboy:20210703211112j:plain

ラベルです。こちらも「Sittin' On The Fence」となっています。このアルバムは年代によっていろいろなラベルがありますが全てのラベルでTheとなっています。

f:id:jukeboy:20210703211220j:plain

「Sittin’ On The Fence」となっている部分です。

f:id:jukeboy:20210703211327j:plain

69年11月に発売されたベルギー盤『GOT LIVE IF YOU WANT IT』です。これは以前紹介しましたが「Fortune Teller」のタイトルが「Fortune Letter」と占い師が占いの手紙になっています。これはミスプリント大賞ですよね!

f:id:jukeboy:20210703210445j:plain

ラベルです。これはオリジナルのラベルですが、セカンド・ラベルも同様に間違っており最後まで修正されませんでした。

f:id:jukeboy:20210703210613j:plain

「Fortune Letter」とミスっている部分です。

f:id:jukeboy:20210703210733j:plain

次はフィンランド盤「Street Fighting Man」です。StreetがSreetとなっています。この部分は最後まで修正されませんでした。

f:id:jukeboy:20210706194922j:plain

スウェーデン盤「Stisfaction」です。B面が「The Spider And The Fly」と印刷してしまい黒塗りでその上に「The Under Assistant」と修正されています。B面が「The Spider And The Fly」はイギリス国内だけだったので、何らかの手違いで印刷されてしまったと思います。この黒塗りが無い修正前のジャケットは今のところ資料などでも全く見た事がありません。 

f:id:jukeboy:20210706195110j:plain

黒塗りの部分です。下にうっすらと「The Spider And The Fly」の活字が見えます。

f:id:jukeboy:20210706195429j:plain

こちらは修正後のジャケットです。しかしB面のタイトルは長いせいか「The Under Assistant」と省略されたままとなっています。

f:id:jukeboy:20210706195530j:plain

ラベルです。ジャケット同様こちらも「The under Assistant」と省略されたままです。こちらはフルで書かれたものはなく、後年までこのままでした。

f:id:jukeboy:20210711133723j:plain

スペルミスでは何といっても「It's All Over Now」のIt'sがI'tsと間違っているのが珍しいですね!そしてベルギー盤の「Fortune Teller」が「Fortune Letter」となっていて全く違う意味になっていたり、「Stoned=Stones」のように最後まで修正されなかったりと結構ヨーロッパ各国でもいろいろな間違いがあって面白いですね。次回はヨーロッパ各国の続編でイタリア、スペインなどのレコードを紹介します。

ローリング・ストーンズ ミスプリント③日本盤いろいろ!!

ローリング・ストーンズのレコードのミスプリント第3回目です。今回は日本盤を紹介します。日本では64年(昭和39年)にストーンズのレコードが初めて発売され、その後60年近くもいろいろなレコードが発売されているので結構ミスがあります。まずは64年3月に日本で最初に発売されたシングル「彼氏になりたい」です。

f:id:jukeboy:20210627193904j:plain

この曲はビートルズジョン・レノンポール・マッカートニーが作ったことで知られていますが、ラベルの作者クレジットがLemon, McCarthyとなっています。

f:id:jukeboy:20210627194002j:plain

クレジットの部分です。どちらか一人の名前を間違えるのは仕方がないとして、二人共間違っているのは珍しいですよね!

f:id:jukeboy:20210627194149j:plain

64年9月に発売されたシングル「テル・ミー」です。65年頃までキースの名前がケイス・リチャードとなっているのは有名ですがこのシングルではキースとビルの名前が間違っています。

f:id:jukeboy:20210627194321j:plain

解説の部分です。キースはケイス・リャード、ビルはビル・クイマンとなっています。ケイスは英語的発音で何となく分かるような気がしますが、リャードはないでしょうね!ビルの方はワとクの活字を間違えたと思います。

f:id:jukeboy:20210627194513j:plain

65年8月に発売された「サティスファクション」です。このシングルは作者クレジットのミックの名前が間違っています。

f:id:jukeboy:20210627194924j:plain

ラベルの作者の部分がIagger, Richardとなっています。また、タイム表記ですが、初期盤では2:41のショート・ヴァージョンが収録されていましたが、後期盤の一部で通常ヴァージョンが収録されているにもかかわらず、2:41のままのものがあるので要注意です。

