ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤 WILD HORSES①プロモ盤 いろいろ!!

ローリング・ストーンズのUSA盤シングル「Wild Horses/Sway」です。1971年6月に発売され、規格番号はCOC-19101です。アルバム『STICKY FINGERS』からの第2段シングルで、「Sway」はアルバムとは別ミックス、「Wild Horses」はプロモでエディット・ヴァージョンが聞けるという貴重なシングルです。この2つのミックスはUSA盤でしか聞けません。この「Wild Herses」はラベルのヴァリエーションが多いので今回はプロモ盤を紹介します。プロモは片面にショート・ヴァージョンというクレジットで3分25秒のエディット・ヴァージョンが、片面にロング・ヴァージョンというクレジットでアルバムと同じ5分38秒のヴァージョンが収録されています。レコードはアトコ、アトランティックのカンパニースリーブに入っています。

f:id:jukeboy:20210207133234j:plain

ラベルです。最初は両面モノラルのショート・ヴァージョン、ロング・ヴァージョンが収録されているレコードからいきます。どれがオリジナルという事はなく順番は関係ありません。左側にShort Versionとあります。プレス工場コードはSPで、ペンシルベニア州のSpecialty recordsのことです。右側にRS-19100とタイム表記3:25があります。なお、プロモのリムは全て旧住所となっています。マトリクスは手書きでRS-22115-2  5-24-71/RS21846-2  5-24-71です。両面に71年5月24日の日付が入っています。 

f:id:jukeboy:20210207133729j:plain

こちらはLong Version側です。左側のベロマークの下にLong Versionとあります。右側のタイム表記は5:38です。

f:id:jukeboy:20210207134230j:plain

右側にPLUG SIDE、45-19101、面表記SIDE ONE、タイム表記、SHORT MONOとクレジットがまとまっています。規格番号が45-19101とRSではなく45から始まる珍しい番号です。プレス工場コードはPLで、テネシー州のPlastic Productsのことです。マトリクスは手書きでRS-22115-3/RS-21846-3です。

f:id:jukeboy:20210207134739j:plain

ロング・ヴァージョン側です。面表記はこちらもSIDE ONEとなっています。右側の一番下がLONG MONOとなっています。

f:id:jukeboy:20210207134857j:plain

文字の大きさが一番大きいプロモです。左側のベロマークの上にPROMOTIONALとあります。右側に上からNOT FOR SALE、PLUG SIDE、SIDE ONE、RS-19101、SHORT VERSION、タイム表記3:25です。プレス工場コードはMOで、カリフォルニア州のMonarch recordsのことです。マトリクスは手書きでRS-22115-5  △25158/RS-21846-5  △25157-Xです。

f:id:jukeboy:20210207135702j:plain

ロング・ヴァージョン側です。上のラベルが両面SIDE ONEだったのに対してこちらはロング・ヴァージョン側がSIDE TWOとなっています。右側の一番下にLONG VERSIONとタイム表記5:38があります。

f:id:jukeboy:20210207135903j:plain

「Wild Horses」では珍しく両面ステレオのプロモも作られました。エディットされている部分はモノラルと全く同じです。写真では白っぽくなってしまいましたが、ラベルの色は水色で左側にShort VersionとSTEREOがあります。右側に規格番号とタイム表記3:25があります。プレス工場コードはSPです。今のところステレオのプロモはこのSPしか確認していません。マトリクスは手書きでST-RS-22115-1  5-25-71/ST-RS-21846-1  5-20-71です。マトの冒頭はステレオを表すST-RSから始まっています。日付はショート・ヴァージョンは5月24日、ロング・ヴァージョンは5月20日となっています。SPのモノラルのプロモも5月24日だったので、ショート・ヴァージョンの方はモノラル、ステレオ共に同じ日にカッティングされたんですね!

f:id:jukeboy:20210207141027j:plain

ロング・ヴァージョン側です。左側にLong Version、STEREOがあります。右側のタイム表記が5:41となっており、モノラルより3秒長くなっていますが特に違いはありません。

f:id:jukeboy:20210207141054j:plain

モノラルはこのプロモの他ではレギュラー盤のシングルと『STICKY FINGERS』のUSA盤プロモのモノラル盤で聞けます。エディット・ヴァージョンの方はこのレコードでしか聞けない貴重なヴァージョンです。I watched you~から始まる2コーラス目が丸々カットされ、1コーラス目が終わると間奏になってしまいます。間奏の後3コーラス目は入っていますが、ここで終わってしまいその後の2番目の間奏がカットされています。ややこしいですが正確に書くと最初のサビ~treat you unkindまでカット、3番目のサビから2番目の間奏をカットといった方がバックの演奏から考えて正しいと思います。「Wild Horses」はストーンズのバラードの中でも好きな曲で、アコギの演奏が美しい名曲ですよね!次回はレギュラー盤を紹介します。