ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活!

ローリング・ストーンズのオリジナル盤、各国盤や珍しいレコードを紹介しています。

ローリング・ストーンズ USA盤 STICKY FINGERS③ モービル盤+ラジオ局用レコード!!

ローリング・ストーンズのUSA盤『STICKY FINGERS』の続編です。今回はモービル盤とラジオ局用のレコードを紹介します。最初はモービル盤です。正式にはMOBILE FIDELITY SOUND LABORATORIES INC.という会社から発売されたORIGINAL MASTER RECORDINGというシリーズとなります。このモービル・フィデリティ(以下MFSL)という会社はサンフランシスコにあり、ハーフ・スピード・マスタリングで高音質を得るというレコードやCDを制作しています。ストーンズ関連では『STICKY FINGERS』と『SOME GIRLS』がLPとカセットで、キースの『TALK IS CHEAP』がCDで発売されています。『STICKY FINGERS』は1980年に発売され、規格番号はMFSL 1-060です。ジャケットは上部に赤いラインがありORIGINAL MASTER RECORDINGの文字があります。ジッパーは印刷ではなくエンボス加工の印刷となっています。レコードは日本のビクターでプレスされています。

f:id:jukeboy:20210127140716j:plain

エンボス加工のジッパーの部分です。浮き出た部分に金箔のようなものが塗られています。

f:id:jukeboy:20210127140941j:plain

裏ジャケです。こちらにも上部に赤いラインにORIGINAL MASTER RECORDINGの文字があります。

f:id:jukeboy:20210127141034j:plain

左下にベロマークとモービル・フィデリティのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20210127141228j:plain

右下の部分です。日本のビクターでプレスされた事や、その他MSFLの住所、ライセンスなどのクレジットがあります。

f:id:jukeboy:20210127141402j:plain

インナーです。通常盤と同じデザインのインナーが付属しています。なお、シールドで確認しましたが、プレス時期によってはこのインナーが普通の白い袋に変わっており付属していないこともあるようです。中古でもインナーが欠落しているものがあるのもそのせいかも知れません。

f:id:jukeboy:20210127141905j:plain

インナーの反対側です。

f:id:jukeboy:20210127141927j:plain

インナーの左下にMFSLのロゴがあります。

f:id:jukeboy:20210127141959j:plain

右下にMFSL 1-060があります。

f:id:jukeboy:20210127142018j:plain

ラベルです。白いラベルですがプロモではなく、これがレギュラー盤となります。上部にORIGINAL MASTER RECORDINGとMFSLのクレジットがあります。左側に面表記Side 1と規格番号、マトがあります。右側に白黒のベロマークがあります。曲目は中央揃いで、タイトル、タイム、作者の順になっています。キースのクレジットはRichardです。一番下にPressed in Japanとあります。マトリクスは手書きでMSFL 1-1060-A1  H 172 D/MSFL 1-1060-B-6  H 161です。両面共H以降は機械打ちです。

f:id:jukeboy:20210127142126j:plain

B面のラベルです。

f:id:jukeboy:20210127142148j:plain

このMFSL盤にはテストプレスが存在します。テストプレスは白いジャケットに入っています。

f:id:jukeboy:20210127142704j:plain

右上にSAMPLE RECORD NOT FOR SALEと書かれたシールが貼ってあります。レコード番号MFSL 1-060が印のようなもので押されています。その後の手書きのA-7とB-7というのはマトリクスの枝番です。

f:id:jukeboy:20210127142727j:plain

ラベルです。MFSLのテストプレス用の白いラベルで規格番号やマトを書きこむようになっています。一番下にPRESSED IN JAPNの文字があります。リムに日本のビクターのクレジットがあります。マトリクスは手書きでMSFL 1-1060 A7  H 171/MFSL 1-1060 B7  H 171です。両面共H以降は機械打ちです。何故か枝番が両面7でレギュラー盤よりも進んでいます。

f:id:jukeboy:20210127142855j:plain

ここからはラジオ局用のレコードです。このAFRTSというレーベルはメリーランド州にある会社で、American Forces Radio and Television Serviceの略です。主に世界各国の米軍が駐留する場所に設けられたAFNで使われていたレコードです。ラジオの他、テレビ制作局(RTPO)、ペンタゴンチャンネルなどにも関連しているようです。ストーンズ関連ではこのレコードは今のところこれと『GOATS HEAD SOUP』を確認しました。専用のジャケットは元々無く、レコードは穴あきの白いジャケットに入っています。片面はストーンズではなくプロコム・ハルムの曲が収録されています。

f:id:jukeboy:20210127220005j:plain

ラベルです。上部にAFNを配信するafrtsの文字があります。リムにAmerican Forces Radio And Television Serviceの文字があります。左側にマトのP-12620が、右側にSTEREOと規格番号のRL-48-1があります。アルバムから「I Got The Blues」「Wild Horses」「Moonlight Mile」「Sway」の4曲が収録されています。タイム表記の後にイントロのタイムが書かれています。マトリクスは手書きでP-12620 ST RL 48-1  4-T-LW/P-12619 ST RL 48-1  4-T-LWです。マトP-12620~の方がストーンズ側です。

f:id:jukeboy:20210127220128j:plain

マトから判断してこちらがA面です。こちらはプロコム・ハルムの71年のアルバム『BROKEN BARRICADES』から4曲が収録されています。

f:id:jukeboy:20210127220211j:plain

何回かに分けてUSA盤『STICKY FINGERS』を取り上げましたが、いろいろな種類が出ているものですね!過去ログですがプロモ盤とレコード・クラブ盤と取り上げていますのでよかったらご覧になってください。今回の3回分と過去ログの2回分でUSA盤『STICKY FINGERS』が全てわかると思います。

Record Club Of America盤のスティッキーはこちらです。↓

ローリング・ストーンズ Record Club Of America①STICKY FINGERS!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (hatenablog.com)

 

モノラルとステレオのプロモ盤はこちらです。↓

ローリ ング・ストーンズ STICKY FINGERS USA盤プロモいろいろ!! - ローリング・ストーンズ アナログ盤蒐集生活! (hatenablog.com)