f:id:jukeboy:20210627195012j:plain

作者の部分です。

f:id:jukeboy:20210627195339j:plain

これは最近も取り上げましたが、67年3月に発売された「夜をぶっとばせ/ルビー・チューズディ」です。このシングルの初期盤は「チューズディ」が「テューズディ」となっています。

f:id:jukeboy:20210628213052j:plain

こちらはチューズディと修正されたジャケットです。

f:id:jukeboy:20210628213001j:plain

2つのジャケットを並べてみるとよく分かります。テューズディの方がカタカナ表記にした時に英語的な発音かも知れませんね!

f:id:jukeboy:20210628213252j:plain

裏ジャケもテューズディとなっています。こちらも後期盤はチューズディと修正されています。

f:id:jukeboy:20210628213522j:plain

ラベルです。こちらもテューズディとなっています。ジャケットは後に修正されましたがラベルは最後までテューズディのままで修正されませんでした。

f:id:jukeboy:20210628213211j:plain

67年12月に発売された『あなたが選んだローリング・ストーンズゴールデン・アルバム』でも上のシングル同様「ルビーチューズディ」が「テューズディ」となっています。

f:id:jukeboy:20210701223306j:plain

裏ジャケの曲目の部分です。この他見開きの内側など全て「テューズディ」となっています。

f:id:jukeboy:20210701223410j:plain

69年2月に発売されたメ直盤の『BEGGAR'S BANQUET』ですが、同時に日本プレスのプロモ盤が作られています。これは面表記がAB面逆になっています。

f:id:jukeboy:20210627195633j:plain

ラベルです。左側の面表記がNO.2となっています。

f:id:jukeboy:20210627214202j:plain

通常だったらB面のラベルです。こちらはNo.1となっています。当時の最新シングル「Street Fighting Man」をA面1曲目に持ってこようとしたのか勘ぐってしまいました。純粋な日本盤が出たのは5年後の73年で当時こうして日本でプレスされているんだったらメ直盤ではなく日本製のレコードを出せたのでは?と思ってしまいます。

f:id:jukeboy:20210627214236j:plain

76年12月に発売された4曲入りEP『スーパー・コンパクト第2集』です。この頃までコンパクト盤という言葉が使われていたとは意外ですが、このレコードではタイトルの間違いが2ヶ所あります。

f:id:jukeboy:20210627214635j:plain

裏ジャケの曲目の部分です。「Honky Tonk Women」が「Honkey~」と、「Let It Bleed」が「Let It Breed」となっています。発音の仕方で間違えたようで面白いミスだと思います。Breedだなんてlとrを区別できないのかと言われてしまいそうですね!しかもオリジナルの発売から時間が経っている76年でこのミスは面白いです。

f:id:jukeboy:20210627214812j:plain

A面のラベルです。ラベルでもタイトルが「Honkey~」となっています。

f:id:jukeboy:20210627215156j:plain

B面のラベルです。こちらは「Let It Breed」となっています。

f:id:jukeboy:20210627215318j:plain

82年11月1日に発売されたシングル15枚組ボックスセットの『THE ROLLING STONES SINGLE COLLECTION』です。この中の「Honky Tonk Women」が「Honky Tonk Woman」となっています。

f:id:jukeboy:20210628144158j:plain

このレコードはボックスに訂正の注意書きが封入されています。

f:id:jukeboy:20210628144321j:plain

ラベルです。このミスは最後まで修正されませんでした。この間違いはUKシングルでもありましたね!

f:id:jukeboy:20210628144343j:plain

71年5月に発売された『STICKY FINGERS』です。このアルバムには面表記がSIDE ONE、SIDE TWOが逆なのがあります。  

f:id:jukeboy:20210628144541j:plain

普通だったらA面のラベルです。右側にSIDE TWOとあります。

f:id:jukeboy:20210628144650j:plain

B面のラベルです。こちらはSIDE ONEとなっています。これはすぐに修正されたのか間違えているラベルは過去に3回ほどしか見ていません。

f:id:jukeboy:20210628144807j:plain

日本盤は英語をカタカナ表記にしなくてはならないためどうしても発音の微妙な違いがあると思いますが、結構表記の違いがあるもんですね!ルビー・テューズディや初期の頃のケイス・リチャードなんかこっちの方が英語的発音でいいのではなんて思ってしまいます。次回はドイツ、フランスなどのヨーロッパ各国盤のミスプリントを紹介します。

ローリング・ストーンズ ミスプリント②USA盤いろいろ!!

