ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ 日本盤 夜をぶっとばせ いろいろ!!

ローリング・ストーンズの日本盤シングル「夜をぶっとばせ/ルビー・チューズディ」です。1967年(昭和42年)3月10日に発売され、規格番号はTOP-1124です。ジャケットは今までの2つ折りではなく横からレコードを取り出す袋型になっており、表裏にストーンズの写真が使われています。ストーンズのシングルとしてはこのジャケットの仕様は初めてで両A面を意識して作られたんでしょうか?こちらは「夜をぶっとばせ」側です。タイトルは当時のサイケデリック調の文字で書かれていて、タイトル曲が赤で書かれています。当時の値段は370円です。

f:id:jukeboy:20200828125509j:plain

裏側です。こちらは「ルビー・チューズディ」が赤い文字で上に書かれています。両面使えたので便利ですね!ビルが乳母車のようなものに乗っている面白い写真ですが、こんなリラックスした写真でもポーズを決めて写っているブライアンってスゴイですよね!

f:id:jukeboy:20200828125639j:plain

LPのように中に解説と歌詞カードが入っています。解説は朝妻一郎さんです。ザ・パラディアム・ショーでエンディングの回転ステージに上がることを拒否したり、エド・サリバン・ショーで歌詞を変えて歌ったことが書かれていて、ストーンズがロック界の問題児となりつつある様子が窺えます。「ルビー・チューズディ」の方はこの時点ですでにこちらをA面にしたら、という事が書かれています。

f:id:jukeboy:20200828125900j:plain

裏側は歌詞カードとなっています。その下にキングレコードや値段の¥370があります。このシングルの値上げ後の400円のものがあるのかは不明です。

f:id:jukeboy:20200828130002j:plain

ラベルです。最初は白ラベルのプロモからいきます。左側に見本盤があります。右側に非売品があります。非売品の下に規格番号のTOP-1124とタイム表記があります。レギュラー盤と比べるとシンプルな感じですね!マトリクスは機械打ちでDST 1488-1/DST 1489-1です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20200828134438j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200828134456j:plain

レギュラー盤のラベルです。こちらは初回盤のLONDONのロゴの上にffrrがあるラベルです。左側に回転数、右側に規格番号のTOP-1124があります。マトリクスは機械打ちでDST 1488-7/DST 1489-7です。両面にJISマークがあります。マトリクスの枝番は7よりももっと若い番号があると思います。

f:id:jukeboy:20200828130247j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200828130320j:plain

セカンドプレスのffrrのロゴが無いラベルです。回転数が左側から右側の規格番号の上に移動しています。LONDONのロゴの左下にMADE IN JAPANがあります。マトリクスは機械打ちでDST 1488-10/DST 1489 B-1です。両面にJISマークがあります。

f:id:jukeboy:20200828130349j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20200828130405j:plain

このシングルは両面共モノラルで収録されています。「夜をぶっとばせ」はA面ですがビルボードでは55位、B面の「ルビー・チューズディ」は1位とB面の方がヒットしてしまいました。日本ではこの2曲が初めて収録されたアルバム『FLOWERS』です。「Ruby Tuesday」は日本人好みのバラードでグループ・サウンズザ・タイガースもライヴで取り上げた事もあり、人気があった曲だったと思います。実は私はこの曲は本家ストーンズよりも先に『タイガース・オン・ステージ』で聞きました!USA盤は『BETWEEN THE BUTTONS』のジャケットと同じデザインのピクチャースリーヴが付いていましたが、この日本盤はグループ・サウンズのようなアイドルっぽい写真が使われていて、当時の日本人が抱いていたストーンズに対してのイメージを窺える気がします。