前回に引き続きローリング・ストーンズのいろいろなミスプリントを集めてみました。今回はUSA盤を紹介します。

64年から65年まで使われていたUSAロンドンのパープル・ホワイト・ラベルですが、曲目や規格番号等なにも印刷されていません。音源は「The Last Time」が収録されています。

f:id:jukeboy:20210623102629j:plain

66年7月2日に発売されたアルバム『AFTERMATH』です。「Going Home」の表記がラベルでは「Goin' Home」となっていますが、これはミスではなく表記違いということですかね。裏ジャケの曲目の部分では通常の「Going Home」となっています。

f:id:jukeboy:20210623103325j:plain

ラベルです。「Goin' Home」となっています。USA盤は80年代の最終プレスまで全てこの表記です。

f:id:jukeboy:20210623103526j:plain

USAロンドンのステレオ用の青いラベルです。これは『AFTERMATH』ですがタイトルや曲目等何も印刷されていません。こうしてみるとロンドンのラベルの基があってそこにタイトルや曲目を印刷していたことが分かりますね。

f:id:jukeboy:20210623103739j:plain

1966年9月23日に発売されたシングル「Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow」です。このB面に収録された「Who's Driving Your Plane」が「Who's Driving My Plane」とミスっています。

f:id:jukeboy:20210623104131j:plain

ラベルです。本来ならYourのところがMyとなっています。これは80年代の最終プレスまで修正されませんでした。

f:id:jukeboy:20210623102223j:plain

73年8月に発売されたシングル「Angie」です。このラベルにはいろいろなヴァリエーションがありますが、このラベルは「Angie」側がSIDE TWOとなっています。

f:id:jukeboy:20210623162328j:plain

「Silver Train」側です。こちらは面表記がSIDE ONEとなっています。通常は「Angie」がA面なのにこういう間違いも珍しいですよね!

f:id:jukeboy:20210623162445j:plain

78年5月に発売されたシングル「Miss You」です。このプロモにはDIST. BY~から始まるアトランティック・レコードの73年までの旧住所のリムが使われてしまったラベルがあります。まあ、スペルミスとかではないので取り上げるか迷いましたが、何かの拍子に過去のラベルを使用してしまったんでしょうか?新住所になってからこの時点で5年も経っているので面白いミスですよね。

f:id:jukeboy:20210623162820j:plain

反対のSTEREO側も同じく旧住所のリムが使われています。なお、「Miss You」のレギュラー盤は全て新住所のリムが使われています。

f:id:jukeboy:20210623162907j:plain

91年に発売されたシングル「Sexdrive」です。このシングルは回転数の表記が33回転と45回転の2種類があります。実際には45回転なので33回転の方が先に出てすぐに修正されました。

f:id:jukeboy:20210623163332j:plain

回転数が33回転となっている部分です。

f:id:jukeboy:20210623163447j:plain

回転数が45回転と修正されたラベルです。この部分だけ後で修正されたせいか他の部分と比べて印刷の色が濃いです。この回転数のミスは15年程前にK県のTさんに教えてもらい初めて知りました。

f:id:jukeboy:20210623163534j:plain

USA盤はスペルミスの誤植よりも空白のラベルが多い気がします。買ってきたレコードを聴こうとしてレコードを取り出した時に、ラベルが空欄だったら焦りますよね!まあ珍しいレコードだと思い残しておきましたが。他には誤植ではありませんが以前紹介した『FLOWERS』で片面がモノラルで片面がステレオのプレス・ミス?や、『GOT LIVE~』でAB面に同じプレス工場の別のタイプのラベルが貼ってあったことや、A式と呼ばれるジャケットの製法で裏ジャケが逆さに貼ってあったりと、USA盤はそういうミスが多い気がします。 次回は日本盤のミスプリントをいろいろ紹介します。